2020年10月11日

生牡蠣を食べます! @ガンボ&オイスターバー

 こんなご時世ではございますが、十月ですし生牡蠣を食べに行きませんか!、とお誘いあり。
 行きましょう!、体調は問題なし! 熱もなく咳も出ない。
 では、恒例のガンボ&オイスターバーへ!

  20201011ガンボ&オイスターバー2.JPG20201011ガンボ&オイスターバー1.JPG 国産生牡蠣8ピース×2を4人で。
 というわけで一人4ピースの生牡蠣、さらっと食べる。 真牡蠣はミネラル多めで比較的さらっと味がまとまっているが、北海道仙鳳趾産のが飛びぬけてミルキーかつミネラルが複雑な感じがした。 それぞれの素材の味を知りたいので、他にいろいろかけるものは準備されていますが、レモン汁で十分です。 4つだからな・・・何十個と食べるのならば、途中の味変もいいでしょうけど。
 コース料理だったが、次のメニューが出てくるのが無茶苦茶速かった・・・。

  20201011ガンボ&オイスターバー3.JPG ホットオイスター(素焼き・香草ガーリックバター焼き・カキフライ)
 カキフライは中がめちゃくちゃ熱いので、後回し。 火が入るとまた全然違う味になる。 小さくなって食べやすくなるし。
 その他、次々料理が出てきて、どんどん片付けねばテーブルの上に置くところがなくなる〜、とどんどん食べることに集中してしまったので、写真を撮れず・・・。
 おいしかったけど、<本日のパスタ>だけちょっと粉っぽかった・・・茹でが足りなかったのでは? 粉っぽいよりは、アルデンテじゃないほうがいいよ(ちょっと茹ですぎぐらいのほうが好き)。

posted by かしこん at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

カルピス(希釈用)、青リンゴ味。

 普段自分ではあまり買うことがないのですが、いただきもののカルピス(希釈用)を飲んでみて・・・それがなくなったら、ちょっと寂しくなった。 で、いざ自分で買ってみようかと思うと・・・「カルピスってそんなお値段だったっけ?!」とスーパーでびっくりしてしまった。
 いや、今の物価ではそう高くないのであろうが、198円とか178円とかで以前買ったことがあるもんで、定価がよくわからない。
 そんなある日、ご近所のスーパーで「本日限り」でカルピス各種が228円! 最近見た中では最も安値!
 「おひとり様3本まで」と制限もある。 このタイミングで買っとけ!

  カルピス青リンゴ味は18年ぶり(希釈用として)1.jpg “旬の青りんご”味。 明らかに季節限定。
 フルーツカルピスって結構好きなんですが、当たりはずれが激しいことがあって。 パイン味や巨峰味・マスカット味は好き。 オレンジ・ミカン系もいい。 メロンはこちらの体調の加減でおいしいときといまいちに感じるときがある。 イチゴはこちらの期待を上回ることがない。 まぁ、それも結構前の印象なので、毎年のように改良が加えられているのではないかと思う。

  カルピス青リンゴ味は18年ぶり(希釈用として).jpg こんなシールが貼ってる。
 カルピスソーダで<青リンゴ味>は見たことがある気がするけど、希釈用ボトルとしては18年ぶりの復活なのか。 いったい何があったのか・・・リンゴ味はインパクトに欠けたのだろうか。
 久し振りの登場、ということで青りんご味、買ってみました。
 香りは勿論、のど越しが、ちゃんと青りんご!
 ただあたしは規定量よりもはるかに薄くつくるので(カルピス1に対して、水10以上)、評価は一般的ではないかもしれないけど。
 でも、これでしばらく楽しめそう。 ホットカルピスが飲める時期が早く来るといいな・・・。

posted by かしこん at 02:12| 兵庫 ☔| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

秋のシェフズプレート@MotherMoonCafe

 『テネット』を観た日、レイトショーの時間の前にご飯を食べようと思ってうろうろ。 「シェフズプレートが秋メニューになりました」との声に惹かれ、ハーバーランドのMotherMoonCafeへ。
 なんと自粛後の影響か、各店共通メニューになり(以前はお店ごとにメニューが違っていた)、平日はランチタイムに関係なくランチメニューが同じお値段で食べられるという。 もう19時近かったですが、おすすめのランチメニューをいただきました。 ハーバーUmieB2の飲食店としては、ランチとしてはいささかお高め故(ディナーとしてはお手頃価格になるけど)、くるお客は比較的少人数(あたしを含め一人客も目立つ)、なんとなくゆったりできます。

  20200918マザームーンカフェ1カボチャスープ.JPG パンプキンスープ・温製
 玉葱の冷製スープから温製になりました。 かぼちゃ、リアルにかぼちゃ。 あぁ、秋だなぁ、と食で実感(まだあたしの日常は暑い ‐ 涼しくないけど)。

  20200918マザームーンカフェ2秋のシェフプレート.JPG 秋のシェフズプレート
 夏のローストポークは大変おいしかったですが、今度のメインは“淡路鶏もも肉のソテー 箕面産柚子風味”。 皮がぱりぱり! 柚子がオレンジソテー的に効いています。  
 他に前菜代わりとして、“鹿児島産ヌメリスギ茸とアンチョビ、青のりのフリット”は味が少々濃い目で香ばしい。 青のりがいい!
 “神戸市西区のいちじくと生ハム 黒ごまソース”は最初黒コショウソースと勘違いしたのだが、黒練りごまでした。 イチジクは生、生ハムとのコンビネーション、合う!
 “北海道産炙り秋刀魚とカブ・りんごのマリネ”はお酢の感じが控えめで、あたし好みの味。 さんまの脂がカブとりんごのおかげですっきり食べられる。 淡路島・森農園のファーマーズサラダはナイフとフォークでバシバシ切って食べました。 お供はジンジャーライス。
 比較的ひとつひとつゆっくり味わいながら食べたためか、徐々におなかいっぱいになってきた・・・特にお米は一粒も残してはならぬと子供時代からの約束だから。
 食後に紅茶を頼んでいたので、おなかいっぱいなのについでにケーキも頼んでしまった・・・。

  20200918マザームーンカフェ3黒糖バナナケーキ.JPG だってお久し振りの沖縄黒糖バナナケーキがあったんだもの。
 すごく久し振りの注文だったので・・・お皿が来た途端、「こんな大きかったっけ?!」と驚愕、後悔しかけた。 でも大きさの割に生地は軽く、バナナ多めで小麦粉少なめ。 添えられたバニラアイスと生クリームの力を借りて、結局ぺろりといただきました。 素朴系の味は止まらない。
 映画前にこんなに満腹で大丈夫か・・・と思ったけど、『テネット』にはそんな不安はすべて杞憂であった(眠さなど生まれる隙もなかった)。 本も読みつつ、ホットの紅茶を飲んでゆっくりしてしまいました。
 ランチメニューにケーキを追加したらケーキは100円引き、映画の当日入場券・半券があると10%引きということで、よりお得感。
 おいしかったです、ありがとうございます。 接客がいいとまた行きたくなるよねぇ。

posted by かしこん at 03:51| 兵庫 ☁| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

お久し振りの洋食屋! @ ぐらたんはうす ぱん

 先日、髪を切りに行ったのである。
 いつまでたっても暑いなぁ!、ということでばっさり切ってもらう(といっても髪形がもともとショートカットなので、伸びて広がった分をばっさり、という感じ)。
 ヘアサロンを出たのが14時半くらい。 うーむ、ランチをどこかで食べたいが、どこがいいかな?
 しかし、「ここはどうだろう?」というお店はなんか人がいる・・・そんなのが二軒続き・・・「あ、ずっと行っていない洋食屋があったじゃないか!」と思い出す。 センター街の地下にある、小さな洋食屋さん。 おそるおそるのぞいてみたら・・・あった! あったよ! ちゃんと営業してた!
 テーブルクロスやカトラリーは変わっていたけど、人を悩ませる豊富なメニュー展開は健在。 そうだ、あたしはいつもこの店で悩んでいた・・・。
 マイセットUをオーダー、その枠の中からいろいろ選びます。

  20200826ぐらたんはうすぱん1.JPG 本日のパスタ:キノコの和風パスタ
 特別な材料を使ってる感はないのだが、味はまろやかで安心感ありつつ、さりげなく細かい仕事をしているのですよ。 キノコたっぷり、やさしい味。 あ、この前にミニサラダが来ました、フレンチドレッシングで(多分自家製)。

  20200826ぐらたんはうすぱん2.JPG チキンのチーズはさみ揚げ
 いくつかあるおかず欄の中から一品選びまして。 チキンのチーズはさみ揚げという名前からくるイメージとは違うものが来た! 鶏肉は胸肉で、ロール状に巻かれています(中心のチーズはとろけております)。 無雑作にかかっているトマトソースも、タマネギやニンニクの味がする。 揚げたて、あつあつ! 衣は最初サクサクだけど、どんどんソースを吸ってしんなり、おかげで最後までソースをしっかり食べられる(衣はパン代わりなのか)。

  20200826ぐらたんはうすぱん3.JPG パンプキンプリン&アイスティー
 デザートとドリンクも選べます。 パンプキンプリンはちゃんとカボチャの味がしっかり。 舌触りなどもいかにもカボチャプリン! 安定のお味です。
 これで1050円って、5年前くらいと値段が変わってない気がするんですけど! 大丈夫ですか!
 お店の方もあたしの記憶通りの方だった・・・シェフはちょっとご高齢の感じだったのよ、でもあまり変わっていない気がした。
 このお店の味、結構好きだったのに何で来なくなったのかしら・・・あ、定休日と知らなかったのと閉店時間を過ぎていたのと、二回続けて行けなかったことがあって、ちゃんと調べなきゃと思って、そのあとタイミングがなくて忘れてしまっていたのだ・・・。 だいたい行くのは映画の前の時間だったから、ここ何年か映画の時間にギリギリでお店に寄る余裕がなかったからか・・・あぁ、なんかすみません。
 コロナ禍で営業も大変だったことでしょう。 しばらくはちょこちょこ通わせていただきます! ぐらたんはうすなのに、今回グラタンを食べてないし! グラタンもおいしかった記憶ありなんで。

posted by かしこん at 02:10| 兵庫 ☁| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

20周年記念メニュー @ Vis-a-Vis

 8月はフレンチレストラン“Vis-a-Vis”のオープン記念月ということで、毎年スペシャルメニューが組まれる。 しかしこの状況故、行けるかなぁ、どうしようかなぁ、とぐずぐずしているうちにもう月末が近づいている。 いかん、とりあえずお店に相談してみよう、31日ディナータイムでも大丈夫でしょうか。
 あたしの体調が大丈夫なら大丈夫ですよ、ということで、スペシャルメニューを駆け込みで堪能する。

  20200831ヴィザヴィ (1).JPG 食前のお楽しみ
 あっさりピクルス、という感じか。 食欲が増進します。 ぺろりと食べちゃった。

  20200831ヴィザヴィ (2).JPG 前菜:ハモと季節野菜のサラダ
 葉も特にこだわっていないこともなく、食べ応えたっぷりのサラダでもあり。 青じそっぽい味がするんだけど、見たことがないバジル系の何か? ラビゴットソースとバルサミコ酢がかかっていますが、バルサミコ酢が強くてラビゴットソース単独の味がよくわからない。 鱧は軽くて、ちょっとジューシー。

  20200831ヴィザヴィ (3).JPG スープ:冷たいトマトのクリームスープ
 バジルとオリーブオイルのソースがかかってます。 全部ざっくり混ぜてどうぞ、とのことなので混ぜまくりました。 トマトとバジルとオリーブオイルの味が口の中でそれぞれ主張、でも喉を通るときにはすっきりまとまって残らない。 おいしいんですけど!

  20200831ヴィザヴィ (4).JPG メインのお料理:牛ロース肉のポアレ 玉葱とキノコのソース
 とにかくでかい、牛ロースがでかい!
 メインはヒラメのオリーブオイル焼きと迷った、すごく迷ったけど「メインは肉がいいなぁ」とこちらを選んでしまったけど・・・なんですかこの迫力(もしヒラメを選んでいたらどういうことになっていたのか知りたい・・・)。 野菜、甘い! ソース、うまい! 牛、うまい、キノコ、最高!

  20200831ヴィザヴィ (5).JPG デザート:フロマージュのポット・ド・クレーム
 ソルベはマンゴー、これが後味ものすごくさっぱり。
 ポット・ド・クレームにかかっているのはハチミツ。 ちょっと一瞬くせがあってすごいハチミツなのかと思ったら、「アカシアのハチミツですけど・・・別に特別なものではないですよ」と言われてしまった。 フロマージュ部分はチーズがめっちゃ濃い。 濃いレアチーズケーキみたい。
 本日もたっぷりいただきました。 ごちそうさまでした!

posted by かしこん at 02:48| 兵庫 ☁| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

煮干しだしのラーメン!@六三六ラーメン

 仕事でちょっと垂水方面に行くことになりまして。
 お昼ごはんがなんか中途半端な時間に。 そこで「煮干しだし」ののぼりを発見。 こうなったら、ラーメンでちゃちゃっと食べるぞ!
 そこのお店は入り口入ってすぐの券売機で食券を買うタイプ・・・メニューが把握できていないのですごく悩む。 だけど時間をかけていたらお店の方にも迷惑である(あたしの後ろに並んでいる人はたまたまいなかった)。 暑いから冷麺的なやつがいいかなと思ったけど、食券のボタンの場所がわからん!(焦っているので探せない)
 ええい、はじめて来るお店なんだから、まずはここの看板メニューをいただきましょう。

  20200806六三六ラーメン煮干しだし.JPG その名も、「六三六ラーメン」
 食券と引き換えに距離を保った席に案内され(4人掛けテーブルにあたしひとり、カウンターが埋まっていたので)、待つことしばし。 マスクをはずして自分のタオルハンカチに包み、カバンにイン、いただいた冷たいお水を飲んで「ふ〜」と一息ついていたら、もう来た。
 ラーメンとはこんなに早く出てくるものなのか!
 いただきます!
 まずはスープを一口。 えっ、これが煮干し? なにか魚介系の味がガツンとこない、むしろ自己主張してこないおとなしい味。 む、これ、鶏ガラととんこつも入ってない? いろいろ混ざってマイルドになって、「何かの味」ってはっきりわからなくなってる・・・けど、なんかクセになるかも。 この味は何なのか?、と、つい飲み続けてしまいそう。
 それではいかん、と麺を手繰ると、細切りの白ネギが結構出てきた。 スープの色に紛れて存在に気づかなかった。
 麺はちょっと細め、ウェーブは弱め。 シナチク、チャーシュー、なると、海苔と全部普通かな、と思いつつ・・・休むことなく完食。 あれ? 10分かかってなくない? お店が混んできたら困るぞ、とは感じていたけど・・・それだけがスピードの要因?
 お店でラーメンを久し振りに食べました。 こんなに早く食べられるものなのか、他も試してみたい。

posted by かしこん at 23:59| 兵庫 ☀| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

一人でテンション上がるランチ@MotherMoonCafe

 映画館のチケット・半券があると同じ施設に入っている飲食店でサービスが受けられる場合があって、店選びで悩みがちなあたしは(初めての店に入るには結構心の準備が必要だし)、ついこういうのを利用してしまいます。
 SOL(神戸国際会館地下)のマザームーンカフェは、チケットで料金10%OFF!
 だから豪勢なランチを食べようじゃないか!

  20200716マザームーンカフェ1玉葱の冷製スープ.JPG 淡路島玉葱のスープ
 ランチにはどれにもついてくる<本日のスープ>は、時節柄冷製でした。 おいしい! 確かに玉葱!、でした。 でもすぐなくなる・・・。

  20200716マザームーンカフェ2プレートランチ.JPG プレートランチ
 メインはローストポークで、これが大きいうえに分厚い! グリーンサラダ、トマトのファルシ(トマトの中にいろいろ詰めたサラダ)、ポテトサラダ、本日のキッシュ、パンで結構大きなお皿が満杯。 ローストポークがすごい食べ応えで・・・しまった、おなかいっぱいになっちまうよ。 ローストビーフがメジャーの関西圏で、ローストポークを出してくる気概を買います(あたしはビーフよりポークが好き派)。 

  20200716マザームーンカフェ3広島檸檬レアチーズケーキ.JPG 広島檸檬のレアチーズケーキ
 おなかがいっぱいにもかかわらず、期間限定っぽいレアチーズケーキがあったのでオーダーしてしまう。 夕方以降ではお目にかかったことがないから(つまりそれまでに売り切れてしまうの)。 ホットの紅茶をお供に、本を読みながらおなかが落ち着くようにゆっくり時間をかけて食べました。 サイズは大きいけど、ゼラチン多めか食感は軽かったので無事完食。 チーズ濃いほうが好きだけど、このときばかりは軽めでよかった。 レモンソースも程よい酸味と甘みでした。

posted by かしこん at 02:32| 兵庫 ☀| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

ケーキと紅茶、夏バージョン@Le monde du thé (ル モンド・デュ テ)

 大丸神戸店の地下にこじんまりとある、カフェ、というかイートインスペース。 お茶の葉を売っていて、その一角にイートインコーナーがあります。 デパ地下で購入したスイーツを持ち込んで食べられる、というのがウリ。 あまり広くないので(コロナ後は座席数も減っているし)、知ってほしいが知られたくない微妙な気持ち・・・。

  20200807デュモンドテ (3).JPG セパレートティー(紅茶+グレープフルーツジュース)
 「今日はオレンジジャスミンのアイスかなぁ」と思って行けば、お店の方から「夏季限定メニュー」を手渡される。 「この人、ちょくちょく来る人だわ」と覚えられてしまっているらしい・・・約三年で15回以上行っていました・・・覚えられてしまうペースでしょうか。
 というわけで、夏季限定メニューから“セパレートティー”を選択。 ちゃんと二層になっております。

  20200807デュモンドテ (2).JPG お茶のお供はエストローヤル(期間限定出店)のミルフィーユで。
 パイ皮に全然フォークが刺さらない・・・下のほうから食べたり、がんばって上のパイ皮にひびを入れたり。 間のクリームはすごくおいしいのに。 そうだった、ミルフィーユは食べるのに苦労するやつがあるのだった・・・。

  20200807デュモンドテ (1).JPG よくかき混ぜたら、こうなりました。
 しばらく前からリプトンがFruits in Teaを仕掛けているけど、伊藤園もやっているのかしら(このお店は伊藤園の紅茶・緑茶・中国茶専門店です)。
 一口、飲む。 おっ、紅茶。 でも途中からグレープフルーツ。 でも後味は紅茶とグレープフルーツ。
 グレープフルーツはホワイトで、果汁100%のやつ。 紅茶は・・・クセがないからディンブラかキャンディ? ちょっとわからないけど・・・混ざり合ったこの飲みものは、紅茶であって紅茶でなく、でも紅茶。 グレープフルーツなんだけどグレープフルーツでもなく、でもやっぱりグレープフルーツ。 ・・・なんだか不思議な感じ。 でもおいしい。 ちょっとクセになりそう。
 お店の方にうかがいました。 使っている紅茶葉は何ですか?
 「ディンブラです。 ちょっと濃い目に淹れまして、100%ストレート果汁のグレープフルーツジュースを入れてます」
 なるほど、濃いめがポイントですね。 家でできるかわからないけれど。

posted by かしこん at 23:59| 兵庫 ☔| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

パスタとバスクチーズケーキ@FROMA

 先日の休みの日、映画を観に行くついでに外食。
 平日ランチはなかなかできないので、こういうタイミングで。
 どこに行こうか迷うけど、映画チケットで割引がきくところに。 神戸国際会館SOL地下二階、チーズレストランFROMA。 以前のランチタイムは「フレッシュチーズ食べ放題」をやっていましたが、営業再開後は「チーズ盛り合わせ」を提供しているとのこと。 今回は一人だし、チーズなしのパスタランチに、デザートにバスクチーズケーキをチョイス(映画チケット特典が「バスクチーズケーキ半額」でした)。

  20200722フロマ1ラグーパスタ.JPG 豚挽肉とごぼうのラグーパスタ
 挽肉すごい多い! キャベツの芽もしゃきしゃき。
 そして人に作ってもらうパスタ、すごく久し振り。 自分で作るやつは茹ですぎ(もしくは火を通しすぎ)なのだなと気づかされる・・・。 写真に入っておりませんが、これに食パンのかどっこがついてきます(このお店は食パン専門店ヨーキーズブランチの系列)。 残った挽肉とソースをパンでぬぐい取る。 パンはちょっと甘めです。
 最初は「パスタの量、少なくない?」と思ったけど、結構おなかがいっぱいになってきたぞ。

  20200722フロマ2バスクチーズケーキ.JPG バスクチーズケーキとミルクティー
 実はバスクチーズケーキ、食べるの初めてで。 初めて食べるのがコンビニ商品ではあれなので、ちゃんとしたところで食べようと心に誓ってからタイミングをはずして今に至る。
 上の焦げ目はカラメルなのかと思っていたが、違った。 ベイクドチーズケーキとどこが違うのだろうと思っていたけど・・・使われているチーズ量は多めなのだが口当たりは軽い。 甘さも控えめだしチーズの種類が違うとか? わー、ぺろりと食べちゃうよ〜。
 このお店ではこうらしい。 ではほかのお店では? やばい、バスクチーズケーキ沼にはまりそう。

posted by かしこん at 14:42| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

クッキー&クリームタルト@MotherMoonCafe

 七夕なのに雨か。
 あれ、去年もそんなこと思ったような。 一昨年だったかしら? 2・3年の区別がつかないです。
 続けようおひとり外食、本日はSOL(神戸国際会館)にあるMotherMoonCafeに。
 時間がちょっと遅めだったためか品切れのケーキもあったけど、その残っているケーキの中から悩みに悩んでクッキー&クリームのタルトを。

  20200707マザームーンカフェクッキー&クリーム2.JPG バニラアイス付き。
 お供はホットのミルクティーにしたけど・・・写真撮るのをまた忘れました。
 写真ではちょっとわかりにくいですが、タルト上の白黒の部分が、ホイップクリームにココアクッキーを粉砕したものが混ざったもの。 白砂糖がかかってるみたいに見えますが、食感はクリームです。 それに大きく割ったクッキーが刺さってる。 タルト台はココア地、フィリングはカスタードクリームベース。 ただ混ざっているクッキー片がすごく多いので、全体的に黒っぽい。 なのでバニラアイスと一緒にいただくのがいい感じ。 アイスもっとほしかったかも。
 またミルクティーがいい手助けを。 おいしい紅茶をさらにおいしく飲むにはお茶菓子を一緒に!、ですよ。
 でもイングリッシュブレックファスト系かと思ってたら(しばらく前に飲んだときはそうだった)、アールグレイでした。 いや、前は紅茶の種類を選ばせてくれてたような記憶が。 自粛休業以降、お店のオペレーションだけじゃなくメニューその他も変更を余儀なくされている、ということだろうか。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする