2015年12月05日

25/ADELE

 CDもしばらく遠ざかってしまうとまったく買わなくなってしまうのだが(普段の習慣から“音楽を聴く”という行為がなくなるわけではないのだが、時間が結果的に減ってくる)、先日の“COOL UNCLE”以来、またちょこちょこ見るようになった。
 そしたらば、アデルがニューアルバムを出すと!
 そりゃ、聴きますよね。
 あたしはボーナストラック3曲つきの日本盤を購入。

  アデル25.jpg やはりというかさすがにというか、“Skyfall”は収録されていません。

 一聴して・・・「なんか今回、キラーチューンがない感じ?」と思う。
 それだけ、彼女のヴォーカル力を重視したつくりというか、ストイックなまでに<歌>を届ける、というコンセプトなのかと。
 しかし繰り返し聴いているうちに、じわじわと<曲の力>も浸透してくる。
 一曲目“HELLO”がアルバムからのファーストシングルのようですが、最初地味かと思ったのに、今では確かにこのアルバムの代表曲のように感じますよ。
 前作『21』のジャンルミックスの綺羅星のごとき名曲揃い、そして“Skyfall”と頂点を極めたあと、と思うと若干の物足りなさのようなものがないわけではないのですが、あえてスタンダードに立ち戻ったのではないかと。 あたし自身がソウルやR&B系が好きなのでそっち寄りの曲が多かった『21』が好きなのは当たり前なのですが、それでも歌のうまさはジャンルを超えてしまうな、と脱帽するしかないわけで。
 特に8曲目〜10曲目、“LOVE IN THE DARK”“MILLION YEARS AGO”“ALLI ASK”とテンポの違うバラードのなだれ込みには胸熱です。

 とりあえず、“HELLO”を聴いてみてください。
 そのパワーに、圧倒されますよ。

ラベル:洋楽
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

ついでに他のアルバムも

 先日、『COOL UNCLE』のアルバムを買ったことをご報告しましたが、実は一緒に他のアルバムも注文していたのでした。 でもなかなかじっくり聴く時間が・・・家の中でディスクマン(「イマドキ!」とか言わないでくださいね・・・)を持ち歩いて聴いてみたりして。
 ちなみにUSBメモリ型のウォークマンを持ってはいるのですが、バッテリーがなくなってきました。 交換してもらうために修理に出すか、新しいのを買うか迷っています(だって楽曲管理システムがもう古いから、新しいのにそのまま移管できるかどうかわからないし、いまのところウォークマンなしでも日常生活に支障がないから)。 ちなみにディスクマン(というか、ポータブルCDプレーヤーですね、つまり)はあたしが神戸に引っ越してきたときに実家に巨大ステレオセットを置いてきたので、とりあえずCDを聴くために買ったものですが、いまも現役です。

  マルーン5ベスト.jpg SINGLES/MAROON5
 マルーン5のアルバムをあたしは全部持っているというのに、何故ベスト盤も買ってしまうのでしょうか・・・。 それは、「曲順が違うとまた印象が変わるから」というのと、新しいものほどマスタリング技術が上がって音がよくなっているかもしれないという期待でしょうか(その細かい違いをあたしが聴き取れるのかどうか、というのはまた別の話)。
 日本盤を購入(しかも初回限定低価格盤)、全14曲ですが、これまでのキャリアのベストで14曲でまとまるの?、という感じですが、意外とまとまるもんですね〜。
 でも個人的には、“HARDER TO BREATHE”が何故入っていない!、という憤りもあったりするのですが、意外にも最初拒否反応を起こしかけた4作目『オーヴァーエクスプローズド』からの曲がすんなりベスト盤に馴染んでいて、実は彼らのキャリアは変節なくまっすぐに来ていることが図らずも証明されてしまったようで。
 しかし日本ではとても人気がある曲“SUNDAY MORNING”がボーナストラック扱いなのが、本国リスナーとのツボの違いを感じさせます(日本ではファーストアルバムがいちばんいい!、という人、いっぱいいるしね)。

  ハーツ−サレンダー.jpg SURRENDER/HURTS
 イギリスのエレクトロ・ポップ・デュオ、ハーツの3枚目のオリジナルアルバム。
 1枚目はヘビーローテーション、2枚目は(当時まだ無事だった)ウォークマンでよく聴いてました。 どこか耽美的ともいえる退廃をまとったエレクトロ、というのが大変あたしのツボで。
 しかし今回のこのジャケット、一体どうした! ピンクじゃないか! これまではグレー系やブラックだったのに!
 ジャケットの変化は内容とも関係してました。 退廃美はすっかり身を潜め、どこか多幸感すら漂わせる明るさが。 あ、これはコーラスを多用しているせいか、と何回か聴いて気づく。
 でも相変わらずメロディーは美しいのでした。
 先の見えない世界だからこそ、音楽は明るく美しく?
 彼らがそんなふうに考えてつくったかどうかはわからないけど、あたしはそんなふうに感じてしまいましたよ。

ラベル:洋楽
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

COOL UNCLE/Bobby Caldwell & Jack Splash

 タワーレコードからの告知メールで、<ボビー・コールドウェル、新ユニット起動!>という文を見たのはいつのことだったであろうか。 8月末か9月頭ぐらいだったか。 「あぁ、だから今年のツアーは早かったのか」と納得したのでした。
 ちょうどポイント10倍キャンペーン時期だったからそのまま予約して・・・そしたらば発売日が当たり前のように延期になって、「うっ、以前のリチャード・マークスみたいなことになるのか」と一瞬冷や汗をかいたものの、ボビー・コールドウェルにとっては日本は大事なマーケット。 そんなことにはなるまいと自分に言い聞かせながら、それでもちょっとドキドキしながら待っていたら、新たな発売日(11月11日)前日に届きました。

  クールアンクル.jpg COOL UNCLE/Bobby Caldwell & Jack Splash

 “かっこいいおじさん”ということでいいのでしょうか? 地味なジャケットも「内容で勝負」という気持ちのあらわれかと。
 ジャック・スプラッシュはグラミー受賞歴のあるプロデューサーだけど、お得意ジャンルはHIPHOPやそっち寄りのR&Bという印象。
 まぁ、ボビーも“キング・オブ・AOR”と呼ばれていますが(ていうかそれいつから? ちょっと前まで“ミスターAOR”だったのでは?)、R&Bやブルー・アイド・ソウルの要素も十分の人だからミスマッチということはないでしょうけど・・・パッケージを開ける前からトラック一覧に並ぶ feat. の多さにいささかひるむ。
 ボビーのヴォーカルが少なかったらどうしよう!
 イントロは拍手の音とライヴの始まりを告げるような呼び込みの声。 あ、ライヴ盤的な構成なんだ。 だからバックを務めている人たちがちょこちょこ表に出てきて脚光を浴びる場面もあるけど、主役はあくまでボビー・コールドウェルである、という流れか!
 でも一曲目、なかなかボビーが現れないのでドキドキ。 メイヤー・ホーソーンばっかり歌ってるじゃないか!、と思っていたらいちばんの中サビあたりから余裕の登場で、一気に彼の世界になりました。
 とはいえホーンセクションを従えつつもビートは打ち込みという従来にはないアプローチはソロ名義ではなく新ユニットとした意義であろう。 デュエット曲は前からあったけど、そこにラップが絡むのも新しい。 まさにボビーっぽいミディアムテンポの曲もギターにゆがんだエフェクトがかかっていたりといたるところに仕掛けが。
 おぉ、かっこいいじゃないか!
 それにしても声が変わらないなこの人は・・・いったいいくつなのだろう。
 <来日公演決定! 2015年12月21日 ビルボードライブ大阪>というシールが貼ってあったので、よし今度こそ!、と調べたら・・・びっくりするお値段(目玉が飛び出るとはまさにこのことだ)。 どうもクリスマスディナーつきみたいです・・・ライヴだけでいいので、もっと安くしてもらえませんか! ← 切実なお願い。

ラベル:洋楽
posted by かしこん at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

A QUIEN QUIERA ESCUCHAR/RICKY MARTIN



 最近、本の買いこぼしが少なくなってきてよかったなぁ、と思っていたのも束の間、



すっかり音楽方面がお留守になっていました。



 実は『はじまりのうた』のサントラを買ったときに一緒に見つけて買っていたのですが、



なかなかじっくり聴く時間的余裕がなく・・・。 聴きはじめるとどんどん聴くのですがね



(『はじまりのうた』のサントラをずっと聴いていた、というせいもあるけど)。



 なんと、リッキー・マーティンが新譜を!



   当然、デラックス・エディションを買いますよね。



 全曲スペイン語の、本来のリッキーの立ち位置の延長路線の本作、さすが「ラテンの



貴公子」の本領発揮!



 英語以上にスペイン語の意味はよくわかりませんが・・・それでも彼の声に込められた



感情は伝わる気がする。 しかも更に歌がうまくなっているというか、なんだか穏やかで



やわらかくなっている感じ。 これをもしかして“円熟”と呼ぶのか?



 家庭を持って子育て中、という影響もあるのでしょうか・・・彼のプライベートが充実した



結果、いいものを届けてくれればこちらとしては何の問題もないのですが・・・どうして



ジョージ・マイケル的ヒゲ面・・・つるんとしたきれいな肌を露出していた時期はやはり



無理をしていたのかしら? ゲイを公言したことで自由になった結果がその姿だというの



なら、<ジョージ・マイケル的ヒゲ面>にはある種のアイデンティファイがあるのかしら。



 ちょっと気になります(他にもそういう人いるから)。



 ま、歌を聴く分には関係ないのですが、ビジュアル的にはつるんとしていたときのほうが



好きだったかなぁ、という個人的な嗜好でございました。



 思わず踊りたくなるラテンのアップテンポから聴かせるバラッド、ちょっとポップを意識して



くれたようなミディアムテンポまで色とりどりの楽曲揃い。 ホーンセクションは冴えてるし、



安定感あふれるヴォーカル。 どこをとっても文句なし!



 ただ輸入盤なので(しかもスペイン語だから)歌詞の意味がわからない・・・日本盤が



出たのはあたしが買ってから数カ月後で、日本盤出すなら出すという情報を先に出して



もらいたい!



 ま、意味がわからなくても勝手に自分でイメージして聴いてますけども(これまでの彼の



スペイン語曲を聴いてきたおかげで、単語の意味ならいくつかわかるようになってきてるし)。





 それにしても今日の昼過ぎからの雨はすごかった・・・仕事からの帰りはもうびっしょり。



歩いている時間は大したことないのに。 来ていた服は、即洗濯機に放り込まれました。


posted by かしこん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

忘れていたものが、届く。

 週の真ん中の祝日、ぼんやりダラダラしていたら、黒いネコが熱帯雨林からの荷物を運んできた。 ん?、何か頼んだっけ?、と封を開けて・・・思い出す。
 そういえば、だいぶ前に予約をしていたような。

  アンソロジー SLTベスト.jpg Anthology(完全初回生産限定盤)/SING LIKE TALKING

 オールタイムベストが出る、というのをたまたま密林で見つけて、多分そのまま予約しちゃったんだろうな(夜中〜朝方にやっているので記憶が曖昧)。 なんでアルバムなのに横長なの?、とはぼんやり思っていたけれど・・・届いて判明。
 CD5枚組+DVD1枚のBOXセット仕様!
 SING LIKE TALKING(以下、SLTとする)は、同郷であるのがきっかけで聴きはじめたのだが(高校にいた数学の先生が、彼らに以前教えていたとか、微妙にローカルなレベルである)、音楽的にも結構好きだったというか、特に洋楽の様々なジャンルへのリスペクトを消化・昇華していくテクニカルな部分と、若干言葉足らずにも思える行間の広い歌詞が好みだったのでした。 ライブにも結構行っていました。
 でも2000年代になってからコンスタントにアルバムを出さなくなったというか・・・あたし自身もいろいろあっていそがしくなり、まめにチェックもできてなかったんですよね。 それでも2011年リリースの“Empowerment”は入手しましたし、それなりに盛り上がって聴きましたですよ。
 ファンクラブには入っていないし、めちゃめちゃ大ファンというわけではないにしろそれなりに聴いているという自負はあるあたしですが、一枚目の曲順を見てその自負も消えうせる。 いきなり3曲も知らない曲が続いている・・・がっくり(しかしブックレットを読んで、それが新曲だとわかったわけですが)。
 SHM−CD仕様、これ用に新たにリマスタリング、ということで音はすごくよいです。
 そしてとても懐かしい・・・歌詞カード見ないでも歌えるよ、おい。
 だけど5枚組(全77曲!)、通して聴くのは週末までおあずけです。

ラベル:邦楽
posted by かしこん at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

ジャージー・ボーイズ@サントラ



 今年はもうCDは買わないかな〜、と思ったけど、気になっていた一枚が。



 映画『ジャージー・ボーイズ』のサウンドトラック。



 映画で使われた曲、全部入ってるんだろうな!、と日本盤のスリップを見たら、映画で



フランキー・ヴァリを演じていたジョン・ロイド・ヤングと、フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・



シーズンズの名前が混ざっている。 えっ、映画(もしくはミュージカル)版と、本物の



人たちの曲が両方入っているの?



   輸入盤もありましたが、そうなったら

            解説がないとお手上げなので日本盤を購入。



 しかも解説を書いているのは萩原健太ですよ。 信用できそうです。



 で、聴いてみるのだが・・・なんか、映画のときとちょっと違う気がする・・・記憶で美化



されたかしら。 でも明らかにアレンジが違う曲もあるし、映画のメンバーとオリジナル



メンバーが一曲の中で共演(?)したりもしてるし。



 ただ、本物のザ・フォー・シーズンズを聴いたのが初めてなので・・・多分、時代的には



オリジナル音源はモノラルなのかもしれないけれど、フランキー・ヴァリの伸びのある



高音は今聴いてもなかなかの衝撃。



 そりゃ、当時センセーションを巻き起こしただろうな〜。



 でも4人揃ったコーラスワークとハーモニーも素晴らしい。



 ・・・売れてしまって身を持ち崩す、という悲劇が、今後繰り返されないことを祈りたくなる。



 まだ2回しか通して聴いていませんが、こういうオールディーズな雰囲気もよいなぁ、と



しみじみ。



 でも、映画のままで収録してほしかった部分も・・・ジレンマです。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

No Sound Without Silence/The Script

 気がついたら、ザ・スクリプトの新作が出てました。
 勿論、輸入盤。 1st.のときの熱狂ぶりというか(いろんなFM局でパワープレイされていたりとか)、しっかり低価格日本盤が出ていたことが懐かしい。

  ザスクリプト05.jpg これで4枚目ですかね。

 イギリスのバンド。 ファーストアルバムが出たのが2008年だから、洋楽アーティストとしては比較的コンスタントにリリースしてくれている感じか。
 ジャンルとしてはポップス&ロックでしょうか。 ファーストではメンバーの好きな・影響を受けたアーティストの踏襲がストレートに出てましたが、2枚目からは昇華に変わり、これもその延長線上のような感じが。 ミディアムテンポの曲がほとんどで、ラップもほぼ姿を消し、“言葉数の多い歌詞”のレベルに落ち着いたようだ。 でもミディアムテンポの曲で人を心地よくさせるのは結構難しいのに(一歩間違うと同じような曲ばかりに聴こえてしまう)、かなり頑張っているといえると思う。
 流行り廃りに関係ない、自分たちの音楽を目指しているように感じるから。
 美しいメロディ、個性的だが正統派のヴォーカル、哲学的要素を含む歌詞。 このあたりがあたしが好きになる・聴き続けるポイントのようです。
 音楽を聴く習慣を少し忘れてたけど(PCでWOWOWメンバーズオンデマンドでドラマや映画をBGM代わりにしていた)、ちゃんとプレーヤーにかけてイヤフォンをして、聴くのはやっぱりいいな。

ラベル:洋楽
posted by かしこん at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

V/Maroon5

 やっと封を切って、CDプレーヤーにかける。
 国内盤が出るときは初回限定版(特典DVD付き)のほうを買っていましたが、DVD見てないじゃん・・・(というかなかなか見る余裕がなくてね)、そこまでメンバーのファンだってわけじゃないじゃん、ということで、今回は<初回限定生産 低価格版>を購入。
 とはいえ¥2,200+TAXなので、言うほど低価格ではないのでは・・・。

  マルーン5−X.jpg タイトルは『ヴィ』ではなく『ファイヴ』
   アルバム5枚目の意?

 前作『Overexposed』が、やはりちょっと行き過ぎ?、という評価だったのでしょうか。
 今回も路線は同方向ながら全体的に抑えられているというか、まとまっているというか。 ダンサブルなポップチューンで統一しました感が強いような。
 もう、“マルーン5”というバンドにはすっかりブランド価値がついてしまい(ヴォーカルの安定性はかなり優れておりますし)、「なに出しても売れる」という日本におけるある時期のミスチル状態なのかしら。
 これはこれで楽しい。 とても楽しい。
 でも、1st.や2nd.にあったR&Bとポップスの華麗なる融合、エヴァ―グリーン的名曲路線を期待するとちょっと肩すかしというか、残念というか。 アルバム通して聴くとあっという間に終わってしまうほどそのノリは素晴らしいんだけど、ジャケット裏をしっかり見ていないと「どれがどの曲?」と一曲一曲としての印象が弱いかも。
 また繰り返し聴くと感じが変わるかもしれませんが・・・。
 そうなったらまた、付け加えて書きます。

ラベル:洋楽
posted by かしこん at 08:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

今、そこにある明滅と群生/高橋優

 先日、キリンジの『11』と一緒に買ったんですが・・・こっちのほうが聴くのがあとになってしまいました。
 まだいささか体調が本調子ではないので、薬をのんでおこう → そのためには何かちょっと食べなければ、のサイクルを何度か繰り返していたら、ところどころで意識消失・・・。 終戦記念日なのに、黙祷するタイミングを逃した。 なんだかすみません。

  高橋優 今そこにある.jpg 高橋優くん、メジャー4thアルバム。

 「今思ったことを今歌う、リアルタイムシンガーソングライター高橋優」、というメジャーデビュー時のキャッチフレーズが2枚目・3枚目のアルバムでは1枚目と比べて少々弱まったかな?、と思ったりもしていましたが・・・今回、まさに原点回帰的というか、ファーストアルバムからさらにパワーアップ!
 なるほど、<平成の大名盤なり!>というコピーに偽りはないかも。
 ドラマの主題歌になってしまって「大丈夫?!」と思わされた『太陽と花』も、実はフルコーラス聴いたらドラマ(上野樹里主演『アリスの棘』)のテーマとしっかり合致していたことに感銘を受けたり。 なんでドラマではフルコーラス使ってもらえなかったんだろう?
 でも、順調にタイアップ曲が増えるということは、評価も高まってきたということであろうし、商業的にも多少楽になるであろうから、こんなペースでがんばってほしいかな。
 ただ微妙に心配なのは・・・あたしやそれ以上の年齢の方が彼を褒めるのはよく聞くんだけど、彼と同世代、もしくはもっと若い世代の方々は彼の音楽をどう思っているのだろう。
 『ほんとのきもち』の頃は若いファンのほうが多かったイメージはあるんだけど。
 幅広い年代に支持されてこそ本物、という気がするし・・・ちょっと調べてみようかなぁ。

ラベル:邦楽
posted by かしこん at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

11/キリンジ

 “新生キリンジ 第一弾!”とコピーはついているけど、タイトルは『11』
 11枚目だから、ということでしょうか(前作は『ten』)。 これは兄弟デュオで弟が脱退しても、アーティスト・キリンジとしては変わらないですよ、という宣言なのか。

  キリンジ11.jpg でも人数増えてるし!

 ライヴではすでに最初の頃からバンド体制でしたが・・・“新生キリンジ”はもうバンドとしてやっていく模様。 コトリンゴとか、すでにソロでやっている人もメンバーに。 えーっと、これは、「いとうせいこうが“口ロロ”のメンバーになる」みたいな?
 ドキドキしながらスタートボタン。
 一曲目“進水式”は「あ、キリンジだ!」となんだかすごくほっとする曲。
 高音質CDでの制作、ということもありますが、とても音作りが緻密。
 全曲、作詞・作曲は堀込高樹なのでそのあたりは大きく変わるわけじゃないんだよな。 人数が増えてコーラスワークの厚みを増やすことで、これまであった兄弟ならではの<違う声なんだけど、本質的には似ている二つの声によるハーモニー>を補っているような。
 途中から違う人にリードヴォーカルを取ったりされると「ん?」と思ったりしてしまうけど・・・これも含めて新しいキリンジなんだな、と受け入れようというか、受け入れないといけないんだな、というか・・・そんな気になりました(変化を受け入れにくくなっている自分に気づかされる、みたいな)。 だって、全体的にとても質が高く、隙のない出来なのですもの。
 でも、ちょっと悔しいというか、さびしいというか、複雑な心境があるわけで。
 それにしても・・・高樹氏と泰行氏は結構声が違うと思っていたけど、弟の泰行氏がいなくなってみると、実は結構ある高さではすごく声が似てるんだな、と、今頃気づく(お互い、得意とする音域が違っていたからであろう)。 泰行氏のソロプロジェクト<馬の骨>では気づかなかったポイント。
 こうなったら、泰行氏も早く帰ってきて!

ラベル:邦楽
posted by かしこん at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする