2015年07月11日

なんか、不吉・・・? それとも・・・?



 出かけようと日傘(正確には晴雨兼用だが、メインは日傘としてつくられている)を持ち、



広げようと留めボタンから布を外そうとしたら・・・ボタンを留めている糸が切れた!



 ころころ転がるボタンをあわてて拾う。 数日前からやばい感じはあったんだけど、ついに



この日が来ちゃいましたか。 修理してもらわなきゃ、とボタンをカバンのポケットに入れる。



よく考えたらこの傘も、買ってから約一年。 日傘としてだけでなく普通に雨傘として使って



いたので、まぁ消耗する部分だから、仕方ないか。



   この部分です。



 お昼頃、髪をまとめていたゴムカチューシャが、ふと緩んだ感覚に襲われる。



 よく見れば、金具からゴム部分がすっぽ抜けている!



 なに?、ゴム(もしくは金具)の力よりあたしの髪が広がろうという力のほうが勝っちゃった



わけ?! これもまた、湿気バンザイな時期だから???



 しかし一日にこういうことが続くと、何か不吉なことの前兆ではないかという気が・・・。



 もしくは、あたしの身に何か起きそうなところを、これらが身代わりになってくれている



ような・・・。



 なんか、いいんだか悪いんだか、です。



 傘を修理に出したら、「わー、とても奇麗に使ってくださっているんですね。 ありがとう



ございます」と言われてしまう・・・特別気を遣った手入れなどまったくしていない身としては



恐縮しきりなのだった。 でも、褒められると気分はよい。 現金なものです。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

すっかり忘れてた!、ということが最近多い。

 平日、ヤマト運輸からの不在連絡票が。
 送り手はアマゾン。 「え、あたしなんか頼んだっけ?」としばし自問自答(アマゾンは注文したらすぐ来るイメージがあるから)。
 しばし考え・・・はたと思い出す。
 「もしかして、“あれ”か!」
 平日は受取時間が読めないので土曜日で連絡、無事受け取りました。

  ゲームオブスローンズ4−2.jpg “あれ”でした。
   『ゲーム・オブ・スローンズ』第四章:戦乱の嵐(後編)DVDコンプリート・ボックス

 一ヶ月以上前に予約したやつだよ・・・完全に忘れてました(おかげで、現時点での最安値で購入できましたが)。
 それにしても、ALL MEN MUST DIE、って・・・。
 まぁ、そういう内容なんですけども。
 原作者が監修に入っているおかげで原作の世界観とクォリティがたもたれているのはいいが、ほぼ完璧な映像化に原作者が刺激を受けて構想が拡大しているとか(原作未完、執筆中なれど当初の予定よりかなり遅れているし長くなっている)、ドラマのスピードが原作に追いつきそうなので独自の展開に走りつつものすごいことになっている、等の噂は耳にしているんですが・・・原作だけで相当なダメージを受けていたあたしとしては、正直観るのが怖いです・・・(R+15って目立つように書いてあるし)。
 しかし観始めたら止まらないんだろうなぁ。 いつ観よう、夏休みか?
 そんなわけで、あたしの長期休暇の予定はすぐ埋まる。 プレ夏休みがほしい今日此頃。

ラベル:海外ドラマ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

チョコレート・チョコレート



 あたしが今いっている仕事場は、義理チョコ禁止令が出るほどではないが、特に



推奨されているわけではない。 となれば自然に、普段お世話になっている方に、



いろいろと助けてくれる方に、そしてなによりチョコのおいしさがわかっていて楽しんで



くれる女子たちに、となるのが当然である。



 普段から微妙に(根拠もなく)エラそう、仕事中居眠りをしている、かといえばずっと



ぼりぼりと音を立ててわからない何かを食べている。 そんな人にチョコをあげたいと



思うであろうか(そういう人ほど、すぐチョコを貰えないとどんどん機嫌が悪くなっていく



のは何故なのか)。 むしろ報・連・相がなっていない上司や仕事の方向が無茶苦茶な



部下を抱える中間管理職的人物に、「毎日おつかれさまです」と激励の意味を込めて



いいチョコを贈りたい気持ちになるではないか(『ヴィタメール』にしました)。



 それに、基本的に男性は、高級チョコの価値や意味があまりわからないと思うので



(勿論、例外は存在するが)、本命でもない相手にいいものを贈る必要はない! むしろ



自分が食べたいです。



 そんなわけで仕事場の大多数向けには、輸入食材のお店にある個包装チョコ詰め



合わせお徳用みたいなやつを数種買い、あり紙でテトラパックを折り、マスキングテープで



留め&装飾したものを配る。 それだけで結構見栄えがするものですし、ま、職場の



潤滑油になればそれはそれで(お返しは特に期待しておりません。 そういう行為自体が



楽しい、というあたし自身の趣味の問題か)。



 仲良し女子たちには『フレイヴァー』というお店のブラウニーを。



 今年から期間限定セットの味が変わったので(去年まではストロベリーだったが、今年は



オレンジ・ラムレーズンなどに変更、パッケージも変わり、値上がり)、どうかなぁ、と思った



けど好評をいただいたのでよかった。



 だけど、今年は自分用、あまり買ってなかったかなぁ。



 結局、いつも同じお店で買ってしまう感じだからかしら。



 あと、売り場の試食である程度満足してしまうからかしら。


posted by かしこん at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

美術館の上にいるカエル

 兵庫県立美術館の上には、カエルが住んでいる。
 確か名前も付いていたはずだが・・・忘れた。
 いつも写真に撮りたいなぁ、と思っていたのだが、車で行ったりすると見える角度が違うので無理だったり。 時間が遅くて暗かったり。 なので今回初めて撮影に成功!

  CA3A1801.JPG 駅からまっすぐ歩いて、歩道橋を渡るのが多分ベストポイント。

 サーカスっぽさが拭えませんが・・・何故このようなカラーリングになっているのかは不明。 開館当初はいなかったけど、いつの間にやらマスコットキャラクターとして登場。
 長く続く歩道橋を歩いていくと、じわじわカエルが近付いてくる。
 ふと気づけば、歩道橋の向かって右わきに、不自然に意図的な半円形の出っ張りが。
 はっ、もしやここが、カエル鑑賞ベストポイント?

  CA3A1803.JPG かなり見上げる感じに。
 だけど、その出っ張り(展望台?)に立つと、下を車がびゅんびゅん通るためにめちゃめちゃ揺れます・・・。 なかなか落ち着かない鑑賞ポイントで、もしかして撮影用なのか?
 そんなわけで、まんまと写真を撮ってしまったのでした。

posted by かしこん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

ラボ グレース@ATAO

 えーっと、またかばんを買いまして。
 しかも9月13日に! 一ヶ月以上寝かせていたわけではなく、多少使用してみての感想とともにアップしようと思っていたら、思いもかけず悪天候が続き・・・そんなに使っていなかったのと、使い始めて変化がわかってきた頃には映画の感想もたまってきて・・・というわけで、今頃の公表と相成りました。

  グレース公式1.jpg 正面の写真がうまく撮れないので公式HPの写真をお借りしました。

 “ラボ グレース”、という名前。 この秋、ATAOが一大キャンペーンを張って発表した新シリーズに、まんまとやられて発売日に買いに行ったあたし・・・。 だってこれは限定数しかないっていうんですもの。
 レギュラータイプはバッファローレザーで、これも使いこんだらすごくいい味が出そうなんだけど、こちらのグレースはカーフ素材(イタリアンレザー)。 カーフでココア系の色って珍しいし、そもそも革好きとしてはカーフのカバン、憧れるよね!
 でもやっぱり直接見てから買うのを決めたいよね、と思っていたわけですが(デザインは同じでも、素材違いが結構出たので)、当日、お店に到着した段階でグレースは残り一個・・・選んでる場合じゃないよ!

  CA3A1777.JPG サイドから見るとこんな感じ。
 A4が入るサイズ。 かぶせの部分がストラップと交差しているので中身が全部がぱっと開かない設計(なので正面の金具を開けてたままでも持っていて型崩れはしないけど、がばっと開けたいときはちょっと不便か)。

  CA3A1772.JPG 裏側にはパスケース用のポケット。
 定期を使う者にとって、外側のポケットがあるかないか、非常に重要です。

  CA3A1774.JPG ロゴはサイドに入ってます。
 なんといっても革が素敵なわけで。 つやつやとした張りがありつつも、やわらかい。
 カバン自体の重さもものすごく軽くて、500gを切っている(450g前後?)。 とはいえあたしは荷物多い派なので、トータルでは重くなっちゃいますがね。

  CA3A1778.JPG 中はこんな感じで。
 ポケットはあるけど、特に仕切りはなし。 マチは新書版サイズが横で余裕でおさまる(さすがにハードカバーは無理)。 革がやわらかいので本の角が外から見えるときがあるので、ロゴ側に本の背表紙が来るように入れる習慣に。
 そんなこんなでだいたい2週間強使ってみたところ・・・もう革にくったり感が出てきて。



  CA3A1783.JPG 撮影場所:神戸そごう地下
 表面がなんだかへんなりしてる感じ、伝わりますですかね。
 くたくたしていく感じがカーフの魅力とはいえ、最初の状況を保っていきたいのも人情。 でもまめにお手入れするキャラじゃないし、普段の荷物も減らせる柄じゃないし、結局くたくたしてしまうんだろうな・・・。 ま、それが味となっていき、同じものが並んでも見わけがつく<あたしのカバン>になってくれるということなのですが。
 とりあえず今は、「傷をつけない」が目標。
 そのうちつくんだろうけど、ついたらついたであきらめがついて更に傷が増えてしまいそうではあるものの、しばらくはそんな気持ちで使っていきます。
 でもある程度なじむまで、しばらく雨の日は、外出厳禁!

ラベル:カバン
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

ネイビー・レースアップウイングチップ@Dixsept Dixsept 1717



 ようやく秋めいてまいりました。



 やっと、本腰を入れて買い物をする気になってきた時期(とはいえ、あたしにはまだ



暑いのですが・・・)。



 とりあえずローファーがほしかったのです。 今の仕事場は服装に加えて靴にも



うるさくてカジュアルシューズもダメなようだし(というか、それはお局様ルールな気が



するのだが)。 そこで思い出すのが、高校時代から愛用していた、以前働いていた



会社でもよく履いていた、HARUTAのコインローファー(ときにタッセルローファーに



なることも)。 色はバーガンディ一択で、これまで5足ぐらい履き潰してまいりました。



 しかし、昨年秋から続いている紺〜ネイビーブルーのブームは流行では終わらず、



定番化しそうな勢い。 今ならそういう色のローファーの種類が多いから、買えるいい



チャンスかも!(多色展開の靴ブランドでは確かに手に入れることは可能ですが、



お値段があたしにふさわしくない・・・)



 でも、コインローファーだとして、マットな革か、それともそこは流行りを取り入れて



パテント加工のやつにするか。 そんな気持ちでデパートの靴売り場をぐるぐる回って



いましたらば・・・同じくネイビー系のレースアップも結構ある!、ということに気づく。



 わっ、どれがいいだろう!!



 ・・・しかし、ぱっと見て色がきれいなやつはお高いよ・・・



 ぐるぐる回っていろいろ履いて歩いてみて、これに決定!



   Dixsept Dixsept 1717という、神戸のブランド。



 写真の都合でちょっと黒っぽく見えますが、太陽光の下ではしっかりネイビーブルー!



 中敷きには低反発素材を使用。 革が意外と柔らかいので靴擦れにもなりにくそう(実際、



半日歩き倒しましたが、足は無事)。 若干靴紐がゆるみやすいですが、それはあたしの



結び方にも問題ありかと。 だんだん、ほどけなくなってきたし。



 パテント素材はあんまり好きな方ではないのだけれど、こういうトーンならばつるつるしてて



かわいい!、と思えることを自覚。 そこはやはり、カバンではなく靴だからかしら。



   ウイングチップが踵にも。



 3万円、4万円、それ以上の靴を見ていたならば、とても安く感じてしまうお値段だった



(でも消費税8%足したら、1万円で小銭しかお釣りがこなかった・・・)。



 でもMade In Japanですよ! デパート、マジック!



 あー、これは大事に履かなきゃ。 そして何かあったら修理に出そう(修理代のほうが高く



つくような気がするが・・・)。 値段じゃなくて、このデザインがこの色でまた買えるかどうか



わからないから。


posted by かしこん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

ヴァレンティン・ボーダー@ATAO

 えーっと、実は6月の頭にカバンを買っていまして・・・。
 就職決まった自分にお祝い!、的な気分で・・・。 しかしその後、職場のために靴だの服だの結構購入し、あんなにお金を遣うことになるとは思わなくて・・・(そして腕時計と日傘はストレス解消のための買い物のようなものだし)。
 しかしこのカバンを買って後悔したわけではない!

   ヴァレンティンボーダー1.JPG 撮影場所:シネ・リーブル神戸
 これはまだ使い始めの頃。 帆布素材で白と黒のボーダー、持ち手部分等は牛革です。
 帆布でも表面ガラス加工とは違い、使っているうちに表面が毛羽立ってくるというか、黒がどんどんかすんでくる風合いの変化を楽しむ素材となっております。
 なにより、A4サイズが余裕で入る大容量、持った時のカバン自体の軽さがお気に入りであります。
 さて、これを使い倒して約3カ月後の現在といえば・・・。

  ヴァレンティンボーダー2.JPG 撮影場所:OSシネマズミント神戸
 すみません、ライティングが違いますが・・・しかも中身がパンパンのためわかりにくいですが、多少帆布がくったり来てる感がおわかりいただけるでしょうか(同じ場所で撮影すればよかった、と後悔)。 光の加減のせいではなく、黒のラインの色がぼんやりしている感も伝わりますでしょうか。

  ヴァレンティンボーダー6.JPG アップにして見ると・・・。
 黒の部分の毛羽立ってる様子というか、かすれ具合がよくおわかりいただけるかと。一方向になでるとまたちょっと色合いが変わったりします。
 ぶら下がっているのはハクトウワシ(これは自分でつけました)。 最初の頃は「保護色になってわからん!」だったのですが、カバンの黒がかすれてきたらハクトウワシの羽の黒のツヤ感が多少目立つようになりました(しかし季節柄&マリンな印象のボーダーにつけたため、ハクトウワシではなくカモメとよく間違えられる・・・猛禽類好きは少ないのだと実感させられますな)。
 しかしもう9月、カバンもそろそろ秋モノに変えるべきか・・・。
 でもこの大容量はなかなか変えがたいものがある。 もうちょっと使おうかな、と思います。

ラベル:カバン
posted by かしこん at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

今更、使ってみるノンシリコンシャンプー

 日々暑いのであります。
 しかも、前回髪を切りに行ってからもう2ヶ月が経過。 比較的ショートカットなのでのびが早く感じられる。 毎日お風呂で髪を洗うのがなんだかしんどくなってきたり(ロングヘアの方に比べれば全然大したことない苦労なんですけど)。
 で、ちょっと気分転換に、サンプル品として以前もらっていたノンシリコンシャンプーを使ってみることに。

  ノンシリコンシャンプー1.jpg これの、緑のやつを使ってみました。

 普段は石鹸系のシャンプー・コンディショナーを使っているのですが・・・泡立ちのよさと洗っているときの指通りのよさにびっくり。 でも、すすいだときに感じる髪のキシキシ感に更にびっくり!
 (翌日、いつものシャンプーを使ってみて、確かに多少のキシキシ感はあるんだけれども、ノンシリコンのほうが比べ物にならないほどキシキシしてました。 何が原因でしょう?)
 また、指の腹で地肌を洗うことにも疲れを感じてきてしまっているあたし、ついに洗髪ブラシ導入!

  マイナスイオン洗髪ブラシ.jpg いやー、これが思いのほか便利で。
 あー、楽だー。 なんでもっと早く買って使っておかなかったんだろう、と後悔するくらい楽です。 でもまだ使い慣れていないせいか、お風呂場に持ち込んだのはいいものの、使わずに無意識で髪を洗ってしまったこと数回・・・。 日常的な行動は、つい習慣的にやってしまうものですね。 このブラシも習慣に入れば、大丈夫なんでしょうけど。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

オースト名刺入れ@ATAO

 いきなりですが、仕事で名刺を持たされることになりました。
 内勤の事務なのに、何故・・・。
 以前もそんなことがあり(5・6年前?)、ブッテーロのきれいな緑色の名刺入れを購入。 しかしブッテーロは綺麗にくっきり傷がつくので(勿論、使っていくうちに目立たなくなったりそれが味になったりするのですが)、「この緑にキズがついたらあたしは泣く!」と、その当時はカバンのジッパーつきのポケットにそれだけ入れておく(他のものは入れない)、そういうポケットがないカバンのときは専用のポーチにしまう、使うときだけ出す!、という細心の注意を払っていままで無傷でやってきました(しかしカバンの中で他のものに押されたりするので、圧迫型のようなものはついてしまっています)。
 しかし、今回の感じではブッテーロに細心の注意を払う余裕がなさそう!
 デパートなど、ちょうどセール時期なのでいろいろ見たけど・・・「えっ、セールでもそのお値段?!」と絶句する感じ。 その金額を出すのなら妥協したくないし、お安めなのは「どうもなぁ・・・」といまいち気が乗らないし、文具店などで売っているものは名刺交換するお相手方とかぶってしまいそう!(しかも、結構いいお値段するし、コードバンのがすごくきれいだったんだけど、ブッテーロ並みにキズがつきそうだった)
 というわけで、結局いつものお店、ATAOへ。
 ある程度枚数が入る、シンプルだが個性あり、というこちらの要望により、選ばれたのは。

  CA3A1737.JPG オースト名刺入れ・アイボリー
 一瞬オーストリッチなのかと思ったが、触れば牛革である(もし本物のオーストリッチならとても手が出ないお値段であろう)。 型押し加工であるらしい。
 全5色ありましたが、これがまるで窓の外をふと見たら雪が降っているかのように見えて、暑さにばて気味のあたしは涼しさ(寒さ?)を求めてしまいました。 雨にぬれたハスの葉のような緑色とも悩んだんですけどね。

  CA3A1738.JPG 開けばマットなスムースレザー
 このなめらかな手触りもグッドです。 名刺、30枚以上は余裕で入る感じ。 ポケットも充実しているのでパスケースやカード入れにも転用可能。

  CA3A1739.JPG 名刺を入れるところは、さらさらスウェード。
 ライトの加減で茶色の革部分がえらく明るく映ってますが、2枚目の写真が実物に近い色です。 3種類の手触りの違う革が使われている、というのも革好きにはうれしいこと。
 2000円割引券があったので、デパートのセール品のお高い方とそれほど違わないお値段で購入。 これなら傷もつきにくい、お手入れも楽、ということで安心です。

ラベル:革小物
posted by かしこん at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

日傘、デビュー

 ずっと帽子にストール派でしたが、やはりこの時期は帽子をかぶると髪の毛が汗でぺったりしてしまう・蒸れるということもあり、気になってはいたんだけど帽子のほうが持ち運びが楽(たたんでカバンにしまえるタイプを選んでいたので)なので、日傘という存在を意識したことはこれまでありませんでした。 それに、神戸はあまり雨が降らない(台風とゲリラ豪雨のとき以外は)、という住んでみての感想なので折り畳み傘で十分かなという気持ちもあり、これまたカバンの中にしまえてしまうので、長い傘を持つことがあまり習慣になっていない(下手に持ったらどこかに置き忘れそう)。
 しかし、キュートな傘に出会ってしまいました。

  CA3A1731.JPG 晴雨兼用、播州織の手仕事。
 80代の女性職人さんがひとつひとつすべて手作業で作ってます、とか言われたら素通りできないでしょ! しかも永久保証付きということで、なにかあったらしっかり修理もしてもらえるそう。 ちなみにただの白い傘だと思ったら大間違い。

  CA3A1734.JPG まるでクレヨンの色が散らばったかのような織物に。 ボタンも焼き物を使用。
 なんだかすごく涼しげじゃない?
 ちなみにいろんな柄の織物で10種類ぐらい傘はあったんだけど、これがいちばんあたしは気に入りました。

  CA3A1733.JPG 一区画だけ違う布が使われているのもいい感じのアクセント。

 持ち手もしっかり天然モノだし、雨のことも考えて綺麗なカーブを描くつくりになっているのも優美な感じ。 しかし雨に濡らすのがもったいない気にもなるけど・・・。
 と、結構なお値段をはたいてしまいました!
 絶対置き忘れ出来ない。 そしてこうやって買い物に走るのはストレスがたまっているせいだな、と実感。 けれど職人さんは応援したいのであります。

posted by かしこん at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする