2020年09月27日

2021年の手帳は、ジブン手帳!

 9月も押し迫ってきてしまった。 来年の手帳を探さなければいけない時期である。
 ほんとは何年もずっとUnited Beesのバーチカル手帳を表紙色変わりで使っていたのですが、United Beesという会社がどこかへ行ってしまい、その手帳がなくなった! 去年から、流浪の民なのです。
 まずLOFTに行って手帳売り場に行ったのですが・・・全体における週間バーチカルの種類が少ない!
 全体としてマンスリー優勢だし、ウィークリーは半分以上がレフトタイプ。 なに、みなさんスマホに予定入れるから手帳はいらないの? いつの間にバーチカルはこんなにもシェアを狭めたの?
 「まぁ、ないわけではないから、あるものから探しましょうか」と思ったのですが・・・自分の譲れないポイント、発見。

1.月間インデックスはいらない
 何故かその売り場のバーチカルはほぼ、月間インデックスがついている(月を示すところのページが引っ込んでいる)。 あたし、こういうとこ絶対ひっかけたり折り曲がったりめくれたりしてしまうし、そもそもページがえぐれているのがなんかイヤ。 手帳も本のように揃っていてほしい。
2.バーチカルのマス目に時間が勝手に振られているのがイヤ
 せめて均等に24時間表記ならまだしも、6時から22時までとか。 レイトショー行けば終わりは23時くらいなのよ! それに同じ一時間でも書くことがいっぱいあったりするときもあるし、時間は書かないでくれたほうがいいのに(フリーの方眼とかで十分です)。
3.一週間の7日間は均等に配置して
 土日を半分にして一列におさめてるやつもある。 土曜日だからこそ予定がびっしりという日もあるのだ、そこは各曜日を平等に扱ってほしい。

 以上、この3つは妥協したくないということで探すが・・・一時間近くの捜索の結果、なかった。
 後日、別のお店に出向き、<2021年手帳特設会場>で本腰を入れて探しまくる。
 そこでようやく発見したのが、これだ!
  2021ジブン手帳ミニ1.png ジブン手帳mini by KOKUYO
 B6スリムサイズ。 何タイプ・何色かあるうちから結局こういう色を選んじゃう。 なんかすごく小さく感じた。 しかもページの紙がすごく薄いので厚さも軽減(コクヨがこの手帳のために新たに開発した、薄くで丈夫な裏写りしにくくてよれにくい紙らしい)。
 肝心の中身はというと。

  2021ジブン手帳ミニ2.png バーチカル・曜日均等
 時間は振られているけど、24時間表記だからまぁいいか。
 その他いろいろリスト欄充実、フリースペースも十分。 勿論、月間インデックスはない!
 ジブン手帳、前に見たときはカラフル過ぎるかなと思ったんだけど(もっと色の違うページもある)、そこは今のあたしには許容範囲内。
 日の出・日の入りの移り変わりが書いているのはちょっと面白い。 その日の天気や自分の気分などライフログ的性格が強く、そこまで自分が使いこなせるかどうか心配だけど、ジブン手帳はもう十年のロングセラーだから、そう簡単には消えないだろう。 来年以降、手帳選びがまた楽になるはず!
 ただ問題は、お値段がちょっとお高いということ・・・(これ、消費税込で3000円弱)。
 最近増えてきた一日一ページタイプも面白いかと思ったけど、もっとお高かったし、2分冊だったのでちょっと(半年間で一冊、カバーを取り替えて使う)。
 あぁ、理想の手帳は存在しない、最終的には自分で作るしかないのか?
 でもそのエネルギーがないので、ありものを探すんですけどね(その、探す作業でぐったりエネルギーを失いました)。

posted by かしこん at 04:06| 兵庫 ☔| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

温泡ぜいたくはお湯がトロトロ

 毎日は時間的に難しいが、一日おきとかで浴槽にお湯を張り、入浴剤生活を続けている。 おかげで、「なんか冷えた?」と思うと早く帰ってお風呂につかりたい!、という衝動が沸き上がるようになってしまった。
 というわけで、先日買った<温泡ぜいたく華蜜>から使用開始。 あかしあ蜜・ふじ蜜・ばら蜜・れんげ蜜の順。

  温泡ぜいたく華蜜.jpg 結構ハチミツの香り!
 特に最初、お湯をためている間は浴室の換気扇を止めていたので、お湯の量半ばぐらいで錠剤を放り込んだ後、数分後に浴室に飛び込んだら湯気で視界は真っ白、ハチミツらしき香りが充満していた。 あかしあは華やかな香りがあるからかなぁ。 それに比べてふじは奥ゆかしげだった。
 どれもお湯はとてもトロトロである。 浴槽の床がいささかぬるぬるするほど(滑りやすいのでお気を付けください的な注意書きが)。 これ、終わった後の掃除が気持ちちょっと大変・・・湯垢のぬめりと混同するのイヤ、と必要以上にスポンジで磨いてしまう。
 しかしトロトロ湯のかいあって、あったまった感が湯上り後も結構持続する感じ(お風呂掃除で汗をかいたせいじゃないよね)。

 温泡のシリーズなら森シリーズの針葉樹や濃緑あたりも好きなんだけど、こっちはお湯がさらっとしてるけど、あったまる(半身浴で汗がドバドバ出る)ような記憶。 浴槽洗いも簡単だったな・・・。
 それぞれもちろんいいのですが、ちょっと森が恋しくなってきたな・・・。
 どっかでばら売りしてないかな・・・(そもそも最初に買ったのはばら売りだったような、3個100円とか)。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

久し振りに入浴剤、購入!

 年末年始休暇あたりから、しっかりお風呂に入るようになった。
 どうせ浴槽にお湯を張るのなら、しっかりつかりたい! その時間を作れないならもったいない、シャワーでいいじゃん、ということでずっと続いてきてしまいました(特に梅雨〜夏は蒸し暑さに負けているためシャワーで精いっぱい)。 冬になってきているとはいえ、最高気温が二桁あるからさ、とあまり「寒い!」という気持ちになれず(最高最低気温ともマイナスの北東北の感覚だと寒さの手前の段階の気持ち)、冬対応ができていなくて油断して冷えて、自覚のないまま身体に不調。
 肩が重く感じたり、だるかったり、「もしや、これが肩こりというやつか」と今更ながらに気づく。
 で、お風呂につかってみると結構身体が楽な気がする、あったまってるし皮膚もふっくらつるつるする気がする。
 と、思うのならばいつもやっとけ、という話ではあるのですが・・・。
 そんなわけで、先シーズンに買い込んでいた入浴剤がどんどん減っている状態で・・・新しいものを買ってこなければ。
 ご近所のドラッグストアをうろうろ。 バブは定番だが、しばらく見ないうちにいろんな種類の色・香りのものが出ているではないか!
 毎日のように使うものだからそんなに高価なものを買いたくはない。 お手頃価格でアソートパックになっているものが好ましい(お店によってはお試しにバラ売りしてくれるところもあるが、いちばん楽しい)。
 そんなこんなで、その店の今イチオシらしき商品の中から、あたしの気になるものを選んでみた。

  温泡ぜいたく果実紅茶.jpg 温泡 ぜいたく果実紅茶
 “フルーツ紅茶”というコンセプト、初めて見たかも。 おいしいのかな?、と錯覚しそう。
 かりん紅茶・ゆず紅茶・もも紅茶・りんご紅茶の4種各3個入り。 アッサムティーエキス配合、と書いてあったのをよく見たら、「香料中にインド産のアッサムティーの香りを分析し、再現した香り成分を配合しています。」とのこと。
 まぁ、紅茶好きとしてはちょっと試してみたい。
 しかも温泉成分(炭酸ナトリウム、硫酸ナトリウムなど)と炭酸ガスが配合だという。 これは半身浴の後もしばらく身体があたたかいような気がする。

  温泡ぜいたく華蜜.jpg 温泡 ぜいたく華蜜
 同じシリーズの、“ぜいたく華蜜”。 これにももちろん温泉成分配合。
 これは花から集められた秋田県産ハチミツの香りだとか(勿論、「再現した香り成分配合」)。
 ふじの蜜・ばらの蜜・れんげ蜜・あかしあ蜜の四種類、わりと王道です。
 ハチミツの香り・にごり湯タイプは結構好みではないかしら。 とろとろしていてとてもよさそうな気配。

 外国のバスソルトとか、ちょっとナチュラル志向のバスソルトもいいが、使い始めたら毎日になる時期は、国産の工夫してるけどお手軽感があるものがいい。 今日は温泡の最後に残ってた<針葉樹の香り>を堪能。 あー、ずっと入っていられるかも。
 またいろいろと入浴剤を探す旅に出てしまいそう。

posted by かしこん at 01:30| Comment(2) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

ぺんてる エナージェルインフリー

 仕事納めが近いが、年内にある程度片付く目途がまったくつかない。 残り日数ギリギリまで残業か。 土日家で構想を練って翌週である程度形にできるか。 でもそうしないと年明けが恐ろしいことになる・・・。
 悪い夢でも見そうなほど追い込まれている気がする(自分で勝手に追い込んでいるのかも)。
 今日は気分転換、神戸ロフトの文房具売り場をちょっとぶらつく。

  20191219新しいペン.JPG 気になるペンを発見。
 ノック式、ジェルインキボールペン。 ノックしたときのちょっとした重みが手になじむほのかな高級感。 持つところにはシリコングリップ、ほどよい太さ。 インクが入った芯自体もインクと同じ色で、スケルトンのよさが引き立つ。 同時にリフィルを売っているところも好ましい。 エメラルドグリーンでリフィルがあるってすごく珍しいんだよ!
 名前と値段のタグに<限定発売>と書いてあるが・・・本体価格200円(税抜)。 中の構造は100円のサラサクリップとも似ているが、このペンの使い心地で200円でいいの?! インクも発色がよくなめらかで、乾きが早い気がする。
 うむ、どうせなら新しい年になるのだし、日常ペンも新調するか!

  エナージェルインフリーP2.jpg 全5色。
 ボールの太さは0.4・0.5・0.7(オレンジとターコイズには0.4なしだったような)。
 今回、ターコイズ0.7と、ブルーブラック0.5を購入。 使ってみてよかったら増やそうかな!
 サラサクリップ・uniボールシグノ極細・カラーはパイロットJuiceなどを今は主に使っているけれど、その時々で「使いやすい・使っていて楽しいペン」は変わったりするので、そして日本の文房具のさらに上を目指すパワーもすごいので、やはり自分の定番以外にも時々は売り場に目を光らせて探してみたほうがいいな!、と実感。

posted by かしこん at 23:59| Comment(2) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

ケーブル編み手袋 @ 千代治のくつ下

 ここしばらくずっと革の手袋を使っていたが、使い過ぎてヨレヨレになってきた。 それに、そろそろニットの手袋の手触りも恋しい。
 でも何故かあたしはニットの手袋、指の部分どこかにワンシーズンで穴をあけてしまう・・・安いやつでも結構いいやつでも。 だったらもう、指がないタイプを探したらいいのではないか、と考えた。

  20191201ニット手袋1 (1).JPG というわけでこれを。
 普段は靴下専門店ですが、季節ものということで手袋も取り扱ってくれてました。 普通の手袋もあったけど、手首の部分が非常にロングだったし・・・カバー的なものがあったのでそれにした。 ウール100%・全8色の中からインディゴを選択。 グレー系にしようかなと思ってたけど、どうせならなかなかない色にしたいなぁ、と。

  20191201ニット手袋2.JPG 手にはめるとこんな感じ。
 長いほうが指を入れるところ。 そこを二つ折りにすると指の動きがスムーズになるとか。 同じカラーでネックウォーマー・レッグウォーマーなどいろいろ揃えることも可能らしく・・・やばいな、揃えたくなっちゃうな。
 いや、まず冷えとり靴下かもしれん・・・。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

腕時計の電池を交換

 最近しばらく使っている腕時計はCASIOのBaby−G。 が、一見Baby−Gらしくないフォルムのため気づかれない・・・だいぶ前のやつだからなぁ。 そういえば前回電池交換したのいつだっけ、5年以上は経っているよなぁ、そろそろこの電池もやばいんじゃないかなぁ、と考えてから数か月・・・先日、夜まで普通に表示されていたのに、朝起きて出かけようと持ちだしたら液晶が消えていた。 前触れなしでいきなり止まる、それが実にCASIOっぽい。
 その日はソーラー電池のアナログ時計を使うことで事なきを得たのだが(まぁ最近は腕時計を忘れても携帯があるから大丈夫と言えば大丈夫なんだけど)、やはり電池交換にはいかねばならんよね、と思い知らされた次第。

  20191109腕時計電池交換後.JPG ついでにもう一個止まったBaby−Gも一緒に。
 左側のが今回止まったもの。 15年以上前に「スーツにも合わせられるBaby−G」というコンセプトで出てきたものだが、次にはつながらなかったような(でも今年に入ってから、何人もの人に「かわいい! すごくいい!」と褒められた。 一週まわって今出したら売れるんじゃないだろうか)。 右のはそれよりも前に買ったやつだったか・・・もう記憶が定かではない。
 うむ、スクエアモデルは飽きが来ないかもね。
 よくよく見ると傷がいっぱいだが・・・そこは気にしない。 確か内蔵カレンダーは2099年まで設定されているはず。 動いてくれる限りはまだまだ使うよ!

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

ブックカバー、当選しちゃった!

 家に帰ってきて郵便受けを探ったら・・・なんかかさばるものが入っている。
 なんだろう?、と出してみたら、何故か東京創元社から。

  20191003東京創元社文庫60周年プレゼント1.JPG 「えっ?!」と驚いてから思い出す。
 「そういえば、文庫60周年記念のプレゼントに応募してたんだった! 当たったんだ!」
 びっくりでした。
 懸賞系のもの、たとえ事実上全員プレゼントのものであっても結構忘れがちなあたし・・・今まで何度も出し忘れています(いちばん後悔しているのは新潮文庫版『ダークタワー』のときの『コロラド・キッド』日本語版プレゼントのやつ)。 当選者の数が少ないものは、「基本、あたしにはくじ運がない」とそもそも出さないせいもあり、そういう習慣がない。
 でも今回のは『摩利と新吾』の全プレと締切日が同じ(7月末日消印有効)だったので、一緒に出そうとハガキを5枚買ったのですよ。 ブックカバーは200名様ということで結構太っ腹ですと<Webミステリーズ!>の営業担当の人が書いていたのもあって、ハガキ4通を出してみたのです。 対象の文庫本の帯についている応募券2枚で一口、なので8冊分の帯を切りましたよ。 応募券はもっとあったけど、当たるとしてもひとつだけなのだから4通も出せば十分じゃない?(それで外れるならもっと出しても外れるよ、と確率論的に判断したつもりなれど)。
 もうダメだったのかと思って、忘れていましたよ。

  20191003東京創元社文庫60周年プレゼント2.JPG ラウンドファスナーブックカバー
 しかもちょっとクッション性のある素材、これならばカバンの中で何が起ころうとも文庫本は無事に守られる! 創元推理文庫最厚のもの(いまのところ笠井潔『哲学者の密室』らしい)も収納可能!、と聞いています。 しかしカバンに入れているときはいいが、実際読むときは読みにくいかも・・・。

  20191003東京創元社文庫60周年プレゼント3.JPG お知らせ文
 「ネットオークション等で販売する事はご遠慮ください」って書いてあり・・・そういうことも心配しないといけないのだなぁ、となんだか悲しくもなる。
 しかし気を取り直し、どれくらいの厚さまで入るのかを確かめてみた。
 ハヤカワのトールサイズ、600ページ越えも無事普通に収まりました。
 じゃあもっと厚いヤツで・・・と思い、いちばん手近な分厚いやつを収めてみたら。

  20191003東京創元社文庫60周年プレゼント4.JPG カバーはできるがジッパーが閉まらない。
 ちなみにこちら、京極夏彦『魍魎の匣』(講談社文庫)でございます・・・『姑獲鳥の夏』は入ります。
 『哲学者の密室』もページ数は同じくらいなんだけどなー、紙の厚さがちょっと違うのかな?

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

インド綿のストール

 9月中に買ったもの、まだありました!
 フェアトレードのお店、シサムコウボウにて。

  20190920インド綿ストール.JPG 一回洗いました。
 緑の色がすごくきれい!
 小豆っぽい赤とうすくかすれた藍のような青との三色コンビはあたしの好みにぐっと刺さりました!
 インド綿100%(それもオーガニックコットンだそうな)なので広げるとすごく薄いですが、くしゅくしゅにして二重巻きにすると空気の層を取り込むことになり、十分暖かい。 ウール100%のマフラーやストールをいくつか持っているのですが、ここ何年か出番がないまま・・・冬があまり寒くないので、コットン100%で対応できてしまうので。 この冬も暖冬傾向だというし・・・インド綿ストールを何枚か持っていますが、色合いがどちらかといえば春夏系で(それでも冬に使ってたけど)、しばらく前から秋冬カラーのものが欲しいと思ってまして、今回見つけました!
 これをまた何年も使います!
 でもまだ暑いので、出番は未定・・・。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

WALKMAN、やはり買う。

 結局、「どうせなら増税前に」ということでWALKMANを買うことにした。
 電器屋さんに行き・・・「選ぶ余地があまりないなぁ」とSシリーズ16GBにするのは決まるが、何色にするかでさんざん迷い・・・色ってあたしにはすごく重要だわ!、ということにあらためて気づく。 性能や使い勝手のよさは当たり前で、選択の決め手になるのは色だった。
 どうせメタリックカラーならば、昆虫のような緑がよかった・・・。

  20190925ウォークマン1.JPG 結局、ホワイトにしました。
 無難ではあるが、逆にこれまでのあたしならセレクトしない色なのでチャレンジングな結果と言えるのかも。
 前に使ってたWALKMANには音楽管理ソフトのDVDがついていたのだが・・・箱が小さいよ!

  20190925ウォークマン2.JPG 本体、つるんとしてる。
 小さいというより、薄い。 頼りなく感じるほど。
 前のUSBメモリ型のほうが小さかったけど、厚みがあって持ってつかめる実感があった。 これは・・・どう持っていいのかちょっとまだよくわからない。 ディスプレイ部分は触ればすぐ指紋がついちゃうし・・・専用ケースをつけるべき?
 音楽管理ソフト<Music Center For PC>の使い方で時間を費やす。 正直、昔の管理ソフト<ソニックステージ>のほうが使いやすかった感じ・・・使っていたら慣れるのだろうけど。
 というわけで、まだWALKMAN本体の音は聴いていない。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

kindle paperwhite、三台目到着。

 アマゾンから、「kindleの旧モデルをお持ちの方、最新モデルを15%OFFで購入できるキャンペーン」のお知らせが来た。
 旧モデルとは第8世代以前、現行モデルは第10世代である。 あたしが持っているのは第2世代と第7世代・・・どっちも対象じゃないか!
 ・・・確かに、第2世代のはバッテリーの減りが早くなってきたし、ほぼゼロ状態からのフル充電には24時間以上かかる。 この機にもう一台買っておいてもいいか、でもサイズがちょっと小さくなっているから買うとしたらカバーも新しくしないと・・・と検索したらムーミンのがあったのである!、フィンランド製。
 むしろこのカバーが使いたい、が後押しとなり、三代目のkindle Paperwhiteを注文。

  201909キンドル比較1.JPG 右:そのカバー
 最初にkindle paperwhiteのパッケージを箱から出したとき・・・「小さい!」と声が出てしまった。 更にパッケージから出すと・・・薄くなってる! ちょっと軽いし! いや、そもそもパッケージがどんどん簡易化されているのです。 防水機能付きとはいえども、このまま使うのは不安だ、やはりカバーも一緒に注文してよかった。
 早速ムーミンのカバーをつけると・・・薄さがなくなった・・・その分、衝撃吸収力はありそうだけど。

  201909キンドル比較3.JPG 右:第10世代、左:第7世代
 画面そのもののサイズは変化がないようであるが・・・下の部分が短くなっているようだ。 明るさ具合が違って見えるのはライト設定を合わせていないから(右は初期設定の状態)。
 ちょっと触ってみたけど・・・タッチがすごく過敏なところと、全然働いてくれないところの差が激しい気がする。 まぁ、慣れるんでしょうけど。

  201909キンドル比較2.JPG 右から、第10世代・第7世代・第2世代
 一台目を買ったときはこんなことになるとは思っていなかったが・・・でもこれでしばらく十分もつであろう。 マンガはタブレットのほうにわけることにしたため、基本は文字、せいぜい挿絵があるものしかこっちではダウンロードしないので、32GBあるから大丈夫ではないか(一台目は8GBで、結構前からメモリ不足に)。 仮に一台目の分を全部三台目に落とし直したとしても、まだ余裕はある。
 これもまた増税前の駆け込み需要ということになるかしら。 新しいウォークマンを買うのをずっと悩んでいるんだけれど、決心すべき?

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする