2017年07月19日

梅雨明けとか?!

 昨日は15時半頃、ゲリラ豪雨的土砂降り。 仕事場にいたからあたし本人は実害を受けてはいないのだけど。
 その前から少し降っていて、通路にほこりくさいにおいと湿気が充満していて、「どうせ降るならもっと降りやがれ」と思っていたら予想以上にすごく降ったので驚いた。 でもこれくらい降ってくれると、いろんなものを洗い流してくれる感じがする。
 家の周囲でもそうだけど、しばらく雨が降ってないところにちょっと降ると、空気がとてもほこりくさくなる。 土埃的な匂いではあれど・・・それだけ空気中にいろんな粒子が舞っているんだなと思うとげんなりするから(北東北では感じたことのないにおいだ)。
 が、今朝、仕事場に向かう途中で前を歩いていたサラリーマン二人組が「梅雨、明けたんちゃうか。 昨日と空気が全然違うやろ」とにぎやかに話していた。
 雨雲レーダー見たのか〜、とあたしは心の中でいらっとする。 梅雨は明けたのかも知らんが(その段階であたしは知らなかった)、ピンポイントで豪雨を降らせる雨雲がまだそこここにいて、不安定な気圧のせいで「西から東へ移動する」という通常のルートではない動きをしているのだぞ。 ゲリラ豪雨にあっても知らんぞ!
 実際、今日も15時前後で空気がもやもやっとしはじめた。 つい仕事場でも雨雲レーダー見ちゃうんだけど、なかなか不思議な動きをしている。 こっちまで降る感じではないけど、湿気だけは伝わってくるって・・・なんかいやだわ。
 神戸方面は大丈夫そうなので、もう早く帰ろうと思ったけれど・・・そういうときに限って仕事が終わらない。
 でも梅雨が明けたらぐぐっと暑くなるんだよな〜。
 もう、エアコンなしの生活はできない。

ラベル:季節もの
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

巣立ちの時期

 朝、駅のホームをスズメがちょこまかと歩きまわり、ホームのいろんなところをつんつんしていた。
 いや、そんなところにはエサっぽいものはないと思うよ・・・(係員の方、掃除してるし)。
 しかしあたしのそばを通過していったそのスズメは意に介することなくちょこまか動き続ける。 「あれ、スズメってこんなに小さかったか?」、とそうなってからあたしはようやく気付く(いや、意外と野生のスズメってこちらの思い込みよりは小さいものなのですが)。

  朝の小雀.JPG 巣立ったばかりか、一人歩きはじめの子供。 点字ブロックの上にいます。
 向かい側のホームの屋根と柱の隙間に、巣のようなものがある。 そこから来たのかな? 確かにここならば電車にさえ気をつければ、そんなに天敵はいないだろうし(だから人間のすぐそばも気にせずうろうろできちゃうんだろう)。

 そういえば、家の近所の道で夜に遭遇するネコたちも、やたらちいさいのが多い。
 何故か一人歩きと、三人揃ってのパターンが多い(三人の場合、うち二人が同じ柄、一人だけ全然違う柄の組み合わせばかり。 きょうだいなのか、親の姿がわかる感じ)。 夜にうろうろするあたり、ひとり立ちの練習なんだろうな、とは思うものの、さすがに生後半年未満では?、の一人歩きは心配になるので、「早く家に帰るか、人に見つからないところを歩きなさい」と真剣に忠告してしまった。 車も通ったりするからさ。 通じたのかどうかわからんが、人目のつかないところに向かっていってくれました。
 それとも、そういういとけない姿を見せて拾ってもらおうという作戦だったとか?!
 ひとり立ちは、いろいろ大変です。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

地方も開発されている

 実家の妹から、写メが届く。
 「家にコウモリが入り込んできちゃってさー、捕獲」
 えっ、あたしが住んでいた頃は家の近くでコウモリなんて見たことなかったけど?!
 海辺の岩陰の隙間とか、山の洞窟みたいなところに行けばいっぱいいるけど(まぁ、そういうところまで車ですぐ行ける環境なわけですが―さすがに山は少し歩きますよ)。
 普通に飛んでるコウモリ見たの、あたしなんか神戸に来てからだもんね。
 うーん、時代は変わった。

  実家のコウモリ.JPG 妹からの写真。
 トリミングしたので比較対象がないですが、そんなにおっきくないです。 12cmくらい?
 勿論、家の外に出してから解放したそうですが・・・「今年、2度目」だそうな。
 コウモリそのものは有毒ではないけれど、野生のやつはカラダにダニがついていたりフンにいろんなものが入っていそうだからな・・・。
 こっちでは自然と人間の住処が混在しちゃってて、ある意味人間の環境(都市)が動物たちにとっての生息域になっている(最寄駅では「ツバメの巣がございます」って貼り紙してあるもんね)。 アーケードの下に巣づくりも普通のこと。 でも地方では結構手つかずの自然というか、ほったらかしの場所が多くて(それは言いかえればお金がないからということなのだが)、それなりに棲み分けができていると思っていたのにな。
 でも、田舎ももうそんなことは言っていられなくなってきたらしい。 ミニ都市と完全なる過疎に二極化されてきているようだ。
 華やかな都会にずっと暮らしている人たちには、地方のそんな痛みなど想像もつかないだろうな(想像できたら「道州制」なんて発想が出てくるわけがない、格差がますます広がるだけではないか。 まぁ、だから一時期に比べてその話題、出てこなくなったのかな)。
 と、妹からの写メに、地方の未来を考えて落ち込んでみた。
 しかしあたしは都市生活を楽しんでいるわけだから、まったく皮肉な話なんだけど。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

あぁ、夏だなぁ・・・。

 GWもあっという間に終わってしまい・・・また仕事の日々が始まる。
 (すっかり休み過ぎたので・・・映画の記事が少々たまっております。 折りを見てまた過去日付にアップします)
 駅までの道すがら、つつじは無残な状態になっており、数種類の蝶がひらひらと舞っている。 特に、瑠璃色のアゲハっぽい蝶を見るとワクワクする(北東北ではほとんど見られないので)。
 あぁ、季節が進むのが早いよ!
 そして久し振りに乗る通勤電車、乗っている人たちもすっかり<夏の装い>。
 そういう自分もだいぶ前から日焼け止めを塗っているけれど・・・そして今日からインド綿の服を解禁しちゃったけど。
 もう、手の甲が日に焼けて赤くはれ上がってしまった。 腕カバーをしないとダメだな(あたしは肌タイプT、黒く日焼けしないでやけどのように赤くはれてしまうやつなので)。
 あぁ、あたしの苦手な季節、到来。
 やっぱり秋〜冬〜春のはじめが短すぎる!
 もう、あたしには、夏だ。

ラベル:季節もの
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

桜、咲いちゃってた!

 2日ほど、道路工事等で通らなかった最寄駅までの道の一角。
 今日通ったら、桜がもうほぼ満開じゃないか!

  170406桜.JPG よくわからないのは、空が曇っていたからです。

 あぁ、もうそんな時期なのか・・・。
 気温も急激に上がってきているし、夏物の服を出さないといけないなぁ(20℃近くなってきたらあたしの基準ではもう<初夏>である)。
 ここでは冬も短いが(秋の終わりがずっと続いている感じ)、春も短い・・・。
 もうあたしには、夏の気配。

ラベル:季節もの
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

否応なしに、春。

 なんか今日暑かった!
 気づけば3月29日、もう4月まであと3日。
 春じゃん!
 街路樹の足元にぼんやり広がっていたはずの草も、やけに生き生きと繁っており、タンポポなど全開!
 ・・・明日、気温下がって雨が降ると言っていた気がするんだけれども、そんなに元気よく咲きまくって大丈夫ですか?、とちょっと心配になる。
 が、もっと元気なのは街路樹のコブシである。

  こぶしの花.JPG これを撮影したのは先週なのですが。
 今ではもはや散る勢いですか?、ぐらいに花びらが開きまくっている。
 紫色の花の方も、つぼみがぐんぐん大きくなってきている。
 そりゃ、桜も咲くよね、と納得はするものの・・・あたしの体内季節感は、本来まだ春ではないので、この一ヶ月ぐらいの誤差をなんとかしなければ。
 そしてなにが困るって、着る服に困るのよね・・・。

ラベル:季節もの
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

降るような、落ち葉

 桜が散っていくのもいいが、落ち葉がからからと風に揺れる様もいいな、と改めて気づく今日此頃。

  2016年11月道端のイチョウ.JPG 前日はもっとすごかったのに、掃除されてしまった・・・。
     がさがさと、降り積もった落ち葉に足を踏み入れる感じも悪くなかったのに (ただし、葉っぱは乾いているものに限る)。

 特にイチョウの葉っぱがくるくると落ちてくる感じは、まるで自由落下する竹とんぼのよう。
 駆け足で秋が過ぎていく。

ラベル:季節もの
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

スーパームーン!

 ・・・でも、帰り道、結構な雨で全然見えなかった(涙)。
 昼間は天気がよかったのになぁ。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

やっと、秋、ですか?

 ここ数日、やっと最低気温が20℃を切りまして。
 「あぁ、涼しい!」とあたしも思えるようになってきました。
 そのせいか、これまでの夏の疲れが一気に出ているせいか、連休だからか、寝付きの悪いあたしですが、昨日今日と「でも寝たらなかなか起きられない」という状況になっており・・・明日、朝ちゃんと起きて仕事に間に合うのか、非常に不安になっております。
 やっぱりエアコンより自然の風のほうが気持ちいい。
 寒さには対応できるけど、暑さにはほんとどうしようもないなぁ、ということを実感。
 しかし年々秋が短くなっているような気がして・・・冬の初めが長々と続き、真冬感はちょっぴり、春を感じたかと思えばあっという間に夏!、みたいな。 実際、一年の半分近くは夏のような気がしてならない・・・。
 でも今シーズンの冬は(予報によると)寒いらしいじゃないか!
 なんかつい、期待してしまう。

posted by かしこん at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

台風18号に振り回されて

 毎日のように台風情報が変わる。
 近畿再接近は4日昼頃と言っていたのが5日になり、進路も予測から結構ずれる。速度も自転車並みになってみたり、しかし規模は「かなり大型」だというし。
 電車は動くのか?! 朝は普通でも、帰りは大丈夫なのか?!
 北東北に住んでいるときにはまったくそんな心配をしたことがなかったですが(台風が勢力そのままに直撃するなんて20年に一度ぐらいだし)、こっちに住むようになってから台風は日常生活に結構影響を与えることを知ったのでした。
 いや、それでもこれまではいざとなったら歩いて帰れるところで働いていたから、なにかあったときでも帰宅困難者になることはないと思っていたのだが・・・今のままでは確実に帰宅困難者の道まっしぐらである。 仕事場で個人用防災グッズを支給されているけれど(そこはさすが神戸からの流れです)、台風で家に帰れないなんていやだ!
 結局、台風18号は直撃ルートを通らなかったので今回は大した影響を受けなかったのですが・・・人身事故で電車止まったよ。 帰りは大混雑だったよ。
 結局、やっかいなのは天災よりも人災、ということでしょうか。

ラベル:季節もの
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする