2013年09月19日

あっ!



 今夜は、中秋の名月ですね。



 昨晩もいい感じに見られたけれど、今日は帰り道をより楽しもう!



 多分、コウモリ何匹かと遭遇するだろうけど。



 あ、お月見団子を買おうかなぁ・・・。







 と、思っていたはずですが・・・すっかり忘れて(というか、仕事終わりの時間ではもう



和菓子屋さんは閉まっていた)、買えなかった・・・。


posted by かしこん at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

すずなり

 気がつけば、8月に突入。
 だが、しばらく前から暑かったので、気持ちの上ではもう8月になったような気がしていた(永遠に8月が続くのではないか、という不安がなきにしもあらず)。
 しばらく前から、例によって誰かがホースで水をまいている音で目が覚める。
 セミの鳴き声である。 ふと、思う。 このセミたちはどこから来たのか? 近くに森があるわけでもない、しっかり舗装された地域じゃないか。 土があるのって公園か街路樹的植え込みのところぐらいしかないし。
 そういえば今年、フェンスやコンクリートの壁にしがみついてるセミの抜け殻、見てないなぁ。
 そんなことを思いながら朝、仕事場に行こうといつもの道を早足で歩いていると、公園にいる少し背の高い木から何かが飛び立って、ちょっとしてUターンしてきた。
 セミだった。 羽の付け根部分もくっきりと濃い茶色で、成虫の風格。
 ということはこの木が巣みたいなもの? ここの下の結構固めの土から幼虫は這い出てくるわけ? といってもここのまわりはずっと植え込みだから葉っぱの影ではどうなっているかわからないなぁ、とかがんでみたら・・・。
 繁茂しすぎて、日がよく当たらない葉が枯れてきているのかと思った。

  鈴なりのセミの抜け殻.JPG 実際はそういうのもあるけれど・・・。

 茶色いのはセミの抜け殻だった!
 葉っぱに、あたかも鈴なりのようにしがみついたまま(いったいいくつあるのか、数えるのが怖いほどであった)。 なるほど、この数メートル幅の植え込みからこれだけ生まれれば、そういう部分は他にもちょこちょこあるし、100%成虫になれないとしても全部で結構な数になりますよね・・・。
 そりゃシャワーの音に聴こえるよ・・・。
 しかし、葉っぱにしがみついて羽化するなんて初めて見た。 でも、もともとはそうだったのかも。 この抜け殻は葉とともに落ちて、もしくはその前に誰かの栄養分になるんだろうか・・・。
 ボーっと考えて、「あ、写真撮らねば」とごそごそしていたせいで、電車が一本遅れた・・・(間に合ったからいいんです)。

 8月半ばぐらいだったか、神戸市役所のすぐ横を通ったときに何者かに狙撃され、それが東遊園地に生息しているクマゼミの体当たりであると気づいたときの衝撃もまた、大きかったですけどね(ビルが鏡面ガラス張りであるせいなのか、次々と体当たりをしてくるので自分に当たらなかったとしても周囲のガラス壁を揺るがす重低音にもビビります)。
 セミって、大変。

posted by かしこん at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

シャイな背中

 最近、街中で行きかうネコの写真を撮るのもすっかりご無沙汰でした。
 会っていないわけではないのだけれど・・・夜遅かったり、あとは暑さであたしがぼーっとしているので携帯電話を取り出す余裕と元気がなかったりするためである。
 なにしろボーっとしているためか、ネコからも相手にされないあたし。 先日など、ふとフェンスの上をマイペースで歩くネコに斜め上1mくらいの距離で気づき、「あっ」と声が出たらネコに「なんでこの距離で今更こっちに気づくかな!」みたいな迷惑顔をされ、しかもそのフェンスの上は太めのワイヤーをぐるぐる巻きにしたような歩行に適していないものだったので、そのネコもちょっとびっくりした拍子に足元が崩れ、「もう!」って感じでフェンスの向こう側に降りた。 ・・・なんかすみません。
 で、最近、陽光降り注ぐ公園で、穏やかに日向ぼっこの風情を漂わせているネコに会う。
 いや、暑くないんですか・・・と問いかけたくなるあたしに悠然とした態度で。
 そこではたと気づいて、「あ、写真だ!」
 しかしあたしが立ち止まってカバンから携帯を取り出している間に、そのネコはすっかり背中を向けてしまって。 すたすたと立ち去られるかと思ってしまった。

  シャイな猫2.JPG これでギリギリの距離。
    こうやってみるとほどよく日陰にいたのか・・・?

 ノラにしては毛ヅヤがよく、性格も穏やかそう。
 多分白いネコなんだろうけど妙に黄ばんでませんか?、みたいな気の荒いネコもこのあたりではよく見るのに、この違いは一体なんなんだろう。 半ノラなのか? 外歩きが自由の家ネコなのか? あまり群れでは見ないから、このあたりのネコさん分布がよくわからない・・・(でも月夜の会議にみんなで向かっているのかな、って思えた行動は見かけたことがある)。
 ノラネコ生態もいろいろ調べてみたいが、ネコのえさやりは基本禁止の地域なので早朝からの張り込みを長期間続けないといけない・・・あたしにそんな地道な努力ができたら、もっと大成しているはずだ。

posted by かしこん at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

ご近所桜のご様子



 また雨が降るらしい。



 やっとご近所の桜もほぼ満開状態なのに。



   携帯のカメラで撮っておりますので

      雰囲気だけ感じ取ってください。 あたしが見上げるとこういう感じに見えます。



 しかし、咲き始めのときに雨&そこそこ強風があったせいか、あれから数日たっている



のに足元には残念な結果が・・・。



   花が丸ごと、落ちている。



 花を支えている細い枝の部分が弱くなってしまっているのか、まだ散る段階ではない



だろ、というきれいな形の花まで落ちていたりする。 今日も明日も雨らしい・・・また、



落ちちゃうのかなぁ。



 ふと、歌が口をついて出る。



  ♪  かざはながひとひらふたひら きみのかみにまいおりて

     そしてあかいくちびるぞいに あきのおわりをしろくふちどる  ♪



 そこまで歌って、「はっ、これ、春の歌じゃないじゃん!」ということに気づく・・・。


posted by かしこん at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

雨と風と桜



 どうも「桜が咲いた」という実感が持ててない、と思っていたのは、自分の住んでいる



ところのいちばん近くにある桜の木がまだ花をつけていないからだった。



 だからたまに違う道を通ったりすると、「はっ、ここのはもうこんなに咲いてる! というか



もう散り始めている!」というギャップに動揺したり。



 しかも、仕事場で一緒に働いているある人物が6月から外国に留学することが最近



本決まりになり(本人的にはもう早めに決まっていたのかもしれないが公表されたのが



最近だった)、では送別会をしないといけませんねぇ、という話になったところ、ご本人から



「お花見でもいいですよ」と言われて・・・花が咲いてから言うな!、と思ってしまうのは



あたしだけでしょうか・・・参加者を募り日程調整をしていたら全部散ってしまうわ(それでも



ちょっと調整はして、無理だということが改めてわかった)。



 というわけでお花見は勘弁していただいて、GW前ぐらいに送別会をする予定を考えて



います。



 で、帰ってきたら・・・家のそばの桜が夜の闇の中で花をつけていたのでした。



 おお、なんで今年はまわりより遅かったんだろう?



 ともかく、やっと「桜が咲いた」の実感を持つことができました。



 しかし、その次の日である木曜日は朝から雨&風・・・夜、帰ってきたら花弁ごとむしり



取られるように地面に落ちていた。



 あぁ、はなびらがひとひらふたひら、はらはらと散っていく様が美しいのに・・・。



 こういうときは「雨風のバカ!」って思ってしまう・・・。


posted by かしこん at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

何故、この季節に?



 道を歩いていたら、路上駐車している車があった。



 ボンネットの上に何かある・・・と違和感を覚えたあたしは、近づいてみてびっくり!



   カブトムシ



 こんなに気温が下がってるのにおかしいだろ!、とよく見たら・・・つくりもの。



 こんな飾り、ありなのか?



 どうくっついてるのかよくわからないんだけど(人のだから勝手に触るわけにも



いかないし)、しかし同じ体勢で一年中こうしてるのも、雨風にさらされて大変だと



思うなぁ。



 と、カブトムシに同情して、無断撮影がばれないうちにそそくさとその場を離れた。


posted by かしこん at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

早朝のネコ その2



 ゴミ出しに早朝、出まして・・・ふとこの前のネコのことを思い出す。



 ちょっといるかどうか見に行ってみようかなぁ、と足を延ばしてみたならば、いました!



 多分同じネコだとは思うんだけど・・・実はちょっと自信がなかったり。



   しかし、ガンとしてこちらを見ないところは一緒。



 声をかけて注意をひくも、ちょうどこっちを見る一瞬を携帯のカメラではとらえられない



もどかしさ。 何回かそれを繰り返していたら、嫌がられたらしく、すたすたと歩き去る。



 あ、ごめーん、と言いつつ並走するあたしの、目の前のレンガ塀の上に不意に現れる。



   スタタタタ・・・なスピードで。



 全然あたしには興味のない風で、振り返りもせずに消えていった。



 よく見たら、なんとなく、ぎりで写真に収まってました。 朝からちょっとスリリング。


posted by かしこん at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

シャイなネコ



 またしても普段通らない道で、あまり見覚えのないネコと遭遇。



 でもそのルート方向には似た毛の色のネコが多いので、やはり縄張りってあるん



ですね〜、と妙に納得。



   シャイなのかあたしが嫌いなのか、絶対に

                顔をこっちに向けてくれない。



 子猫ではないけれど、まだ若者って感じ。



 しばし携帯電話を持ってこっちを向いているのを待っていましたが、ほんの一瞬の



出来事なのでシャッタースピードの遅い携帯カメラでは太刀打ちができず。



 リベンジを誓うのであった。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

早朝の散歩



 めずらしく・・・というか、諸事情があって早朝の散歩に出る。



 普段自分の通るルートではないが、ご近所にはミニサイズの公園がいくつか



あるので、そのはっきりした位置を確認してみる。 おぉ、こんなところにも!



 いくつかをうろうろして・・・ベンチがあるのでそこに座り、カバンから本などを



取り出して読む。 しばらくすると自転車めぐりのおじいさんが来て、どうやら



煙草休憩らしく、近くのベンチに座って話しかけられてみたり。



 「こんな朝から勉強してえらいねぇ」とお褒めいただくが・・・あたしが学生に



見えたのであろうか?



 しばし雑談後、煙草一本吸い終わったおじいさんは自転車で去り、あたしも



そこそこまで読み終わったので立ち上がる。 太陽の日が、そろそろ出てきそう。



   動きそうで、動かないシジミチョウ?



 あぁ、秋っぽいねぇ。



 それからのたのたと家に帰り、仕事に出かけ・・・夜のお風呂場で驚愕!



 右・左両方の足首周辺に集中して、10箇所近く蚊に刺されている!



 なんか痛がゆい感じがあると思ったのはこのせいか!



 速攻、試供品で前にもらっていた超強力殺菌石鹸(それこそ顔は洗わないで



ください、みたいな)で患部周辺を泡で丹念に洗う。 無意識にでもばりばり掻いて



しまったらかゆみが広がるからね! この殺菌洗浄のおかげで比較的かゆみが



おさまった(しかしこの数時間後、また洗うことになる・・・)。



 虫さされの薬をつければいいじゃないか、という話なんですが、家にある薬がもう



いつのものかわからなくて・・・ここ何年も刺されずに済んできたので、大変ショック。



まさか、ベンチの下に潜んでいたとは思いもよらず・・・しかも、あたしは靴下を履いて



いたのである。 その上から刺してくるとは・・・蚊にとっては最後の産卵前、それこそ



命がけなのですなぁ。



 油断したあたしが悪かった。 そういうことにしておこう。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

謎の生き物の正体



 三日前、帰り道の途中の街灯のまわりをひらひらしている生き物を見た。



 ボーっと歩いていたあたしは、「蛾かな?」とそのときはスルー。



 翌日もほぼ同じような場所で飛び回っている姿を見て・・・ちょっと違和感が。



 自分が歩いている歩道の街灯ではなく、二車線へだてた反対側の街灯なので



視力のイマイチなあたしにははっきりと見えないのだが・・・蛾にしては、明らかに



羽が大きすぎるのである(それでも巨大蛾には多少免疫のある地方出身者なので



初日に違和感がなかったのであろう)。



 サイズとしては、鳥っぽい。 しかし鳥が23時頃街灯のまわりを飛ぶか?



 ・・・もしかして、コウモリ?



 というわけで今日ははじめから見つけるつもりでそのあたりを歩いた。 ――いた。



 車線を隔てているので、そして夜でもそれなりに車は通るので、羽音というか音は



聞きとれなかったのだが、鳥っぽいが鳥とは違う翼の動き、シルエットのバランス、



自分から見える大きさを考慮すると、やはりどうもコウモリのような気がする。



 気づいた三日前より前からいたのだろうか? それともたまたま最近、そのへんに



迷い込んでしまったのか? それとも神戸の街中には、意外に身近なところにそんな



野生動物が生息している、ということなのであろうか。



 地元にいたときでもコウモリなんて見たことなかったのに(そのかわり、冬には



家の裏の川にハクチョウの小さな群れが来ることはあったけど。 日常的にウミネコが



飛んでたけど)。



 神戸は港町だけど、家の近くにまでカモメは飛んでこないんだなぁ、といろいろな



意味で「日本って地域差があるな」と実感した日々。


posted by かしこん at 04:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする