2018年12月30日

今年最後の買い物は・・・

 マグカップだけじゃなく、トートバッグまで出たんですけど!
 あ、『星を継ぐもの』100刷記念グッズのことです。
 最近、自分が大きいカバンばかり持ってしまい、小さいサイズのカバンの出番が少ないな、ということで意識して小さいカバンを使うようにしていて・・・それでも持ち物全部は入らないのでサブバッグの二個持ちをしております。 でもそうなるとサブバッグにもバリエーションがほしいと感じている今日此頃。 いや、ほどほどサイズで使い勝手のいいキャンバストートがあるのですが、使い込みすぎて持ち手と本体の接続部の糸がほつれてきたのですよ・・・手縫いで修理が難しい!
 だから・・・買うか! ¥2,160−。

  星を継ぐものトートバッグ2.png どうせならもっと大きくプリントしてほしい。
 コットン地なので、缶バッジなどをつけたりするのに抵抗はないかな〜。
 A4サイズ余裕で入るし、サブバッグとしていいサイズ。 エコバッグにしてもいいけど・・・それはまだもったいない。 すごくくたびれてきたらそうなるかも。 外に出るのは、年が明けてから!

ラベル:カバン
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

自分にクリスマスプレゼント!

 とはいえ、「自分にご褒美♪♪」という感じではない。 ご褒美を与えてもいいほどのことをしていないので。
 ただ、「普段なら多分買わないが、街がなんとなく浮ついているし、これくらいなら勢いで買ってしまってもまぁいいか」という感じで。

  マグカップ星を継ぐもの1.jpg 『星を継ぐもの』の表紙をデザインにとったマグカップ。
 『星を継ぐもの』40周年記念かと思ったら、<創元SF文庫版100刷記念>だそうです。 増刷かからないものも多い中、こつこつ100刷って素晴らしい! 奥付見て100刷になってるやつ見たら買っちゃおうかしら!
 でもこういうグッズが出ることがまず珍しいから・・・本体はステンレス製なのだけど、持ったらものすごく軽くてびっくりした(マグカップは陶器のものしか使ってきてなかったので)。 しかし保温効果はないという・・・そして思ったより小さい! 容量300mlだって・・・。
 これで、1200円(税抜)はちょっと高いんじゃないの・・・まぁ、落としても割れなそうなところはよし。

  マグカップ星を継ぐもの2.jpg しかしきっちり文字が入ってますよ。
 作者と訳者の名前が入ってる、というのがポイントですよ!
 さて、今日はきれいに洗いました。 まず、何を入れて飲もうかなぁ。

posted by かしこん at 23:30| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

Before緑のカバン@アニエスベー

 えーっと、これは3年くらい前に買ったやつかも・・・。
 なんかタイミングが合わずに載せていませんでした。
 別にカバン買う気はなかったのよね〜、なのに通りかかったときに(結構距離があったのに)、この緑があたしの目に飛び込んできたというか、呼び寄せられたというか。 しかも在庫ラストワンで、即決を迫られたのだった。

  CA3A1968.JPG そして、買った・・・。
 仕事用サイズではまったくないのです。 でもこの色、あたしの好みにストレートに刺さったのです(この写真はライトの加減で実物とは少し違うんだけど)。 しかもカーフのスムースレザー仕様、雨の日厳禁。 同素材の細めストラップがついていて、ワンショルダーや斜め掛け可能。

  CA3A1969.JPG 上から見た図。 前の部分はジッパーポケット、後ろ部分はスナップ式のオープンポケット。 あ、この色は結構近いな。
 こういうはっきりした緑色のカバンってなかなかなくて。 あってもこのような小さいサイズなのですよ。 A4が入ります的なトートバッグがないのは、実は合わせにくい色なのか? 小さければアクセントとか差し色として機能するが、ってこと?
 そんなわけで、雨の心配のない休日(あ、夏は自分の汗と強い紫外線をさけるためにあまり出番がない)に主に使用しています。

  CA3A1970.JPG 色以外でいちばん気に入ったポイントは。
 前ポケットにジャストサイズで文庫本が入ること! 700ページぐらいの厚いものも余裕で収納。 薄い文庫なら2冊入ります。 電車に乗ったら即本を開ける、みたいな感じがうれしくて。 ここのジッパーの開閉回数がいちばん多いのではないかしら。 後ろのオープンポケットには定期やICカードがちょうど入る深さなので、そこも使いやすいポイント。

  CA3A1971.JPG 小さいのですが意外とマチはあるのです。
 長財布とポーチを入れてもまだまだ余裕。 縦横サイズとしてはA6の手帳がぎりぎり入るかな?、ですが、荷物の多いあたしとしても「休日のお出かけ」には十分の容量で(文庫本を別スペースに収納できるおかげか?)、ちょっとした小さなお買い物ならばカバンの中にしまえます。
 そう、あたしはいくつも袋を持ちたくない! 買い物したならそれもカバンの中に入れてしまいたい! だから必然的にカバンが大きくなるのですよ・・・(無理なこともあるから布製エコバッグを常に持ってますが、このエコバッグに収まる買い物で済ませたい)。
 買って時間がたっているし、結構使っているしで革が柔らかくなってきてまして・・・使っていないときは中に何か詰めておかないと、しわが寄ったり変な型が付きそうになる。 手間のかかるカバンですが、この色を保つためと思うと苦にならない(といっても大したことはしていないが)。
 この「はっきり緑」があるおかげで、あたしは違う緑にふらふらできる、というわけで。
 あぁ、でもこの色のトートがほしい!

ラベル:カバン
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

緑のカバン@MOTHERHOUSE

 お財布買っちゃったからもうしばらく大きな買い物はできない・・・と思っていたはずなのだが、約一か月後、こいつと出会ってしまう。

  アンティークB5ショルダー1.JPG アンティークB5ショルダー(オリーブグリーン)
 あたしは緑のカバンが好きなのである。 緑ってありそうでなかなかなく、また<緑>の範囲も広いので、自分のピンポイント好みに突き刺さる色に出会うことは難しい。 これはまずカタログが家に届いて、期間限定色と載っていたものが、かなり自分の好みに近かったのだ(ちなみに、レギュラーカラーは飴色っぽいブラウンと、それをワントーン暗くしたような焦茶色)。
 メッセンジャーバッグ的なフラップが、雪国生活時代を思い出させてくれて懐かしい(勿論、その時期に雪国では本革のカバンなど持てないが、雪をシャットアウトし、払い落としやすいその形がね)。
 で、お店に行ってみたのだが・・・カタログ写真より結構色が暗い。 あえての色むらを出しているせいもあって、墨色っぽく見えてしまった。 あぁ、がっかり、と思ったら、「在庫でかなり個体差がありますよ」とお店の方が奥から出してきてくださる。 で、これがいちばん緑が明るめに出ているやつだった。 で、どうしようかなぁ、と約一か月ほど悩んだ。
 でもB5サイズだと仕事に使うにはちょっと小さいのよね〜。 でもA4サイズにはこの色がないのよね〜。
 まぁ、仕事でも必要最小限の荷物に絞れば入るんだけどさ、ギリギリです(たとえば、文庫本ならば入るが、ハードカバーを入れる余裕はない、的な)。

  アンティークB5ショルダー2.JPG で、フラップを上げると・・・。
 更に緑が明るくわかる革が。 この組み合わせ、もう他にはなかったです(濃い色のほうが割合が多くなっていた)。 もしかしたら、緑がはっきりしたやつから売れて行っちゃったのかもしれないけど。 ちなみにここのお店、フェアトレードで第三国の職人さんの技術を日本のデザインで、みたいなコンセプトで、カバンはバングラディッシュ製。 フラップ裏などの内布は、バングラディッシュの民族衣装の布地だとか。
 上は更にジッパーで閉まり、かっちりしたつくりなので底鋲はないけれど自立するし、なによりカバン自体が軽い(マザーハウスのカバンはすべて軽いのが売りなのであるが)。
 もっと明るい緑が好きなんだけど、グラデーション仕様のおかげで光の加減によりかなり色が変わって見えるのが面白く・・・結局買ってしまったわけなんですよ。
 でもまだ使ってないんですけどね(だって、年末年始のお出かけで使おうと思ってたんだけど、寝込んで出かけられなかったし、まだ風邪が全快していない状態で新しいカバンを持つのはなんか気が引けるではないか・・・)。
 そんなわけで、この三連休も寝て過ごしたのでした。

ラベル:カバン
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

新春初財布 リモクロコ@ATAO

 またしても買ってしまいましたよ、新しいお財布を。
 買ったのは昨年の10月末なのですが・・・どうせなら年明けてから新しくおろそうか、と思った次第。 その割に風水とか金運とか、まったく考えてはいないのですが(春=張る、だから春財布は縁起がいいとか言われてもね・・・季節としては春じゃないし、そういうときだけ旧暦に戻るのはなんで?、的な疑問もあり)。
 あたしとしてはカードで支払ってしまったので、お金が引き落とされる前に使うのはどうかな・・・という気持ちがあり、めでたく払い終わったので心置きなく使えるぞ、という気持ちのほうが大きい。
 いや、ほんとはこれを買うつもりじゃなかった・・・カバンを買うつもりだったのだ。 でも好きなタイプに出会ってしまったのだ。

  リモクロコ3.JPG だってクロコダイルだよ・・・そんな高級素材を持つなんておそれおおいではないか。
 カラーはオーク。 ブラウン調だけどグレーも入っている感じ?
 クロコダイル革としては珍しくマットな仕上げなので、手触りがとってもすべすべでありながらしっとりしてる。 でもパイソン(ヘビ)よりは硬め。 表側のウロコがとっても立体的で、パソコンのキーボードくらいの厚みがある感じなのだ。 思わず押したくなる。

  リモクロコ2.JPG 一方、裏面は・・・。
 打って変わってカメ感というか、甲羅や甲冑のようなイメージ。 こんな組み合わせのやつ、他になかった!
 これに、心奪われちゃったんですよね・・・。
 まだ新品なので内部も硬く、カード類をだいぶ減らしました。 使い慣れてきたらもうちょっと入るだろうけれど(今ももう少し入れられるんだけど、クロコダイル革はじめてなもんで遠慮しました)。
 ジッパーが他のリモと違い金属製なので、大変動きがスムースで軽いです。
 でも、まずあたしが使い慣れないことにはね!

ラベル:お財布
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

ついに二台目kindle、購入!

 一台目のキンドルが容量いっぱいになってしまったため、二台目を買うことにしました。
 紙の書籍は本棚が埋まると置き場所に困るから、というのが電子書籍の利点という風に言われていた部分があった気がするけど、電子書籍だってメモリがいっぱいになったら本体を買い足さないといけないじゃないのよ・・・(ちなみにあたしが持っているのはkindle paperwhiteですが、クラウド上には無限に保存できることになっているんだけど、本体にダウンロードしちゃったら本体から書籍は削除できないのですよ。 USB経由で別のHDDに保存とかもできますけどね)。
 容量いっぱいになった敗因は、マンガや挿絵つきの復刻版を(セールで)買っちゃったからだ!
 なので二台目は容量4倍ながら値段は大して変わらない<kindle paperwhite:マンガモデル>にしました。

  キンドル2代目1.JPG 先代が黒なので、白にしてみた。
 キャンペーン情報付きモデルなのでちょっとお安い(画面下に「kindleストアでお気に入りの1冊を見つけよう」というのが出ている。 本を読むときには消えるので問題なし)。
 で、一台目に入りきらないやつやマンガを二台目にダウンロードしたら・・・一台目に入ってるやつが全部同期されているではないか!
 <ダウンロード済み>にすれば冊数は限られるが・・・あぁ、びっくりした。
 あ、そうそう、一台目を買ったときは(ちなみにkindle第2世代)、あたしの情報登録済みの状態で送られてきたんだけど、今回はそういう設定はまったくなし(まぁ、二台目だから自分でやれってことなのか、申込者設定がデフォルトならば誰かにプレゼントできないとか、注文多くていちいちやってられなくなったとか、まぁ理由があるのでしょうが)。

  キンドル2代目2.JPG カバーは悩んで、ふたつ買ってしまった。
 一台目を買ったころに比べればすごく種類増えてた〜。 しかも安い〜。
 最初に買ったカバーがよれてきたので、取り換えようかと。
 でも安いだけあって、片手でホールドできるベルトとか一切ついていない(そのかわり、カバーを開くと同時に立ちあがり、閉めると即座にスリープ機能になるけど)。 でも北欧デザイン風の樹木柄のやつ、マグネットの力が弱いのかちょっと浮く。 押さえのベルトを用意しなきゃダメじゃん。 まぁ、カバーも消耗品ということか。
 とりあえずしばらく、これで電子書籍は大丈夫でしょう。 なんたって32GBもあるんだから!
 と、安心して『月刊flowers 7月号』『ポーの一族』の新作前編が載った号)を早速購入しちまったぜ!
 こういう油断が、命取り。

ラベル:マンガ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

Limo チェリーリバー@ATAO

 一般的には「春財布は縁起がよい」などと言われますが(「春 → 張る」だから財布の中身が張っていく、という願いがこもっているらしい)、あたしは言霊信仰者ではありますが、あまり縁起は担がない。 というか、モノとの出会いはタイミングだから! 時期なんて選んでられねーよ、というのが本音であります。
 つまり、「また財布買っちゃったのかよ!」ということです。

  チェリーリバー1.JPG だってかわいかったのですもの・・・。

 Limoヴィトロと傾向は似てますが、もっと升目(といっていいのか?)は細かめ。
 桜の花びらが一面に散った川の流れ、というイメージらしいですが、あたしは玉砂利のようなものを敷き詰めて作ったどこかのお寺の参道に、色とりどりの桜の花びらが舞い落ちている、というふうに見えました。

  チェリーリバー2.JPG 裏面。 これも個体差激しい。

 在庫(そのときは4つ)全部見せてもらい、表裏すべてチェックして、いちばん気に入ったものを選びました。 正直、これの裏がいちばん最初に気に入ったという・・・あと、写真の都合でちょっと暗めにうつっていますが、実際のブラウンはもう少し薄めです(濃いめのものもありました)。 薄いピンクが多めな部分があれば全体的にベージュっぽく見えるし、「ひとつとして同じものはない」のが売りだとはいえ、選ぶのもまた大変難しい。
 自分の好みの配色がなかったら去るしかないもんね・・・。
 しかし、あったらあったで買ってしまうのだから困ったものである。
 あぁ、今月はコンタクトレンズも買うし、出費だ・・・。
 「でも最近カバン買ってないんじゃないの?」と言われそうですが、ここに載せてないだけで実は昨年春・秋も買ってます・・・。 近々白状いたします・・・。

ラベル:お財布
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

夏のリラックマ号@阪急電車

 ふと気づいたら、乗り換えた電車がリラックマ号だった!
 タイアップしているとは聞いていましたが、まさか自分が乗れるとは・・・。

  リラックマ電車3.JPG ドアのガラス部分にこれが貼ってあるのを見て気づく。
 これを見て、なんでリラックマとキイロイトリが仲悪いのか(というか、キイロイトリがリラックマを嫌っているのか)、初めて理由がわかりました・・・。

  リラックマ電車1.JPG 車体外側にはこんなプリント。
 他にも何パターンかあるんですけど、全部写真には撮れず・・・当然、先頭車両正面の丸プレートも動き始めたら無理。
 週末、仕事の疲れなどでぐったりだったけど、なんかなごんだ。
 さすがリラックマ。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

セールの戦利品@マイケル・コース

 もう8月も終わりに近づき、おまけに台風も近づいてますが(もう通過したかな?)、この夏はやたら暑かった。 いつも暑いんだけど、今年は珍しく梅雨時期に雨らしい雨がまとまって降ったので、じめっとしていても雨のおかげで夜の風はひんやり、というときがあっただけに、短期集中的に一気に暑くなってからは(仕事がばたばたしてたということもあったけど)、いまいち記憶がはっきりしないのでした。
 そんな今シーズン、いつもセールらしきセールは狙っていったりしないんですが、たまたまグッドな出会いが(8月初頭の出来事なので、現在セールは終了しております)。
 神戸にマイケル・コースのフラッグシップストアができたのは今年のGW前ぐらいだったような気がするけれど・・・あの色と形がいいなぁ(ラズベリーピンクでマチが広めの2Wayタイプ)、と思ったカバンがあったのです。
 しかし定価で買うにはちょっと(結構)お高い。
 その後SALEの文字を見たときには「セールって言ったって、マイケル・コースでしょ、10%か20%OFFぐらいじゃないの」と疑心暗鬼になりつつもとりあえずのぞくだけのぞいてみようかと思ったところ、かなり値引きされていたんですよね! 半額まではいかなくとも、40%ぐらい。 これは大きいんじゃないですか〜(と、誰に言っているのか)。
 しかし残念ながらあたしが狙っていたかばんはすでに品切れ。
 形は同じで色違いはある、色は同じだけど違う形のかばんならある、という状況。
 でもやっぱりぱっと惹かれるのは色のほうなんですよねぇ(色違いのほうは薄いピンクなのだけれど、並べてみたらベージュにしか見えなくなってしまった)。

  CA3A1892.JPG よってこちらをセレクト。 あれ、もうちょっと色は濃い感じなんだけどなぁ。

 ラズベリーは発色が鮮やかで派手っぽいのではありますが、金具がシルバーなのでゴールドのものに比べればちょっとクールな感じが出る(逆にゴールドのもあるんですが、かなりゴージャス系になってしまいますのでクラッチバッグなどが多かったです)。
 さすが、アメリカで今いちばん成功しているデザイナーだけのことはある、『プロジェクト・ランウェイ』で長年審査員を務めていただけのことはある、わかってらっしゃる。
 と、暑さ故にそんな感じで思考がぐるぐるし、なんだかわけがわからなくなり、結局買ってしまったという・・・。
 <ATAO:ヴァレンティン・ボーダー>を使い倒しすぎて「さすがにこれはちょっと申し訳ない」と思っていたところもあり、多少の雨や汗染みもそれほど影響しない(けれど勿論、濡らしっぱなしはNG)、ということなので、秋になって雨や汗の影響が受けないようになればいい革のかばんにもご登場いただけるんだけど、それまではこちらにがんばっていただこうと思っております。

  CA3A1893.JPG 中はこんな感じでポケット充実。
 大きいポケットには厚めのスポンジが入っているのか!、というくらいクッション性があり、スマホやタブレットを入れるのにちょうどいいのかもしれません。 あたしが入れるとしたらキンドルか?
 A4サイズの書類をはさんだクリップボードごと楽々入るサイズもお仕事かばんとしては魅力ですし、上のジッパーを閉めればかなり嵩が減る印象(その分、量的には入らなくなるので、ジッパー開けっぱもしくは半分開けで使用すること多し)。 なんだかんだで外側にポケットあるのが大事です。

ラベル:カバン
posted by かしこん at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

なんか、不吉・・・? それとも・・・?



 出かけようと日傘(正確には晴雨兼用だが、メインは日傘としてつくられている)を持ち、



広げようと留めボタンから布を外そうとしたら・・・ボタンを留めている糸が切れた!



 ころころ転がるボタンをあわてて拾う。 数日前からやばい感じはあったんだけど、ついに



この日が来ちゃいましたか。 修理してもらわなきゃ、とボタンをカバンのポケットに入れる。



よく考えたらこの傘も、買ってから約一年。 日傘としてだけでなく普通に雨傘として使って



いたので、まぁ消耗する部分だから、仕方ないか。



   この部分です。



 お昼頃、髪をまとめていたゴムカチューシャが、ふと緩んだ感覚に襲われる。



 よく見れば、金具からゴム部分がすっぽ抜けている!



 なに?、ゴム(もしくは金具)の力よりあたしの髪が広がろうという力のほうが勝っちゃった



わけ?! これもまた、湿気バンザイな時期だから???



 しかし一日にこういうことが続くと、何か不吉なことの前兆ではないかという気が・・・。



 もしくは、あたしの身に何か起きそうなところを、これらが身代わりになってくれている



ような・・・。



 なんか、いいんだか悪いんだか、です。



 傘を修理に出したら、「わー、とても奇麗に使ってくださっているんですね。 ありがとう



ございます」と言われてしまう・・・特別気を遣った手入れなどまったくしていない身としては



恐縮しきりなのだった。 でも、褒められると気分はよい。 現金なものです。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする