2021年01月20日

チロルチョコ ピスタチオ味!

 通り道のローソン(しかもちいさめ)で見つけられなかったので、大きめかつ人通りが多そうなところにあるローソンまで足を延ばしたら、あっさり発見できた、ローソン限定・チロルチョコピスタチオ味。

  20210120チロルチョコピスタチオ味.JPG 8個も買っちゃった!
 一個減っているのは食べたから・・・写真撮る前に食べちゃった。

 パッケージを剥けば、まず見た目は抹茶より薄い緑色の四角。
 断面を見ようとかじったら、ピスタチオのソース出てきて焦る!
 「ワッフルコーン入り」って書いてあったけど・・・ワッフルコーン味のチョコも入ってる?
 カリカリするのはワッフルコーンとピスタチオのかけら、かな?
 ピスタチオというか、ピスタチオのソフトクリームをイメージしたチロルチョコだったのかな?
 次はもうちょっと味を確認しながら食べます!

posted by かしこん at 23:59| 兵庫 ☀| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

ひとりで外食 @ ミオール神戸

 なんだか世間的には外食することが<悪>、<非難されること>っぽくなっていますが・・・それは「複数で」・「距離を取らず」・「飛沫を気にしない」のが問題であって、ひとりだったらよくないですか?
 そして家からバスや電車に乗ってわざわざ遠くに外食に、となればあれかもですが、仕事帰りの通り道で、とかだったらよくないですか? 勿論、手指消毒その他、気を付けます。
 というわけで昨日、仕事帰りにさんちかのジュンク堂で本を買ったら、なんかふらふらと誘われて(おなかがすいていたらしい)、同じくさんちかのミオール神戸に。 ここはちょっとしたイートインスペースがありますが、そのときは誰もいなくて・・・「イートインできますか?」と聞けば、「20時までですが」とのこと。 えっ、今何時?、と時間を見れば19時でした。
 オーダーとお会計はショーケースの前で。 ここはやっぱりショートケーキニューヨークカットだよね!
 「お好きなところへどうぞ」とのこと、一人だが4人掛け席に座っちゃえ!

  20210115ショートケーキニューヨークカット2.JPG そしてやってきたケーキは、やっぱりでっかいのです。
 スポンジ生地の間のクリーム層には、いちごがゴロゴロ入っているのです。 旬が近いせいか、いちごがすごく瑞々しい! 甘さはそれほどでもないけど、クリームも多いので甘みよりも瑞々しさのほうが必要。 サイズは大きいけど(アメリカサイズということか)、全体的に軽めの味わい。 ホットの紅茶(ダージリン入ってる?)とともにペロリと・・・以前はいけたのですが、今回はクリームが多く感じた・・・トシか、あたしもトシか?!
 とはいえ結局、きれいに食べましたけどね。 おいしかった!
 紅茶も飲み干し、滞在時間約20分。 ごちそうさまでした!

posted by かしこん at 16:45| 兵庫 ☔| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

芋けんぴ味!、の、ブラックサンダー

 朝、乗る電車まで少し時間があれば、コンビニに入ってしまいます(ホームに立っていると吹きっさらしになるから)。
 だから新作のスイーツやパンなど見てしまうんですが・・・これから仕事なのでめったに買いません。 気になったものは、帰ってきたときにあったら買ったりすることもあるけれど。 あと袋をくれなくなったから、カバンに入るかどうかも考えるし、レジでどれくらい時間をとってしまうかとかも考えるので・・・買うとしても一品・二品がいいところです。
 しかしその日は、「おっ!」っというものに出くわしたのです。 サイズ的にも、お値段的にも。

  20210106ブラックサンダー芋けんぴ味2.JPG 芋けんぴサンダー
 つまり、ブラックサンダー芋けんぴ味。 普通のブラックサンダーに芋けんぴが入ってます。 一個43円(税込)。

  20210106ブラックサンダー芋けんぴ味4.JPG 黄色いところ、ガチの芋けんぴ。
 すごく固い! 歯に自信のない方はガチッと噛むのはご遠慮ください的な。 一本丸ごと入っているとかではなく、カットされた芋けんぴが不規則に混ざっているので、どこをかじったら芋けんぴなのかよくわからず、でも一口目にはまず芋けんぴの味が! てことは意外に均等に混ざっているのか。 で、あとからブラックサンダーの味が追いかけてきます。 食べ終わりはブラックサンダーだけど、芋けんぴの香りは最後まで。 これ、あたたかいお茶・コーヒー系にどれも合う! 結構好きかも!
 多分期間限定品ですよね・・・今度、何個かまとめて買ってやるぜ!

posted by かしこん at 02:04| 兵庫 ☁| Comment(2) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

今年初の外食 @ MOTHERMOONCAFE

 昨日仕事はじめ、大した仕事もしてない感じなのになんだか疲れてしまいました。
 帰ってきてお風呂から出たら、右手の親指と人差し指をつないでるあたり部分の皮膚がゴワゴワに。 鱗のように皮がむけそうになっているというか・・・何日かぶりの手指消毒生活が戻ってきたからか?! ずっと家でぬくぬくとしていたから寒風にやられたか? あわててシアバター系を塗り、寝て起きたら鱗状のゴワゴワはなくなっていましたが・・・冷たい風と手指消毒の組み合わせはまだまだ続くので、ハンドクリーム的なものをちゃんと塗ろうと思いました。

 さて、今年初めての映画、それを観る前に食事、ということで、今年初の外食は神戸国際会館SOLのMOTHERMOONCAFEに。
 結局、映画チケットの割引もきく・映画館に近い・一人で入りやすい・このご時世的にはいろんな店に行くよりはいつも行ってるお店にしといたほうがいいんじゃないか、という選択です。 今のところ神戸市内は落ち着いてはいますが、いつどうなるかわからないですしね・・・。

  20210105マザームーンカフェ1蕪のスープ.JPG 蕪のスープ
 しまった、影が入り込む席に座っちゃった。
 スープはどのメニューにもついてくるのです。 蕪ってのが季節感。 いい感じのポタージュらしさ、出てます。 もっと飲みたい・・・。

  20210105マザームーンカフェ2冬のシェフズプレート.JPG 冬のシェフズプレート
 右手前はブリの大きな切り身、レア仕立て。 卵の黄身がのっかっているのは神戸牛ハンバーグを白菜でくるんだもの(黄身は崩して、ソースとしてからめる)。 真ん中のはミートソースとオレンジがブロッコリーとカリフラワーのソースになっている。 器入りなのがごま豆腐、これがいちばん和テイストに近かったかな。 奥はサラダ、パンとフォカッチャ付き。
 どれがメイン、という感じではなく(ブリの大きさはちょっとびっくりしたが)、いろんな種類が食べられるけど満腹とまではいかないこの感じ・・・ケーキを頼めということですね!

  20210105マザームーンカフェ3コラボ藻塩チーズケーキ.JPG ナッツと藻塩のチーズケーキ
 季節限定ケーキから、こってりベイクドチーズケーキ。 チーズが濃い、ほんのり塩味もそれを引き立てる。 タルト台は薄いけどしっかり、ナッツ類もいいバランス。 バニラアイス付きですが、これ、なくてもよかったかも。 ホットミルクティーを頼みましたが、平日夜でお客が少なかったためか、ティーポットにお湯なみなみ、ミルクピッチャーにもミルクなみなみでした。
 これはおいしい! このチーズケーキだけまた食べに来たい!

 飲食店のみなさま、このようなご時世ですが、おいしい食事その他を提供してくださって、本当にありがとうございます!

posted by かしこん at 04:42| 兵庫 ☁| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

ありし日の、オイスター&ティー

 新型コロナ陽性者の数が兵庫県内でも増えてきた。 神戸市とかだけじゃなく、むしろ郡部のほうで増えているのはまずいと思う。 医療の逼迫が心配・・・大阪アラートも赤になったし、またいろいろ制限がかかるかも・・・。
 そこで、ここまでの状況ではなかったときの、外食。

  20201121オイスターバー1.JPG 生牡蠣、半額!
 ミント神戸のガンボ&オイスターバーにて、生牡蠣半額キャンペーン中のとき(メニューから産地を選べた)。 それぞれにレモンを絞り、味の違いを堪能。 いちばん小さいのは福岡県糸島産の“みるくがき”で、小さくてもその味の濃さは北海道産のいちばん大きいやつに負けていなかった! あぁ、生牡蠣3個くらいなんて、ペロリだわ。

  20201121オイスターバー2.JPG 牡蠣と揚げ茄子のグラタン
 これはめちゃめちゃ熱かったし、思ったより量も多くて。 ホワイトソースには牡蠣の出汁が使われているのか、なんだかクラムチャウダーっぽい感じ。 マカロニも表面近いのは少し焼き目がついて固かったり、でも内側のはホワイトソースにまみれてトロトロだったりと食感も違い、真ん中あたりに忍ばされていたトマトソースも茄子と高相性。
 めちゃ身体あったまりますが、これを食べた日は今ほど寒くはなかったので、あたしは汗だくに・・・。 おいしかったです。

 その後、センター街ならびの紅茶専門店MUSICAへ。 細い階段を上がった二階。

  20201121ティーハウスムジカ1アフリカンジョイ.JPG “アフリカン・ジョイ”
 今年の三月、ケニア産紅茶の美味しさに目覚めたあたしはそれを探しましたが、このお店はほとんどがスリランカ産だった。 唯一あったのが、ケニア紅茶でオリジナルブレンドにしたというアフリカン・ジョイ。 それをいただきました。
 あ、あたしが思うケニア紅茶の特徴を備えているよ! これはおいしい。
 新型コロナ対策で、差し湯とミルクのおかわりは休止中とのこと。 濃くなる前に飲まなきゃ!(ポットサービスです)
 あわてなくてもぐんぐん飲めるおいしさでした。

posted by かしこん at 02:25| 兵庫 ☁| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

2020年、ロックダウンの隙間のジビエ @ Vis-a-Vis

 「ジビエ、到着しだしました」とご連絡いただき、ならばいつ行こう! なにを食べよう!、と盛り上がる神戸市中央区元町のフレンチ・<Vis-a-Vis>。 去年はなかった雉が今年は入ってきたという。 あたしは食べたことがない、だからそれだ!
 というわけでディナーに行ってきました。

  20201121ヴィザヴィ1野菜のマリネ.JPG 食前のお楽しみ:野菜のマリネ
 夏はピクルスでしたが、今回はあっさりマリネ。 しゃきしゃきとした歯触りが楽しい。

  20201121ヴィザヴィ2フォアグラのソテーポルト酒風味.JPG 前菜:フォアグラのソテー ポルト酒風味
 シェフのスペシャリテだということで、事前に変更依頼。 でも当日メニューを開いたらデフォルトの前菜が「ホロホロ鳥とフォアグラのリエット」だったので「しまったーっ!」となった(ホロホロ鳥のリエットも食べたかった・・・)。
 でもこれもおいしかったの。 なによりも最初に来るのは大根の香り。 根セロリのピュレもすごくおいしくて。 主役はフォアグラなんだろうけど、それぞれがまじりあうことで団体戦のおいしさが。

  20201121ヴィザヴィ3かぼちゃのクリームスープ.JPG キノコ入り かぼちゃの軽いクリームスープ
 表面に細かな泡。 スプーンを差し入れれば、思いのほか具沢山。 きのこがいっぱい。 きのこを食べ進めていけば、カボチャの切り身(?)が出てきました。 あー、なんだろう、このスープの滋味というか、やさしさは。 何かが突出しているわけではないんだけど、いつまででも飲んでいられるくらいの安定感。

  20201121ヴィザヴィ4軽い貝の煮込み.JPG いろいろな貝類のフリカッセ
 フリカッセは、軽い煮込み。 貝類は火を入れるタイミングがむずかしい!、って素人のあたしが言うのは当たり前だが(あたしはいつも火を入れすぎて失敗する)、絶妙なバランスですよ。 貝それぞれの特性、歯ごたえが楽しめました。 冬が近くなると貝は身に養分を蓄えるのね、おいしい。

  20201121ヴィザヴィ5キジのソテージビエ.JPG 本日のジビエ:雉
 「キジはクセがないですよ」とは聞いていたけど・・・ここまでとは。 肉のきめが細かく、繊細。 噛んでいるとじわじわとうまみが立ち上ってくるけど、あまりに普通で「雷鳥のクセの強さが恋しい! なんか物足りない!」と思ってしまったのです・・・しかし、内臓にびっくりするほどの苦みがあってびっくり(個体差であって、苦くないものもある)。 皮がものすごく薄くてぱりぱり、香ばしさはあるけど脂っぽさは一切なし。 骨に近づいてきたら、ものすごく力強い味に。 あぁ、胸肉からもも肉ってことか・・・食べ始めから食べ終わりまでの展開が広い! 物足りないとか思ってすみませんでした!

  20201121ヴィザヴィ6チョコレート風味のポットドクレーム.JPG チョコレート風味のポット・ド・クレーム
 付け合わせはソルベが多いけど、珍しくバニラアイスクリーム。 これも冬限定か・・・。
 チョコレート風味ってなんだろう、と一口。 おぉ、ほろほろとすごく軽い。 でもチョコっぽいけど・・・チョコじゃないな。 これはココアか、でもココアでもないな・・・どっちでもありどっちでもないみたいな・・・なんなんだろうこのバランス。 アイスのチョコソースと全然違うんだけど。 だから“チョコ風味”?
 あとでシェフに聞いたら「チョコとココア、半分ずつ使ってます」とのこと。 あえてなのね・・・気づけてよかったです。
 ヨーロッパ、フランスのロックダウンの影響で猟と輸送が止まり、今季のジビエは今届いているのでおしまいということになったそうです・・・早いうちにお願いしておいてよかった。 タイミングがよかったから食べられた、奇跡の雉だったのね。
 このあと紅茶とお茶菓子(いつも写真を撮り忘れる)をいただき、無事コース完走。 本日も大変おいしかったです。 ごちそうさまでした。
 ホロホロ鳥が終わらぬうちにまた来なければ・・・と決意。

posted by かしこん at 03:57| 兵庫 ☔| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月18日

渋皮栗のモンブラン @ MotherMoonCafe

 やっと秋だなぁ、と思っていたら急に寒くなり、そうかと思うとまた暑くなり、「わー、今日は上着いらなかった」と日々服装に失敗するあたし。 仕事場でずっとパソコンに向かっていると冷えるので、秋冬用インナーを着込むから(あたしはヒートテックよりもホットコット派)。 でもその日の仕事によっては移動があったり、いろいろ身体を動かす作業があったりで、「わー、暑い、汗が!」というときも。 中にサラリスト(夏用インナー)を着たほうがいのか、上着を持たないなら首に巻くものをしっかりしたやつにするか(かといって毛100%のマフラーだと絶対暑い)。
 11月ってまだこんなに寒くなかったっけ? まだ神戸の気候がわかりません。
 今日も服装に失敗、暑い。

  20201116渋皮モンブラン2.JPG 早い時間だからケーキ食べちゃえ。
 渋皮栗と胡桃のモンブラン。 あ、しまった、背のほうに栗の甘露煮とクルミが並んで乗っかっているのに、この角度ではわかりにくい!
 下はしっかりタルト台。 クリームは甘すぎず、どこから食べても栗の味。 数種類のナッツが歯ごたえを提供、タルト台とクリーム部分の境目にはカシスかな?のソースが酸味を。
 お供はホットのミルクティーで、バクバクと食べてしまいました。 紅茶はポットサービスで、ミルクもピッチャーなみなみなのに(優にカップ3杯分はあります)、ぐんぐんと飲み進み、初めて紅茶が足りないと思った。 なんでだろ、あたし、のどが渇いていたかな?
 MotherMoonCafeは感染対策にもちゃんと取り組んでいるし、あたしも一人利用なので行きやすいです。 時間帯によっては込んでいるのかもしれないけれど、あたしの行くときはそれほどでもないので余計そう感じるのかも。 ひとりで本を読んでいても何も言われないし、このご時世、長居を許されるというのはありがたい(それでもせいぜい一時間ぐらいですけどね)。

posted by かしこん at 02:06| 兵庫 ☀| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

衝撃の事実、発覚!

 火曜日の仕事帰り、「今日は映画に行くぞ!」と気合を入れていた。 今の映画館では食事禁止のところもあるので、映画館に行く前にごはんをすませよう!
 時計を確認し、一時間半以上余裕があるから、どこに食べに行くか電車の中で考えてて・・・今の気分は洋食! よし、<ぐらたんはうすぱん>に行こう! さんちかからセンター街地下に向けて歩き出す。 しかしお店は暗い。 あれ、定休日は月曜日のはずだけど・・・臨時休業かしら。 なんか紙が貼られているので近づいていくと・・・。

 「マスター(つまりシェフ)が骨折して、入院、手術をしなければならなくなりました。いつまでかかるかわかりませんので、お店はしばらく休業させていただきます」・・・的なことが書いてあって・・・えっ!、骨折!
 ちょうど仕事場でも転んだ勢いで足を骨折してしまった女性がいらっしゃって、その人が今日復帰したんだけど、かわいい杖をついててまだリハビリ中だという。 その人も手術をしないといけなくて、なんか4カ月ぐらい入院してたような気が。
 マスター、それで料理を作れるぐらいになるまでなら結構かかるのでは?!
 なんかすごくショック・・・。
 このお店で食べる気だったから、もうどこで何を食べたらいいのかわからない・・・。 センター街の地下のグルメ街をぐるぐる回る。 うどんとか揚げたて天ぷらもいいんだけど、なんかそういう感じじゃないの。 地上に出てまたぐるぐる歩くけど、「これだ」というお店に巡り合えず。 やはりショックを受けているのだろうか。
 そうこうしているうちに、時間が迫ってきた!

  20201027スープストック東京.JPG 結局、スープストック東京に流れ着く。
 目的地はシネ・リーブル神戸なので、近くにある大丸神戸店の地下のイートイン利用。 洋食、という本来の目的と同じカテゴリーになるからいいか。 オマールエビのビスク・石窯パン・アイスティーのセットで。
 15分ぐらいで、完食。 映画には余裕で、間に合いました。

posted by かしこん at 03:36| 兵庫 ☀| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

生牡蠣を食べます! @ガンボ&オイスターバー

 こんなご時世ではございますが、十月ですし生牡蠣を食べに行きませんか!、とお誘いあり。
 行きましょう!、体調は問題なし! 熱もなく咳も出ない。
 では、恒例のガンボ&オイスターバーへ!

  20201011ガンボ&オイスターバー2.JPG20201011ガンボ&オイスターバー1.JPG 国産生牡蠣8ピース×2を4人で。
 というわけで一人4ピースの生牡蠣、さらっと食べる。 真牡蠣はミネラル多めで比較的さらっと味がまとまっているが、北海道仙鳳趾産のが飛びぬけてミルキーかつミネラルが複雑な感じがした。 それぞれの素材の味を知りたいので、他にいろいろかけるものは準備されていますが、レモン汁で十分です。 4つだからな・・・何十個と食べるのならば、途中の味変もいいでしょうけど。
 コース料理だったが、次のメニューが出てくるのが無茶苦茶速かった・・・。

  20201011ガンボ&オイスターバー3.JPG ホットオイスター(素焼き・香草ガーリックバター焼き・カキフライ)
 カキフライは中がめちゃくちゃ熱いので、後回し。 火が入るとまた全然違う味になる。 小さくなって食べやすくなるし。
 その他、次々料理が出てきて、どんどん片付けねばテーブルの上に置くところがなくなる〜、とどんどん食べることに集中してしまったので、写真を撮れず・・・。
 おいしかったけど、<本日のパスタ>だけちょっと粉っぽかった・・・茹でが足りなかったのでは? 粉っぽいよりは、アルデンテじゃないほうがいいよ(ちょっと茹ですぎぐらいのほうが好き)。

posted by かしこん at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

カルピス(希釈用)、青リンゴ味。

 普段自分ではあまり買うことがないのですが、いただきもののカルピス(希釈用)を飲んでみて・・・それがなくなったら、ちょっと寂しくなった。 で、いざ自分で買ってみようかと思うと・・・「カルピスってそんなお値段だったっけ?!」とスーパーでびっくりしてしまった。
 いや、今の物価ではそう高くないのであろうが、198円とか178円とかで以前買ったことがあるもんで、定価がよくわからない。
 そんなある日、ご近所のスーパーで「本日限り」でカルピス各種が228円! 最近見た中では最も安値!
 「おひとり様3本まで」と制限もある。 このタイミングで買っとけ!

  カルピス青リンゴ味は18年ぶり(希釈用として)1.jpg “旬の青りんご”味。 明らかに季節限定。
 フルーツカルピスって結構好きなんですが、当たりはずれが激しいことがあって。 パイン味や巨峰味・マスカット味は好き。 オレンジ・ミカン系もいい。 メロンはこちらの体調の加減でおいしいときといまいちに感じるときがある。 イチゴはこちらの期待を上回ることがない。 まぁ、それも結構前の印象なので、毎年のように改良が加えられているのではないかと思う。

  カルピス青リンゴ味は18年ぶり(希釈用として).jpg こんなシールが貼ってる。
 カルピスソーダで<青リンゴ味>は見たことがある気がするけど、希釈用ボトルとしては18年ぶりの復活なのか。 いったい何があったのか・・・リンゴ味はインパクトに欠けたのだろうか。
 久し振りの登場、ということで青りんご味、買ってみました。
 香りは勿論、のど越しが、ちゃんと青りんご!
 ただあたしは規定量よりもはるかに薄くつくるので(カルピス1に対して、水10以上)、評価は一般的ではないかもしれないけど。
 でも、これでしばらく楽しめそう。 ホットカルピスが飲める時期が早く来るといいな・・・。

posted by かしこん at 02:12| 兵庫 ☔| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする