2015年07月13日

本を読む、とは



 先日、仕事がらみで、<読書する人・しない人>というワークショップに参加した。



 そのミーティングの主旨としては、読まない人にいかに本を読んでもらうか、どうすれば



興味を持ってもらえるのか。 本を読んではいない人でも心の中では読みたい気持ちは



あるならばどう手助けできるか、というような感じ。



 あたしは読む側の人間なので、読まない人の気持ちはわからないけれど、他に楽しい



ことがあればそっちに行くだろ、というのは理解できる。 知識や教養を得る方法は読書



以外にもあるわけだし(それこそ映画でも音楽でも、誰かと会話することからでも)、むしろ、



読まないけど「実は読みたい・本は読んだほうがいいんだろうな」と考える理由のほうが



知りたい、と思って「出ます!」と手を挙げたわけなのだが・・・。



 結果的には時間が足りなかったな。もっと突っ込んだ議論がしたかった。



 まずは国民生活白書(だったかな?)からの引用で、全国の大学生の一日の読書時間



0分が40%、スマホにさわる時間0分が4%というデータが紹介される。 まぁ、あたしが



大学生のときも「学生は本を読まない」と言われていたし、今ではスマホで読書をする人も



いるでしょう。 しかしこういう形の数字で示されると、人はどよめくもんですね。



 そんなわけで、某大学から学生への読書推進の取り組みが紹介されるが、言っては



なんだがレベル低いぜ・・・それ、あたしの世代が高校でやってたの以下だから(とは



思っても口には出しませんよ)。



 その後、グループセッションに入ったわけだが・・・たまたま同じ組織の結構えらい人



(直属の上司ではないけれどたまに一緒に仕事をすることあり、気さくで偉ぶらない人



なので仕事はしやすい)と同じグループに。 その人は年に100冊以上読む人なのだが、



そんな人にあたしは「きみは異常、むしろ読書好きじゃなくて活字中毒」と言われてしまう。



年100冊読む人にそんなこと言われたくない!、とあやうく身内で泥仕合になりそうになる。



 グループセッションの目的は、「本を読まない人に本を読んでもらうには、興味を持って



もらうにはどうするか」というものだったのだが・・・あたしとしては前述の理由を知りたかった



のでちょっとテーマからずれるが聞いてみることに。



 で、そのグループには「本は読みません!」と断言する人が一人しかいなかった。



 あとは、学生のときまではほとんど読まなかったけど、仕事をするようになって必要に



せまられて・・・みたいな人がちらほら。 だからつい、その人に質問が集中してしまう。



 「なんで本を読みたいなぁと思うんですか? 別に読書をすることがただひとつの“正しい



行為”ってわけじゃないじゃないですか。 娯楽の一種だし、教養を身につけるには他にも



方法はあるわけだし。 でもあえて本を読むには的な目的のここに参加したってことは、



本を読まない自分に対して後ろ暗いというか、罪悪感みたいなものがあるんですか?」



 そう、あたしはそれが知りたかったのだ(あたしが本を読むのは、今や習慣ではあるが



もともと高尚な目的からではなく、「もっと知りたい・そして現実から逃避できれば尚更」と



いうただの欲望である)。



 しかし彼はあまりそのようなことは考えたことがなかったらしく、はかばかしい答えを



もらえないまま時間切れ(あとでえらい人に、「すごかったな、異端審問かと思ったよ」と



言われる始末。 あたし、ケンカ売られてる?!)。



 というわけで不完全燃焼。 本を読む人と読まない人の間には深くて長い河があるの



かしらん、と思っていたところに、同じ職場の人からちょっと相談される。



 「通勤時間が長いんで、なんかいい本、教えてもらえませんか」



 ・・・この項、続きます。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

借りてきました。

 今日は帰りに図書館に寄るから〜、それに昨日の疲れがまだ残ってるし〜、と無事にミッションも完了したので映画にも間に合うぞ!、と明るいうちに帰ることにし(それでも多少残業ではあったのであるが)、「ではお先に失礼しまーす。 おつかれさまでーす」と声をかけて帰ろうとすれば、一部の方たちから「えっ?!」みたいな顔をされる。
 ・・・そりゃ、ここしばらくずーっと遅くまで残っていましたけど、帰る時はあたしだって早く帰るんです! もう映画館にだって3週間ぐらい行ってないんだぞ、ストレスたまります(『バードマン』『セッション』等、感想を書いているのは最近ですが、観に行ったのは実はほとんど公開日か一週目の金曜日でした。 じっくり感想を書いている時間もなかったという・・・)。
 しかし今日からはなんだか普通のペースに戻れる感じ。 錯覚かもしれないが・・・。
 そんなわけで、ハッピーな気分で図書館に寄り、<ベルリン三部作>残りの2冊を借り出す。

  ベルリン三部作1砕かれた夜.jpg 砕かれた夜/フィリップ・カー
 これは前作『偽りの街』から2年後ぐらいの設定。

  ベルリン三部作3ベルリンレクイエム.jpg ベルリン・レクイエム/フィリップ・カー
 こっちはもう1947年だから終戦後。 2作目から3作目までの時間の経過が長すぎて、3作目でどうグンターが変わっているのかすでに興味津々!
 で、東江さんの<訳者略歴>などがぱらっと目に入って・・・1951年生まれとな!
 結構若いよなぁと思っていたけれど(文章自体もかなり若いが)、やっぱり若かった・・・病気のせいとはいえ、まだまだ訳してほしいものはいっぱいあったよ。
 でも、まだ読んでいない本は結構ある。 残された者は、それを拾っていくしかないのだ。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

え、延期!

 業務連絡:

   遠藤淑子『なごみクラブ』6巻は、4月22日発売予定から7月に延期になりました。

 本屋さんで確認しました。
 あとがきで「今度こそ落とすかも」と毎回描いていた作者、ついに落としたのか?!
 それとも出版社・印刷所の都合か?
 事情は不明ですが、とりあえず<中止>ではなく<延期>、ということに安堵。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

高校生の甥に何の本を送るか悩み中 その2

 まだ悩んでおりました、この話。
 東野圭吾や宮部みゆきなんかは自分で読めるだろうし、なかなか手を伸ばしにくい作品をセレクトするのが大人の役目。
 とりあえず、『ケインとアベル』/ジェフリー・アーチャーは確定。
 同様に、『七王国の玉座』/ジョージ・R・R・マーティンも確定。
 それぞれ気に入ったら、『七王国の玉座』<氷と炎の歌>として続きがあるし、ジェフリー・アーチャーなら<クリフトン年代記>もあるし、あえて『100万ドルを取り返せ!』から遡って読んでもらってもよいであろう、という感じ。
 あと、読んでほしい作家としては、クリストファー・プリーストかな。
 個人的には『双生児』のラストの鮮やかさに度肝抜かれましたが、残念ながら文庫になっていない・・・(早く文庫にしてください、早川書房)。 『魔法』にも「はい?」と世界をひっくり返される体験をしたけど・・・高校生が読む入口としては『奇術師』がいいかしら。

  プリースト奇術師.jpeg 内容は決して簡単ではないのですが(メタフィクション入ってるし)、マジシャン二人のライバル関係という基本設定はとっつきやすいかと思って。 語りと騙りに幻惑される面白さもあるし。
 クリストファー・ノーランが『プレステージ』として映画化しておりますが、原作をかなり噛み砕いて、メタ部分も減らして「でもテーマを外さないように、かなりわかりやすく作り変えたなぁ」とあたしは感心しましたが、それでも「難解」と言われておるようです。
 そうすると、マジックつながりで思い出したのが『歯と爪』

  歯と爪新版.jpeg かなり後半袋とじで、「破らなければ返品に応じます」対象本となっております。
 ビル・S・バリンジャー作品自体もうミステリ的には<古典>なのでありますが、そのドラマ性は今読んでも色褪せることなく、マジシャンという人物像を『奇術師』と比較できるのではないかと思って。
 あとは彼の哲学趣味に満足してもらうために、『ソラリス』【新訳版】。 これなら出たばっかりだから読んでないだろう(希望的観測)。

  ソラリス文庫新版.jpeg 買ったはいいが、あたしもまだ読んでないもんね(おい)。
 『ソラリスの陽のもとに』とセットで読み比べてもらう線も考えたが、そっちはもう読んでいるかもしれないから〜。
 あと、『死者の代弁者』【新訳版】/オースン・スコット・カードも自分でパラ読みしていたらやはり面白いと思ったもんで、『エンダーのゲーム』とセットで。
 あー、『闇の左手』/アーシュラ・K・ル=グィンを忘れていたぞ! でも入口としてなら『風の十二方位』のほうがいいかなぁ。
 と、悩みは尽きないのであった・・・。
 とりあえず、第一陣はこれで送る手配をしました!
 あとは評判を聞いて、次回は夏休みかな・・・。
 今回はSF・ファンタジー&歴史人間ドラマに寄ってしまったので、次回はミステリ中心で!

posted by かしこん at 23:59| Comment(7) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

高校生の甥に何の本を送るか悩み中 その1

 長いこと会ってない甥っ子くんがいつの間にやら高校生になっており、そしてなにやら乱読派の人間になっていることを半年前ぐらいに知る。
 直接本人と話してはいないので、親族からの噂話としてではあるが、どうやら哲学書などにも手を出している様子。 ・・・なんだか、かつての自分を見る思いである。
 となると、本はいくらあっても足りないよなぁ。 そして集中力も体力もある今のうちに、大作をたくさん読んでほしいところ。
 そんなわけで、今年の正月明け、お年玉がわりにこれを送りつけてみた。

  新装版虚無への供物1.jpg新装版虚無への供物2.jpg 【新装版】虚無への供物/中井英夫
 東京創元社の<中井英夫全集>からと悩んだのですが、講談社文庫のこれが、いちばん新しく出たものだから(それでも5年くらい前だろうか?)、本多正一氏の解説的なものも最新のもののはず。 それに(昔のに比べれば)活字が大きくて、やはり新しい本は読みやすいよね。
 『虚無への供物』自体、あたし自身に多大な影響を与えている作品であるし、これを「面白い」と感じる人が一人でも増えたらうれしいし、彼もそういう人だったらいいな、という気持ちだったのだが・・・どうやら、受け取った彼は大変よろこんでくれたらしい! やった!
 そうなると、問題は「次に何を送るか」である。
 そろそろ4月だし、進級祝いとして何か送ってもよいであろう。
 しかし何にするかで、悩む。 そもそもいちばんの問題は、彼が何を読んでいるのかよくわからないというところにあるのだが、「中井英夫という存在は知っていたが読んだことはなかった」ということらしいので、むしろ世代の違いを有効に考えた方がいいのでは、と思ってきた。 かつてのあたしが「いろいろなところに名前は出てくるけど、実際にその本が売られているのを見たことがない」状態にずっといて、最近の新訳ブームで初めて手にとった、というのと状況は似ているかもしれない。
 あたしがリアルタイムに読んだ作品群との彼との距離は。
 そして、できるだけ長編を、と考えると・・・結構候補が浮かんできました(相手は男子なので、明らかに女子向けなものは外しています)。

『アルジャーノンに花束を』/ダニエル・キイス
  アルジャーノン文庫新版.jpeg さすがにこれは有名すぎるであろうか。
 読んでる可能性が高いかな・・・、ということで、その場合は
 『くらやみの速さはどれくらい』/エリザベス・ムーンと差し替えてもいいかもしれない、と思っている。

 あと、来月、新訳が出るので、『エンダーのゲーム』とその続編『死者の代弁者』(どちらもオースン・スコット・カード)をセットで、という手もあるなぁ(その場合は『無伴奏ソナタ』もつけるべきか)。
 『七王国の玉座』/ジョージ・R・R・マーティンも魅力的である。 ドラマ化されて話題になっているということもあるが、いささか魔道が入ってくるけど異世界歴史物として読めるし(しかしこの情け容赦のなさはトラウマになるかも)。
 哲学要素も楽しみたいならアシモフ『鋼鉄都市』『はだかの太陽』もよいかも。
 わぁ、SFとファンタジーに限ってもきりがないくらいいっぱい出てくるよぉ!
 と、ちょっとそこから離れて・・・中高生の頃にあたしが衝撃を受けた作品を、と思い出してみると、真っ先に浮かんだのが『ケインとアベル』/ジェフリー・アーチャー
 アーチャー作品、結構読んでおりますが、完成度の面ではこれがいちばんではないか、と思います。 キリスト者じゃないんでほんとの深いところまで理解できてないんでしょうけど、それでも。 あと、『白夜を旅する人々』/三浦哲郎の壮絶な内容なのに半端ないリーダビリティはすさまじい(これを一日半ぐらいで読み切ったかつてのあたし、我ながらすごい集中力と体力があったなぁ)。
 インパクト、という意味では『悪童日記』三部作だっていいじゃないですか。
 そんなふうに考えていくと、あたし自身もどんどん迷走してしまい、だんだんわけがわからなくなってきて、「あれ、他にもなんか思いつかなかったっけ?!」(ちゃんとメモをとりましょう)、と動揺する。
 あ、ミステリまで行けてないし・・・この悩み、まだまだ続きます。

posted by かしこん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

意地でも文庫化を待つ!

 アマゾンのHPで今後30日以内発売の新刊チェックをしていたら・・・。
 なんと、『タイタニア』5巻(完結編)が2月6日発売と!
 しかし、少し前に出た4巻同様、ノベルズなのである。
 あたしが持っているのは、NHKがアニメ化したときに出た文庫版で、3巻まで。
 読んだのは人から借りてなのでずっと前ですけどね。 1〜3巻をまとめたノベルズサイズのものも出ているけど・・・なんか、ここまで待ったのにまた買い直すなんてイヤだなぁ。
 だから文庫になるまで待ってやる! 頼んだぞ、講談社!

ラベル:SF
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

何故か?!

 ただいまアマゾンのキンドルで、ハヤカワ文庫の電子書籍がやたら安くなっていることが判明。 全作品ではないけれど、SF系が特に安い! 一冊100円台前半!
 たとえば、アシモフの『ファウンデーション』シリーズが120円〜130円、カート・ヴォネガットの『タイムクエイク』が120円、光瀬龍『百億の昼と千億の夜』が124円、原ォ『そして夜は甦る』114円、ジョン・ル・カレ『寒い国から返ってきたスパイ』110円、ロアルド・ダール『少年』100円、ブラッドベリ『刺青の男』140円・・・などなど。
 神林長平<戦闘妖精・雪風>シリーズも三作ともお安い!
 一冊分が安くとも、次々クリックしていけば結構な金額にはなってしまうのですが、「かつて読んだことはあるが今は手元にはない本」を懐かしさとともに新発見したいようなとき、古本屋さんで買う値段と大差ない・図書館で借りるのが手間(期間と冊数に制限がありますから)を考えたら、いつでも読めるキンドルに入れておけるのは(たとえ、システム自体が廃止になったとしても、端末にダウンロードしてあれば端末が元気な限り読めるわけだし)、なんかうれしいなぁ!
 しかし、何故こんなに安いのであろうか・・・確かに、今廃版の作品もあるが、普通に紙書籍として売っているものもあるのに。 新春セールってことで解釈するか!
 でも油断するとこの価格もあっさり変動してしまいそうで、変わらないうちにめぼしいものをゲットしていきたいと思います。 最終的にいくら使うんだか、考えると怖いかも・・・。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

なにがあったのか?!



 あぁ、DVD−R(CPRM対応)の残りが少なくなってきた・・・今回は100枚スピンドル



ケースを注文しようか、とアマゾンのページを開く(家電量販店では50枚はあっても、



意外と100枚のはないことが多いので)。



 で、つい<本>のランキングを見てしまうのだが・・・その時間のトップ10内に、何故か



アンディ・ライリー『自殺うさぎの本』シリーズ3作がすべてランクイン!



   しかも1位はこれだ!



 どこかで紹介されたんだろうか・・・。 テレビ番組で扱われたりすると売り上げが急に



跳ね上がるらしいし、テレビ離れと言われつつもまだまだ影響力はあるんですかね。



 そういうあたしはドラマ以外はテレビをほとんど見ないので(しかもリアルタイムで



ほとんど見ないし)、何発信なのかわからない状態だが。



 しかし今日はたまたま、録画したドラマを見終わったときに停止ボタンを押したら



『報道ステーション』がちょうど始まるところで、集団的自衛権について意見が



述べられるほどあたしはしっかり理解できていないのだが、閣議決定されたことに



関して恐ろしいトーンで報道しているその姿勢に、なんだか気持ちが悪くなった。



 <=“戦争します!”>じゃないですよね?



 「戦争反対!」を叫ぶ人たちは、戦争をすること前提に考えているみたいに見えた。



勿論、報道の仕方が一元的だったからつい反発してしまったということかもしれない。



 日本が第二次大戦後戦争をしてこなかったのは9条の存在だけなの? 戦争という



手段を使わないでやっていこうとしてきたから起こらなかったのでは?



 あぁ、よくわからない・・・ちゃんといろいろ調べないとダメだなぁ。


posted by かしこん at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

なんか、来た!

 図書館に本を返しに行ったところ、「予約本がありますよ」ということで出していただく。
 おっと、ついに、来ました!

  ソロモンの偽証2.jpg ソロモンの偽証 第U部 決意/宮部みゆき

 それだけじゃなく、一緒に、

  ソロモンの偽証3.jpg ソロモンの偽証 第V部 法廷/宮部みゆき

 第U部と第V部がめでたく揃い踏み!
 カウンターの方にも、「こうやって一緒に借りられるタイミング、なかなかないですよ」と褒めて(?)いただく。 これは一カ月強、予約するタイミングをずらしたおかげか(やはり予約人数は第T部ほど多く、U部、V部になるにつれ少なくなるから)。
 前向きに本を読む気持ちになれていなかったけど、これは本の神様があたしに入れてくれた喝であろうか。
 ありがたく、読むことにいたします。

ラベル:国内ミステリ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

図書館に追い込まれ中

 先日の『HHhH――プラハ、1942年』を図書館に返しに行ったところ、別の予約図書が新しく届いていました・・・。

  リバーサイドチルドレン.jpg リバーサイド・チルドレン/梓崎優
 『叫びと祈り』の方の長編第一作。 舞台はカンボジアでございます。

  ブラックライダー.jpg ブラックライダー/東山彰良
 ディストピアもの(黙示録後、というべきか)であり西部劇。
 この2冊を2週間で返すんですね・・・ま、『ブラックライダー』は以前借りたけど読み終われずに返した過去があるので、半分ぐらいは読んでいるし(しかしかなり厚いけどね)、『リバーサイド・チルドレン』はそんなに厚くないし、一人称文体なので読みやすかろう。
 しかしあと三分の一を残すばかりの『水時計』や、読み始めた『ミステリードラマは眠らない』などなど、同時並行的に読んでいる何冊かの本に(『銀河英雄伝説』だって7巻なのに)影響が・・・。
 まぁ、いつでもあたしはそんなもの、かな。
 一気読みするときはしてしまうんだけど、そうでなければ連続ドラマを見るかのようにいろんな本をちょっとずつ読み進めるのがひとつの習慣になっているかも(最初に全体の一割ぐらい読んでおけば、次に読むとき時間をどれだけおこうとも読み始めれば内容を思い出せるし)。
 でも、どちらも予約が詰まった本なので、今週末まとめて読んで、早く返してしまいたいところではある(そしてあたしには『ソロモンの偽証』の続きを早く回してください)。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする