2011年02月01日

ろくでなし啄木@シアターBRAVA!

 ほんとは啄木の啄の字は違うんですけど・・・表記できないのでこれで。
 三谷幸喜生誕50周年記念スペシャル第一弾、『新選組!』の三人の顔合わせで送る三谷脚本初のエロティック・サスペンス!・・・だということを帰宅後にパンフレットを読んで知りました。

  ろくでなし啄木.jpg そうですね、ポスターからも無駄に色気が。

 啄木の記念碑の前で、20年振りに出会うトミ(吹石一恵)とテツ(中村勘太郎)。
 すっかり有名人になってしまった啄木(藤原竜也)だが、二人にとっては「はじめさん」であり「ピンちゃん」だった。 が、ある日を境に彼は二人の前から姿を消し、三人の微妙な関係と友情は終わりを告げた。 一体、あの日に何があったのか、トミはテツに問う。
 “一夜の出来事を、その場にいた三人それぞれの視点から振り返る”という『羅生門』形式なれど、同じことが繰り返されつつも解釈次第でずれが生じるあたり、あたしは『ノイズ・オフ』を連想してしまいました(そのあたりで笑いが起きるから余計に、ですかね)。
 石川啄木といえば『ローマ字日記』のせいで「実はいやなヤツ」というイメージが定着していたあたしですが、世間的にはあまりそうではないのか??? 『ローマ字日記』については終盤少し触れていたが、観客の受けはいまいちだった(ってことは知らないってことよね。 でも今品切れ重版未定だそうで・・・それはあたしがもうトシってことか?!)。
 冒頭のシーン、ちょっと年を食ったテツさん、喋り方や声が「中村勘九郎?!」って感じでびっくり(勿論、現・勘三郎ですが今より若い時の感じなので)。 またキャラクターが「深く考えてなさそうだが人のよさはとびきり、ふらふらしてそうだけど地に足が付いている」という感じなのでますます勘九郎さんにだぶります。  なんか勘太郎くんはまっすぐ生真面目くんというイメージなので・・・(いや、それが『新選組!』の平助から来てるってことは自分でもわかってますよ)、なんだか父親に露骨に比べられちゃう役でかわいそうな感じがしてしまった(って、比べてるのは誰なんだって話ですが)。
 そう、『新選組!』とは全く違う役柄を今回三人には与えられたのだと理解しますが・・・すみません、正直、期待したほどでは・・・。
 いや、三人はそれぞれがんばっていたと思うのですよ。 わざわざオープニングのために土砂降りの雨を降らせるのもすごいですし。 あえて伝統的な演劇的手法のセットも三谷脚本としては珍しい。 しかし、脚本が・・・どうも・・・あたしには「フツー」だったんですよ。 なんというか、心の響くものがなかったというか。
 あ、『ソーシャル・ネットワーク』観たあとだったからかな。 天才かもしれないけど人として未熟なヤツのそばにいるのは大変、ということでもあるから(けれど時がたてば「それもまた得がたき体験」と思えるようになるということなのか)。
 まぁ、“エロティック・サスペンス”だというのだから別に心に残らなくていいのかもしれません。
 吹石一恵嬢はなんかこのままいくと今の鈴木京香のようなポジションに進みそう・・・コメディエンヌの才能のある人を「お色気おねえさん」のイメージに押し込むの、やめてもらえませんかね!

 そして平日に18:30開演はつらい・・・。
 どんだけ長いのかと思えば、15分の休憩をはさんで終演予定時刻は21:15。
 19:00スタートでも22時前に終わるじゃん!
 これだけ納得がいかなかった。 なんで18:30スタートなの?

posted by かしこん at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・演劇・芸術・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

抜け穴の会議室 Room bQ@シアター・ドラマシティ

 Team申、初参戦です。 佐々木蔵之介主催の臨時ユニット、今回は大杉漣との二人芝居ということで「これはぜひ見なければ!」と思ったわけです。
 漣さんを舞台で見るの、初めてだ〜。
 『抜け穴の会議室』自体は以前仲村トオルとやったことがあるようで、一応再演の形ですが、見ていたらわかるけど共演者と佐々木蔵之介との年齢差により設定がかなり変わっている部分があることは明白(だから“Room bQ”なんだろう)。

  抜け穴の会議室時間割.JPG あら、意外に上演時間短いのね。
 ということは、ガチで二人喋りっぱなしということか・・・二人だけで2時間ごえはきついですよねぇ(そう思うと上川隆也&斎藤晴彦の『ウーマン・イン・ブラック』はすごかったのね・・・舞台転換に助けられた部分があるとしても、私の見た二人芝居でいちばんの超大作でした)。
 ステージ上は、得体の知れない岩壁に囲まれ、中央には渦巻が。
 あっ、不条理っぽい!、と不吉な予感。 SF方向に転んでくれればいいんだけどな、と祈る。
 それにしても客席は、「きゃー、蔵之介様!!」な空気が充満しており・・・『惑星ピスタチオ』時代のファン?と思しき方が子供と一緒に来ていたり、幅広く女性が多かったです(あたしのまわりでも佐々木蔵之介キライっていう人見たことないし・・・おそるべし、幸さま!)。 グッズ売り場は行列だし、京都の老舗・信三郎帆布とのコラボレーションカバン(出身が京都だから付き合いあり? 佐々木蔵之介デザイン&内側に直筆サイン入り)が飛ぶように売れている。
 パンフだけ買った自分がなんか申し訳ない感じになりました(パンフだけの人は別に売り場つくれば行列あんなに長くならなかっただろうに)。
 開演前の客席注意アナウンスは何故か豪華に市川亀治郎&仲村トオル(これまでにTeam申に参加した人が読まされるのが慣例らしい)。 そのコメントを聞いて・・・あたし、この10年くらい佐々木蔵之介の舞台を全部ではないけどそれなりに見てるような気がするんだけど(テレビドラマも結構見てるけど)、なんというか着実なる成長というか周囲に与える影響力というか、そういうものを感じてしまいました。 すごいなぁ、幸さま!

  抜け穴の会議室.jpg ポスターもちょっと不条理っぽいですよね。

 さて、本編ですが・・・予想したよりも不条理ではなかった。 というか全然、不条理じゃなかった。 お互い何もわからない状態、というスタートは映画『パンドラム』と同じですが舞台だとその必死感が息苦しいほどの緊張感にならないのが不思議(でもそれは舞台特有の空気感のせいかなぁと思う)。
 大杉漣さん、舞台で初めてなのにも関わらず初めてという気がしなかった。
 テレビ・映画でずっと見てきてるから? 演技スタイルが基本舞台だと感じてたから? 意外性はないけど、ものすごい安心感。 コントもいけるよ!
 是非、シティボーイズライブに出てほしい!
 あらすじを説明するとネタばれになってしまうのでできませんが、序盤からさりげなく積み重ねられたヒントの断片がつながっていく様子、しかもそれからその先が推測できるにもかかわらず“魅せて”しまう二人のぶつかり合いに引き込まれたあっという間の90分でした。
 なかなか笑えたし、シリアス部分はきっちり決まるので後半すすり泣きしてる人結構いたし(あたしは泣くところはなかったが)。
 物語の世界観としては新しいものはなかったけれど、「生きる」ということの肯定を強く打ち出しているのが印象的でした(それだけ命を大事にしない世の中だから、ということなんでしょうなぁ)。
 ただ、個人の過去やら特徴・個性やらを一切感じさせないための舞台衣装が佐々木蔵之介のスタイルのよさを殺していて残念・・・。 漣さんも長身のせいか、いつも感じる「背、高っ!」という驚きは今回なかったです。
 少人数のぶつかり合う芝居って、やっぱりいいなぁ、好きだわ、と実感しました。
 次は『ろくでなし啄木』(3人芝居)、『大人は、かく戦えり』(4人芝居)と続きます! 今年の演劇はスタート上々!
 心配は、『国民の映画』のチケットが獲れるかどうか、です。

posted by かしこん at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・演劇・芸術・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

今の私をカバンにつめて @ 大阪ビジネスパーク円形ホール

 普通に三谷幸喜の新作だと思ってチケットをとったら(生誕記念祭は来年ではなかったか?、と疑問にも思ったが)・・・「翻訳・上演台本」とな!
 なんかだまされた気分・・・まぁ、いいけど。 そしてあたしは劇場をIMPホールと勘違いしており、前日確認しておいてよかったよ(円形ホールの使用頻度はそれほど高くないし、ご存知の方はおわかりのようにIMPホール・円形ホール・シアターBRAVA!は極めて近い距離に位置する)。
 当日も「IMPのほうに行っちゃったよ〜」というお客さん結構いたので、そういう誤解はあたしだけではないと思われる。 使用頻度が低いのはこの劇場の特殊性故なのだが、青山円形劇場ほど特殊さをつきつめられていないので使いにくいのかなぁ、と思う。
 重ねられた木の椅子、奥にバンドセット。 舞台は開店前のジャズバーかナイトクラブといった雰囲気で、以前見た『ア・ラ・カルト』を思い出す。
 あたしは今回通路側の席だったのだが、横を通った人がめちゃめちゃ素敵なチェックのパンツをはいていたので「うわっ、それかっこいい!」と目で追ってしまったら、なんと出演者のギタリストさんだったのであった。 そう、開演ベルが鳴るわけでもなく、観客が席に着くのにまじって出演者の方々もこの店にやってきて、準備をするのだ(そして舞台は始まっているのに空気を読まず、堂々とゆったり自分の席を探す客もいる・・・さすが大阪? でもこれって難しいなぁ。遅れてくる客もいるし、板の上の世界:非日常・虚構と観客席:日常・現実との境目をどこで引くのか。 それが気になって、いまいち入り込めない自分がいた)。
 演出はG2だということで、納得。

  今の私をカバンにつめて.JPG ヘザーは長髪でした。

 その日は歌手のヘザー(戸田恵子)の誕生日。 夜に行われる彼女のショーに向けて、マネージャーのジョー(石黒賢)に見せるゲネプロという設定。
 これまでとはまったく違う新しい構成と選曲にしたいというヘザーの気持ちをジョーは受け入れられなくて、そんなにまで自分をさらけ出さなくったって、と言う。
 全然予備知識がなかったのでほんとにびっくりしてしまったのですが・・・これ、ミュージカルでした。 ショーのリハーサル、という形なのでいわゆるミュージカルとはちょっと違うけど(歌うことに理由と必然性があるという『オケピ!』タイプです)、歌がヘザーの心情とリアルにリンクするものなので。
 ただ、更に振りがついたりもするので、あたしのミュージカル苦手な気持ちが刺激される展開になっております。
 ♪ 歌がすべてなの 生きるあかしなの ♪、と冒頭から歌われるので・・・え、そんなこと言われても、それはあなたの気持ちであってあたしの気持ちじゃないんだけどなぁ、と引き気味になってしまったのは、やはり舞台と客席との境界が曖昧だったからだろうか(そしてお客は歌が終わったときに拍手していいのかどうか戸惑っておりました。 あたしは最後まで拍手はしない、だってこのナイトクラブには今客はいないのだから、と割り切りましたが)。 みなさんの衣装や演奏される音楽がいかにも70年代そのもの、というのもちょっと微妙に古いなぁ、と思わされたり。
 話が進むにつれてそもそも時代設定が70年代だとわかるのだが(オリジナルの初演は1978年だそうです)、ジョーの「自分がやりたいことよりお客さんが望むもの」・「自分の持ち歌を大事にしない歌手はダメだよ」的な台詞に同意。 そのあたりの命題はアーティストにとって宿命みたいなもんですけどね、でもジョーの言うことにも一理ありなんです(そのあたり、ヘザーVS.ジョーみたいな単純な対立構造になっていないのでよいです)。
 時代的なことを考えれば「社会的な女性の自立」のための物語なんですが・・・ヘザーの自分探しでもあり、気持ちはわかるんだけどなんか違和感、となってしまうのは、あたしがそれなりにフェミニズムの恩恵を受けて生きてこれたということなのでしょうか。 「時代が違う」という感じがすごくした。
 なんというんでしょうね、「誕生日、これまでの自分を脱ぎ捨てて新しい私に生まれ変わる!」みたいなことに、あたしは同意・共感できなくなっていました。
 今の自分は過去の自分と地続きなのだけれど、一瞬一瞬で別の人間のようなときもあると感じるようになってしまったからでしょうか。 自分さがしなんて悠長なことをしてられなかった世代ということもあるでしょうか。
 とりあえず、「なんか古いぞ」という気持ちは拭いきれませんでした。

 勿論、面白くなかったということではないのですが・・・台本はかなり意訳・口語訳されており十分笑えるようになってますし、笑えました。 現代でも自由に生きようとする女性を脅威に感じる男性はいるし、夫婦間の駆け引きのようなものも当時と同様にあるところもあるでしょう。 50代以上と思しき観客の笑い声がものすごかったです。 うーむ、やはり70年代に青春を過ごした人がいちばん楽しめるのかなぁ。
 最後にもまた♪歌がすべてなの〜♪が歌われる。 ヘザーの半生を見てきたあとではその歌詞の重みがわかってじーんとする。 やはりあたしはこれを見るにはまだ若いのか?(もしくは人生経験が乏しいか)
 “I'M GETTING MY ACT TOGETHER AND TAKING IT ON MY ROAD”を「今の私をカバンにつめて」としたセンスはとても素敵。 そのカバンを持ってヘザーは旅立つのでしょうね。
 小さい劇場故、比較的間近で見た戸田恵子さんに「わ、美人! 顔、ちぃっちゃい!腕、細い! 肌、きれい!」といちいち感嘆。 ヘザーはすごくやりたかった役だそうなのでその思い入れもあってか、内側からの輝きが半端ない。 話し声だけじゃなく歌声の幅広さも見せてくれます。 その情熱に押されてか、石黒賢は数回台詞がしっかり言えてないところがあったりしましたが誠実ないい人オーラが漂っており、あぁやっぱりいい人なんだろうなぁと強く感じたり。 
 二人のコーラスガール、うまいなぁとぼーっとしていたら、カーテンコールのメンバー紹介で入江加奈子と麻生かほ里とわかってびびる(そりゃうまいわけだよ、主役やるだけの力のある人たちだもの)。 バンドマンの割に芸達者だなと思ったらそれはパニクルーの人だったりとどんだけ下調べしてないねん!
 つまり、それだけの人が脇を固める方向にまわる、ということで、この世界における戸田恵子の立ち位置というかリスペクトされまくりぶりがわかってしまうわけで・・・やはりすごいものを見たのかもしれない。
 上演時間は2時間弱。 度重なるアンコールに何度も呼び出され、みなさんげんなりされてた模様。
 すみませんでした。

  大阪城夜景.JPG 帰る頃にもまだ大阪城のライトアップは終わっていなかった。
 思ったよりも早く帰れたなぁ。 というか『ワルシャワの鼻』が長すぎたのだ、これで、普通である。

posted by かしこん at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・演劇・芸術・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

キサラギ @ シアター・ドラマシティ

 久し振りに舞台を観に行く。
 『キサラギ』は映画観たからなぁ、舞台になってもなぁ、松岡充のファンじゃないし、と初演はあっさりスルーしましたが、再演の今回、浅利陽介くんが加入というじゃないですか! 彼を舞台で見たいなぁ、という気持ちにより見に行ってみることに。
 というか、時期が10月なのがやばいんですよ(10月であることを言い訳にあたしはなんでもOKを出してしまうので)。

  キサラギ上演時間.JPG 普通の上演時間ですね。
 アイドル・如月ミキが不慮の死を遂げて一年後、ファンサイト常連の5人が初めて顔を合わせて一周忌の追悼行事を開こうと集まる。 しかしそこでわかるのは驚くべき人間関係と如月ミキの死の真相・・・。
 というわけで配役は、
   家 元   ・・・ 松岡充   (映画では小栗旬)
   スネーク  ・・・ 浅利陽介  (映画では小出恵介)
   安 男   ・・・ 碓井将大  (映画では塚地武雅)
   イチゴ娘  ・・・ 中山祐一郎  (映画では香川照之)
   オダ・ユージ ・・・ 今村ねずみ  (映画ではユースケ・サンタマリア)

  キサラギポスター2.JPG 外のポスター撮りました。
 え、松岡充ってSOPHIAだよね?、とちょっと確認したくなってしまうほど家元さんは壊れ気味でした(ただ、台詞の言い回しがちょっとユースケとかぶる部分があり、「あれ、今の、オダ・ユージ?」と混乱することもあり)。 でもなんか、普通に舞台で生きていけそうな感じになっているのでびっくりしました(なんかロックミュージカルに出てたよなぁ、という記憶はあれど、こんなにいろいろ場数踏んでるとは知らなかったですよ・・・仮面ライダーもやってたのかい)。
 浅利陽介くんは見事な腹式呼吸で、すべてにおいて「基本が全部できている!」と驚かされ。 ただ若干まだ枠の中におさまっている感があるので、これからそれを壊していただきたいなぁ、と。 いい演出家に出会ってほしいよ。
 今村ねずみさんはさすがザ・コンボイだけあっていちいち動作が美しい。 ラストのダンスもすべて行き届いていてピタッときまるけど余裕綽々な感じ。 うわっ、こんなかっこいい人だったんだ、とビビります。
 基本的に話は映画と同じなので、「あー、そうだった」とどんどん思い出していくわけですが、舞台用の台本はリライトされているため、映画は面白かったんだけどちょっと感じた「いやな気持ち」がこの舞台ではあまり感じられなくて、なんかよかった。 映画のなにが嫌な感じなのかを説明するのは難しいのだが・・・身も蓋もなさというか後味の悪さというか。 勿論舞台版にもその要素はあるのだが、それでも希望や救いのようなものが強くあるから。
 意外にも、結構満足しました。

 カーテンコールのあとには松岡くんご挨拶もあり、何度アンコールしてもお辞儀だけで終わってしまうことの多い最近の舞台には珍しく、稽古中のこととか昼の部のあと「ねずみにいさん」(と呼ばれていた)が551の豚まんを差し入れてくれてみんなで食べたため、夜の部の舞台上はみながセリフを言えば言うほど豚まんのにおいが充満してたとか、いろいろ男気あふれる5人の関係が垣間見られて面白かったです(前日夜は松岡くんがお寿司をみんなにおごったらしい。 そうか彼は座長でもあるんだね)。 いろいろそれぞれがリアクションをとる中、浅利くんだけはただにこにこ笑っていた・・・松岡くんから「大丈夫、浅利くんは一言も喋らなくていいよ」と言われちゃうし、もしや緊張しーなのか? 台詞ならいくらでも喋れるが、いざ素の自分で出ろと言われたら困ってしまうタイプか?
 いいぞ、役者バカ!
 とはいえ若い二人がホームシックになったことに驚いた中山さんの「家に帰りたいって思うことがあるんだね。 ていうかそういう理由もあるんだ」には大笑い。
 「僕らはもう薄汚れた大人ですよ」と3人が肩を組む。 そこには立派なチーム感が。 ねずみさんは一番年上であろうに、他の4人をそれぞれ尊重してるのが見えるのですごく素敵だと思った(大人の姿を見ましたよ)。
 やっぱ、舞台を経験するってすごいものを個人に与えるし、だからこそ共に取り組んだ者たちの間には特別な感情が生まれるんだなぁ。
 あたしが演劇を好きな理由の原点みたいなもの、思い出させてもらった感じ。
 なんだかちょっとハッピーな気持ちになって、帰途についた。

posted by かしこん at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・演劇・芸術・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする