2014年07月04日

ソーラーウォッチ@Movement In Motion



 今の仕事場では、指導係の人の服装に関するチェックが厳しい、というのは以前書いた。



カバンは個人のロッカー室にしまうので目に触れることはないが・・・。



 で、あたしは腕時計を結構な数所持しているのだが、シンプルシックなデザインから



デザイナーズ系の珍妙なものまで範囲が広い。 で、現在の状況から鑑みるに、シンプル



シック方向の腕時計が仕事場では好ましいわけなんだが・・・そういう腕時計には概して



日付表記がない(へたすりゃ秒針すらない)。 仕事、それがデスクワークであれば特に、



時計に日付がついているのはすごく便利。 が、所持品で日付がわかるものはCASIO



筆頭のデジタル時計だが・・・どうもそういう雰囲気ではないのよ。 日付のついている



アナログ時計は一個あるんだけど、結構ごっついクロノグラフだし。



 そんなときに、セールで出会ってしまいました。



   ソーラーウォッチ、ムーブメントは日本製。



 秒針がコバルトブルー、というのがまず目に入り。 文字盤も少し紫がかったネイビー



ブルー。 このビビットな色の対比が夏っぽくて鮮やか。 実に半額というお値段も



うれしいじゃありませんか。 長針と短針も角度によって色が変わったりする面白さあり。



 実は少しくすんだブルーにグレーの秒針、という色違いもあって、両方をよく見比べて



決めたんだけど・・・確かに後者の方が通年使えるという便利さはあるのですが、



そういう合理性を優先していたらあたしは今これほどの腕時計を持っているはずがない



のである。 第一印象通りに、コバルトブルーの秒針のほうを購入。



 ボーイズサイズではあるんだけど・・・それくらいはあたしの好みを通させてもらう



(レディースサイズのダイヤルでは、日付も見にくいんじゃ!)。



 あぁ、まだお給料もらえていないのに・・・。



 靴買ったり服買ったり、お金が出ていくばかりですわ。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

就寝前のKindle



 先日より、<寝る前に本を読む際、Kindleを使ってみるのはどうだろう>を試して



おりましたところ・・・なかなかいい!、ことが発覚。



 普通の本を読むときはどうしても電気スタンドのような光源が必要だけれど、



これからの季節(というか、すでに今)、そこから熱が。 しかしKindleであれば



これ自体が光を発するので(しかも光量も選べるので、周囲が暗ければランクを



落とせばいいし、携帯電話画面のように眩しさに目を射られることもない)、



暑くないし省エネ。



 読み終わるときはスイッチを軽く触ればいいし、もし読みながら記憶をなくして



寝てしまったとしても、一定時間がたてばスリープ画面になるし。



 勿論、旅行の際の移動時には便利だということはわかっていたが、ホテルの夜にも



活用できることが実感(枕が変わると眠れない体質なので・・・旅行先のホテルで



眠れたことがほとんどない。 だがらよく行くところはいつも同じホテルをとるようにしてて、



5回くらい泊まればちょっと慣れてくる)。 ま、最近は旅行の余裕などあまりないですが。



 よかった、これでKindleを日々活用できるぞ!


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

Kindle、使いづらいよ・・・(ヴァージョンアップで)



 いつの間にやら、AmazonのKindleのシステムがヴァージョンアップされてまして。



 いくつか使いやすい機能が追加された(というか、前のヴァージョンでできたことがニュー



モデルになってできなくなった、という苦情に対する解決策を含む、的な)ようですが、あまり



“便利な機能”を使わないあたしにとっては特別なにもないなぁ、と思っていたのですが。



 普通にページをめくっているつもりが、フォントのサイズを変えるツールバー的なものが



やたら出現するように!



 なんだかすごくうざいんですけど!



 どうやら、ページをめくるときに滑らす手の角度が問題であるような・・・。



 あぁ、前はこんなこと気にしなくてすんだのに!





 そうかと思えば世の中では、ヤマダ電機が提供していた電子書籍を閉めるという話。



しかもサービス停止日が来たら購入した本はもう読めず、ポイントなどでも返金する



つもりもないとか。



 確かに約款には「都合によりサービスを停止することがあります」的な文言は入っている



けれども・・・ダメになる場合は別サービスへ移行あるいは全額返金(現金でなくせめて



ポイントでも)するのが一般的な経済ルールのような気が。 客の信頼を取り戻す気に



なれないほど商売にならなかったのでしょうか(だったら何故手を出したのか)。



 こういうことがあるから、電子書籍が広まらない(もしくは大手を使う)のですよねぇ。



 そういう自分も電子書籍の取り扱い販売数・種類を考えてKindleにしたわけで。 ほぼ



セールでしか買っていないので、感覚的にはレンタル代だと思えばダメになったときも



納得がいく感じ。 「自炊最強」という人もいるけれど、あたしがスキャナ持ってないという



ことは抜きにしても、本を裁断するのはあたしにはかなり勇気のいることだ(装丁が好きで



買った本もありますしね)。



 なのであたしは、紙の本優勢でありつつ、電子書籍も共存のパターンで今後もやって



いく所存であります。


posted by かしこん at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

増税前に・・・

 明日から消費税が8%になるということで・・・世の中は『いいとも』が最終回のほうに盛り上がっているようにも思えるのですが(でもほとんどリアルタイムにテレビを見ないので関係ないというか、録画するほどの意識もないというか)。
 とはいえあたしの中では映画が¥1100(レイトショーは¥1300)になることのほうがショックが大きいのですが、そして5%から8%だから実質3%分増えることにしかならないわけだし・・・と、特に買いだめをしようという気が起こらない。
 というわけで、買ったものは。

    DVD−R(CPRM対応)50枚入りスピンドルケース
    バブ ナイトアロマ & バブ ローズガーデン(各12個入り)
    神戸市 燃えるゴミ袋 & かん・びん・ペットボトルゴミ袋

 以上。 単に足りなくなってきて使うものだった・・・。
 バブに関してはドイツの入浴剤クナイプのどれを買うか決めかねていたところに、2箱で¥700という価格が飛び込んできたからだった(あたしがだいたい行くところは通常一箱¥398)。 そろそろ入浴剤も残り少なくなってきていたし。
 結局、駆け込み需要とは縁のないあたしなのだった。

posted by かしこん at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

Limoヴィトロ新作@ATAO

 さて、先日の「散財した」物ですが・・・。
 なにやってんだよ、と自分ツッコミをいくらしても足りないくらいなのですが・・・。
 あぁ、またやってしまいましたよ・・・。
 昨年8月に購入したATAOのLimoヴィトロ(長財布・牛革ステンドグラス仕様)のに、色違い(?)が出たのです・・・。

  2014リモシャルトルブルー.JPG しかも、あたしの好きな青緑系。
 これまた前回以上に個体差が激しくて、SOLにある神戸本店と大丸神戸店の2軒をはしごして、在庫8点全部チェック。 光の加減によっても見え方が違うし、今回のは型押しのあとが深くて、ステンドグラスというよりは水彩絵の具のパレットのような印象を受けたあたし。 なので、ブロックごとに色がはっきり・くっきりしている物を選びました(ものによっては隣の色が侵食しあっていたり、ブロック内に白い絵の具を落とした、みたいになっているものもあり)。

  2013夏リモ新作1.JPG ちなみに去年8月に買ったのがこれ。
 表面がぷくぷくしているのがおわかりいただけるでしょうか。 これを使っていたため、「なんかへっこんでる」感を強く覚えてしまい・・・パレットを連想することになるわけです。

 このピンクっぽい色の半分ぐらいが青だったらよかった気もするが・・・(それでも青が多い方を選んだつもり)。 でも早速おろして使い始めたので、愛着が生まれることでしょう。実際使っていると、青いな、と思うし。
 一般的に、春に買う財布は<春財布 → 張る財布>ということで縁起がいいと言われているようですが、あたしの場合はお金ではなくレシートやポイントカードで膨らむ財布なんじゃないか、という気が(一応、毎日レシートは財布から取り除いてますけど)。
 あぁ、もっと本を読みたいから仕事を減らしたいよぉ、とか、引退準備に入ろうかなぁ(20年もかけて準備するのか?!)と思ったりしていたあたしですが、まだまだ甘かったです。 は、働かねば・・・。
 ちなみに購入したのは数日前ですが、今でもお店に在庫があるかはわかりません・・・。

ラベル:お財布
posted by かしこん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

クナイプバスソルト トライアルセットまとめ

 先日購入したクナイプのバスソルト・トライアルセットに入っていた9種類を、全部半身浴で使ってみました。 毎日連続で湯船につかることはできていなかったけれど、徐々に汗が出始めるまでの時間が短くなっていくのはわかり、「あぁ、効果が出てるかも」と実感。

  クナイプトライアル.jpg 某ドラッグストアで¥1,156−、お安かった。
 一袋ずつバラで買うと¥158−とかなのだが。
 <ユーカリの香り>は既に紹介済みなので、それ以外の8種類について感想を、使った順番に。

<ヘイフラワーの香り>:お湯に溶かしてみたら、色は懐かしのバスクリンのような蛍光緑っぽく広がって、最終的にはくすんだ薄黄緑に。 ヘイフラワーとは“草地の花々”という意味で、干し草を細かく刻んだものらしく、確かにバスソルトの他になんだか干し草らしきものが入っています(それらの植物のエッセンシャルオイル入り)。
 香りも確かに野草のような、いい意味でのワイルドさがありました。 でもいろいろ混じっているので、バランスのいい感じに。

<グーテエアホールング ウィンターグリーン&ワコルダーの香り>:封を切った瞬間、シップの香りが! ハーブというか、煮出した薬草茶のような感じがする匂い。 香りとしてはいちばんきついかもしれない(好みの問題なのであれですが、お風呂から出てからもシップのにおいが)。
 パッケージをよく読めば、効能として肩のこり・腰痛・疲労回復・神経痛・リウマチ・冷え症・うちみ・くじき・しっしん・しもやけに、と書いてある。 効能が書かれていないものもあるので、書いてあるということはそれなりの効果が証明されているということか?
 ちなみにバスソルトの色はサンゴのような赤でした(どこがウィンターグリーン?、と一瞬絶句)。

<グーテナハト ホップ&バレリアンの香り>:まるでラピスラズリのような結晶、お湯に溶ければサファイアのような色になんだか癒される。 これも泡立ちが多くて、お湯にトロリ感強し。 ホップとバレリアンの香り、というのがどういうのかよくわからないのだけれど個人的にいやな感じはなかった。 とにかくこのお湯の色がいいよぉ、と盛り上がる。 これで夜寝やすくなるというのなら、期待したくなるけれど。

<ローズマリーの香り>:ローズマリーの香りがまるで野草のような力強さで、しかも一種類なので自己主張が強すぎる感は否めない。 バスソルト自体は濃いピンク色だが、お湯に溶かすとほぼ無色。 これにも効能ありで、疲労回復・肩のこり・腰痛・冷え症・神経痛・リウマチ・荒れ性・しっしん・しもやけに、だそうです。

<ラベンダーの香り>:全体的に青を主張するパッケージの雰囲気を堂々と裏切る、蛍光イエローのバスソルトに唖然。 香りもなかなか強めのラベンダーで、「あぁ、外国製」ということをしみじみ理解する。 ラベンダーはリラックスさせてくれる香りというが・・・あまり強い香りはちょっと苦手です。

<オレンジ・リンデンバウム(菩提樹)の香り>:ブラッドオレンジか!、みたいな色のバスソルト。 香りはオレンジというよりリンデンバウムのほうが強いかなぁ。 なんとなくオレンジが混じった木のにおいという感じ。 保湿性と発汗性に優れているそうです。
 だから余計に汗をかいたのかなぁ。 まぁ後半なのでだいぶ慣れてきたのもありますが。

<カミーレ(カミツレ)の香り>:なんか、干したたんぽぽ?みたいな色でこれまででいちばんナチュラルかも、香りも同様。 お湯に溶かすと少し濁り湯っぽい雰囲気になるのはヘイフラワーに近い(ヘイフラワーの中にもカミーレは含まれている模様)。
 これにも効能が書いてあり、疲労回復・肩のこり・腰痛・冷え症・神経痛・リウマチ・荒れ性・しっしん・しもやけに、とのこと。 カミーレは数千年以上前からヨーロッパでは薬草として用いられていたそうで、最も歴史のある民間薬だとか。 とりあえず、お風呂から上がったあとの肌のつるつる感はこれがいちばんです。

<グーテバランス ワイルドローズの香り>:薔薇の香りは結構好きですが、いかにも安い香料みたいなのは苦手。 いいバラの香りは高いよね! これはいい香水的なバラの香りではなかったけれど、ナチュラルでいやみのない香りというか、薔薇のわりにむしろ地味では?、というくらいソフト。 しかしその分、バスソルトの色はクリムゾンレッドに近くてうれしい。 これも肌がしっとり(日々の積み重ねのおかげかもしれない)。

 結局のところ、「継続は力なり」ということなのでは・・・。
 半身浴は定期的に続けることが大事というか、普段からシャワーですませずにお風呂につかることがやっぱり大切というか、そういうことをおろそかにしているから低体温なのよね、と、しみじみしたりして。
 あー、次はレギュラーサイズでどれを買おう。 グーテナハトかなぁ。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

ようやく半身浴



 昨日のつづき。 ようやく半身浴をする決意をしたあたし。



 クナイプのバスソルトのパッケージをひとつひとつ見ていけば、あるものに<ノドやハナを



さわやかにするには>と書いていることに気づく。



 あ、これでいいじゃん、と“ユーカリ”をお湯をはった浴槽にぶち込む。



   エメラルドグリーンとアロエ本体が混ざったような色。



 バスソルトの本体はだいたい無機塩類の結晶なので、お湯に溶かそうとかき混ぜていると



少し泡がたつのですが(お湯をはっている途中から混ぜておけば、ゆっくり溶けていく時間が



あるので泡立ちは少ない)、クナイプはなかなか泡が多くて驚く。 一瞬、浴槽洗いが足りて



なかったかと不安になってしまった。



 香油というか精油成分があたしがこれまで使ったことのあるバスソルトよりも多いのか、



泡のきめが細かく、お湯も全体としてとろんとした手触り。 封を切った瞬間にはミントっぽい



ハーブ的な香りがツンとしたけれど、お湯に入れてしまったらあまり香りは強くない。



 なるほどねー、とお風呂につかったあたしですが、例によって本を持ちこんだので気づけば



お湯が冷める・・・またお湯を追加して、一時間弱。 これを毎日続ければ体温が普通に



なりそうな感じはします。



 でもお風呂上がりの肌のつるつる感というか、これまではボディローションを塗らないと



乾燥で肌がかゆくなって、思わずかきむしって血を見るのが(そうなると治るまで大変)、



今日はローション塗らなくても大丈夫!



 ずっとシャワーですませていた自分を反省。 自分好みのクナイプを見つけます!


posted by かしこん at 06:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

マイクロファイバー毛布とバスソルト



 土曜日も仕事であったし、建国記念日も仕事になってしまったあたし。 この日曜日は



ひたすら眠ることにした。 実はまだ布団を出していないあたし。 今シーズン導入した



“マイクロファイバー毛布”というのがえらくあったかく、手触りもなんだかとろとろな感じで、



これまでは長らく タオルケット ← 毛布 の順番で身体にかけていたのだがそれでは



マイクロファイバー毛布のあたたかさが無駄になる!、ということで



   マイクロファイバー毛布 ← タオルケット ← これまでの毛布



 という順番にしたらこれで十分あったかいんですよね〜。



 布団をかけると慣れないうちは重くてつらいし。 一年のうちでいちばん寒い時期であろう



いまをクリアできるということは、もうかけ布団はいらないということでは?



 ま、もし、地球の寒冷化が進んでいるとすれば、神戸とはいえ次の冬はもっと寒くなるかも



しれないので捨てたりはしませんけど。 マイクロファイバー毛布をもう一枚買っておこうか、



と思ったり。



 そんなわけでダラダラ寝て起きたあたしですが・・・のどが乾燥してるかも、と水分をとって



から、どうもくしゃみと鼻水が止まらなくなった。 え、風邪ですか?、と熱を測ればいつもの



低体温。 しかも鼻水は透明で、変な色がついていないのでウィルスや細菌性ではない。



 ・・・まさか、もう花粉症か?!



 もしくはハウスダストを疑うべきかなぁ。 でもこの前、枕カバーや新しい毛布など一式



洗濯したばかりなんだけど。 ということは気温差・・・寝ているときはあたたかいつもりでも、



実はそうではないのか? それとも起きてからの部屋が寒いのか?



 そういえばえむさんから、「クナイプがすごくいいよ!」とすすめられていたのだった。



   ドイツのバスソルト 一瓶(?)がとってもでっかいので、

     まずは自分の好みを探した方がいいよ、ということで9種類入りのトライアルセットを

     買ってみた。



 クナイプといえば<グーテナハト>(good nightの意、多分睡眠を促すような香り配合)が



有名であるが、使ったことはなかった。 最近は時間があまりとれないので半身浴をして



いないせいもある。 だから疲れがとれないのかな?



 しかし9種類もあっては、どれから使えばいいのか・・・悩む。



 オレンジ・リンデンバウムなんて絶対好きだわ〜。 えむさんはカミーレ(カミツレ)が



イチオシだと言っていたし。 ウィンターグリーン&ワコルダーなんて香りがどうなのか



想像もつかないので逆に気になるし。



 と、悩んでいるうちに時間が過ぎてしまった・・・。



 お風呂を洗って、「明日、入ろう!」と決意。



 東京都知事選の選挙速報番組をテレ東がまたも池上さん司会でやるということで楽しみに



していたんだけど、関西ではさすがに関係ないのでゴールデンタイムの放送はなく、でも



深夜のまとめ生放送番組はネットしてくれていたのでそれをチェック。



 「池上さんが細川さんに出馬を勧めた」とされる一部報道についても明快に語っており



(そして“裏を取らないマスコミ”に対しても痛烈な批判を浴びせ)、納得でした。 自分が



ジャーナリストだと思っている人なら、誰かに「立候補したらいいんじゃないですか」とは



言わないでしょう(それこそ「出馬するという噂が出ていますが、真偽のほどはいかがですか」



と聞くのが普通)。 だから政界のことにいくらでも口を出すナベツネと呼ばれている方は



自分の肩書に新聞社の名前を出すべきではないと思うんだけど。 それとも新聞社には



言論の自由があるのだから自分の主義主張を振り回しても構わないのかな。



 舛添さんも池上さんとの問答から逃げ回っているような印象を与え(事実そうなんでしょう



けど)、マイナスだなぁ。 大雪で投票率が上がらなかった、ということもあるようだけど、



画面下に流れていた誰かのツイッターの呟き、「このメンバーだったら、猪瀬さんに続けて



もらった方がよかった」が、もしかしたら多くの東京都民の気持ちだったのでは・・・と感じて



しまった。 なんだかいろいろ、かなしい。


posted by かしこん at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

kindle、謎のスリープ画面に動揺

 さて、kindleが到着して一日、やっと操作に慣れてきました(というか、感覚がつかめてきたというか)。
 とりあえず最初は充電から始めたわけなんですが、いつが充電終了なのかわからない。
 HPで「PCからUSBケーブル経由で約4時間」と書いてあるのを見つけたのでとりあえず4時間強放置。 まぁ、その間に初期設定を済ませたわけなんですが、その後、しばらく放っておいたら謎の画面になっていた。

  CA3A1691.JPG パネルいくら叩いても、反応なし。
 これってスクリーンセーバー的なもの? でもパソコンなら画面に多少動きがあるので、その感覚でいるとどうも違和感(マウス動かしたりすれば反応するし)。 これはもう電源ボタンを押すしかないのであろうか。
 どのくらいの感じで押せばいいのかよくわからなかったので、つい長押し。 そうしたら画面は動きだし、何故か再起動モード。 何度かやっているうちに、電源ボタンを軽くタッチするだけで“起動”⇔“スリープ”に切り替わることが判明。
 そして謎のスリープ画面は毎回変わります。
 で、ダウンロードした本の一覧から選んだ本の表紙をタッチすれば、開くのはわかる。
 CMで見たからページのめくり方もわかる。 はて、この本を閉じるにはどうしたら?
 試行錯誤の末、左上角をタッチすると上部にツールバーが出てきて、それでホーム画面に戻ったり辞書機能使ったりアンダーライン引いたりできることがわかる。
 「説明書を読め!」ってことなんでしょうけど、そうではないことについては詳しく書いているけど、普通に最初にする動作についての説明が薄い・・・あたしが「説明書は読まない、困ったときに開く」というタイプだから読み方がいまいちわかっていない部分あり。 実際に操作して使い方を覚えていくというのは、かつてのカシオ製品全般にあった「どのようにボタンを押しても壊れることはないので、存分にいじって機能を満喫してください」という精神に昔から慣れているためであろう。 今はそんな時代ではないというのに。

  CA3A1692.JPG カバーだけはとっくの昔に到着済み。
 アマゾン純正のKindleカバーは本革でよさげなんだけどお高いし、一度はめたらすごく外しにくいとユーザーレビューにあったので、Kindle専用という別メーカーの商品を選択。
 カバンの中でも目立つように、明るい色を選びました。 ビタミンカラー!

ラベル:雑貨
posted by かしこん at 06:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

Kindle、来た!

 ついにKindle Paperwhiteがやってきました。
 ただいま、充電中です。
 びっくりしたのは、なんとうちの旧式無線LANをWi−Fiとして認識してネット回線が利用できたこと!
 パソコンを繋いだときには、CD−Rを読みこませないと「ユーザー認証されていないのでこの回線は使えません」と言われたのに・・・謎だ。
 ともかく、ばかばか買っていた電子書籍をすんなりダウンロードできました。
 しかし、まだいまいち使い方がわからない・・・特に、電源を切るタイミングが。

ラベル:雑貨
posted by かしこん at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする