2019年06月30日

湿気がつらいよ

 梅雨入り宣言が遅かったこともあり、蒸し暑いんだけど例年に比べればまだまし(最高気温は30℃を越えてないし)、と思っていた最近、あたしにしては珍しくバテていない!、と感じていた。 普通に食欲もあるし。
 が、友人から「なんかすごいだるい。 そっちは大丈夫?」的なメールをもらい・・・はた、と気が付いた。
 そういえば、仕事帰りにぐるぐる目が回るめまいが来ていた。 なんなんでしょう、あの自分以外のまわりの時間が止まっているような感覚。 自分の時間をスローモーション化しているから? 気持ち悪い、倒れる、と感じたけど、踏みとどまれた。 それ以来ちょくちょくめまいを感じているのだが、「今回の最初のときよりまし」と思って気にしていなかった! というか忘れていた。
 あと、頭が痛いなぁ、とちょっと横になったら記憶がなくて時間だけ経っている、というのもよくあり。 ただ寝ているだけなんでしょうけど、あまり自分にはそういうことがないので・・・それもこれも、気圧が不安定だからかと思っていた。
 もしかして、あたしもバテてますか?!
 平日の疲れが出てしまったのか、昨日は一回起きたけどどうにもだるく、また布団に横になったら寝てしまった。
 窓を開けていたが、裸足で廊下を歩くとべたべたする感覚に耐えられなくなり、エアコンを試運転。
 この湿気がイヤだ!
 気温が多少低くても、湿度が高いと体感気温も高くなるからつらい。 雨が降っても空気がひんやり感じられないのもつらい。 エアコンの空気も好きではないのだが、でも湿気を感じるよりはまし!
 あぁ、西日本、暑すぎるよ・・・。
 いや、北東北もかつてに比べれば暑くなっているみたいなのだが。
 温暖化・寒冷化とか急激な天候の変化とか、たとえば『地球の滅びるとき』のはじまりのきっかけのようなものが、自分が生きている間に感じられるとは。

  地球のほろびる時.jpg 子供の頃、何度も繰り返し読んだ・・・。
 地球が滅びるいくつかの要素についてのシミュレーション連作。
 でも、仮に昨今の気象変動やマイクロプラスティックによる海洋汚染が滅びの予兆でも、この話のようにドラマティックには展開しないだろうし、希望がにじむこともないんだろうな、という気もする。
 昨日一日寝たけど、まだ疲れが取れていないらしい。 気分が大変後ろ向きです。

posted by かしこん at 15:27| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

厳重警戒態勢

 G20が近づいております。
 自分の生活にかかわりがあるのは物流ぐらいかなと思っていましたが・・・JRの駅は先週の内から早々にコインロッカーとごみ箱が使用禁止に。 自動改札機も「使用停止」と一個減らされてる(自宅と職場の最寄り駅両方共だったので、たまたま機械の不都合とかではあるまい)! なんの意味があるのか、交通規制実施期間中は車移動の人が電車に乗るかもしれないから、混む想定で事前練習か?
 でも友人に聞いたところ、大阪メトロは「普通にゴミ箱、使えてるけど」ということだったので・・・JRの過剰対応なのかしら。
 先週はなかったけど、今日からは車内アナウンスで「G20のため、JR西日本は厳重警戒態勢をとっております」と周知徹底を図っていました。

  G20特別警戒態勢.JPG ゴミ箱の口はこのようにふさがれ・・・。
 今日はタピオカドリンクを飲み終わった後の容器を捨てようとして、ごみ箱が使えないことに焦って途方に暮れている女子中学生たちを見てしまった。 でもその場に置き去りにせず、容器を持ったまま電車に乗り込んでいった。 到着駅でごみ箱が使えるとは限らないので、家まで持って帰ってくれるだろう。
 仕事場でもあたしの業務範囲には直接関係がないけど、関係している人たちは電話をかけまくりで、「その日、運んでくれると前回確認したんですが、来てくれないんですか?」と確認と対処に追われていた・・・神戸市でこれである、大阪市ではあきらめて業務を休みにした会社もあるというが、むべなるかな。
 「やってみないとわからない」のがこういうものの困ったところ。
 無事に、終わるといいですね。

posted by かしこん at 03:52| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

再びの地震

 「大阪北部地震から、ちょうど一年が経ちました」と朝のニュースでやっていて・・・「あぁ、もう一年ですか」と思ったのですが・・・その後、度重なる台風やら西日本豪雨やら、一連の災害のひとまとまりという感じで6月18日にそんなに重きを置いていなかったことに気づきました。 帰宅難民の危機とか、結構ひどい目に遭っていたのに・・・(でもそれもその日だけじゃなかったので、去年の災害はひとくくりになっている)。
 そしたらその日の夜に、「山形沖が震源の地震発生」の報。
 ちょうど『わたし、定時で帰ります』の最終回を観ていたときだったので・・・ドラマが中断しての特報に「おや、結構大きな地震?」と。
 でも結局、わりとすぐにNHKに変えてしまった。 まぁ、ドラマには戻らないだろうなぁと思ったし。
 以前、短い時期だが日本海側に住んでいたことがあるので、NHKの中継映像に「わっ、鶴岡駅がすごく新しくなってる! 駅前にお店増えてる!」、「新潟駅が工事に入って、この前までの一部大阪駅みたいになってる!」みたいなことにどよめく・・・まぁ、そんなに被害は大きくなさそうというのを感じていたので、そういう方向に思えたんだろうけど。
 住んでいるところが遠いと、こういうことでしか今の風景を見られないということなのかも。
 いや、生活圏内でも、普段通らない道をたまに通ると「あれ、あの店がなくなって違うものができてる!」ということもあるので・・・ほんと、自分が“見ている・見ることができる”範囲なんてわずかなものですわ、と実感。
 いろいろと連鎖しないことを祈ります。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

ストロベリームーン!

 本日の月はストロベリームーンだという。
 赤く見える月、ということではなく、ネイティブアメリカンによるイチゴの収穫月の満月、という意味らしい。

  201906ストロベリームーン1.JPG 地上から。 街灯の明かりが強すぎだ。
 真ん中の黄色っぽいやつが月です。
 でもあれだけ距離があるのに街灯に負けずに満月が見えるんだからすごい。
 携帯電話のカメラではこれが限界ですが、肉眼ではちゃんと見えてるから。

  201906ストロベリームーン3.JPG ベランダから。
 こう見ると夜景より光が強いのがわかります。 月の右上のポツンとあるのは星。 この月明かりでも見えるんだから一等星よね(神戸で見える星を把握していないのでなんだかはわからない)。
 こういうタイミングがないと空を見ないな・・・週末は大荒れだったけど、今日は晴れていてよかった。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

意味がよくわからないこと

 最近、勤務先が変わったので電車通勤もルートが変わった。
 これまでは快速・新快速を利用していたが、普通列車だけで済むようになった。 なのでもっぱら普通列車を、しかも女性専用車を使っているのですが・・・二ヶ月以上たって、つくづく不思議だなぁ、と思うことが。
 女性専用車に普通に乗り込んでくる男性が多すぎる。
 しかも朝(ラッシュ時)はいないのです、帰りの電車、しかもぎゅうぎゅうのときはいなくて、そこそこすいているときはかなりの確率でそういう人を見かける。
 絶対乗るな!、ということではないのです。 体調不良とか、特別な事情とか、心は乙女とか理由があるのでしょう、とは思うんだけど。
 でもなんていうんですかね、「まったく意識してません」みたいな本人の感じに「おいっ!」とつっこみたくなるというか。
 女性専用車が導入された当初に比べれば駅員さんたちのチェックもそんなに厳しくなくなったし、乗り合わせる側も「事情があるのかも」と推測するようになったからかもしれない(女性専用車に乗っている男性がいたら、大体まわりの女性たちは見ない振りをする)。 それをいいことに、「1、2駅だからいいか」と思っているような。 いや、わざとやっているのならそれはそれでいいんだけど、ほんとに気づいていない人がいるような。
 まわりを見ていないし、まわりに見られることも気にしていないのではないか。
 それって社会の中で生きる人としてどうなの?、と思ってしまうわけです。
 まぁ、男性は基本「見る側の性」であり、見られる側に立つなんて意識しない、と言われてはいます(それも個人差あるけど)。 そういう人が性差別的な視点を持っていることを意識しないまま発言するので、炎上したり周囲から冷たい目で見られたりしているのでは?(で、何故悪いのが本人は理解しない)
 もし、あたしが乗ろうとしている・乗った車両の乗客が男性ばかりだったら、「えっ、なにか、ありました?」とつい思って、乗らないか車両を変えると思う。 多分、そういう女性は結構いるのではないか。 女性として生きる上で、こういう感覚を身につけざるを得なかったから(それはいいことではないかもしれないのだが)。 こんなのの積み重ねが、“生きづらい”を作っていってるんですかね。
 性別関係なく、必要な時に空気が読める感覚を身につけるのが大事なのかと。 勿論、必要であればあえて空気を破って発言・行動することも重要だと。 もう年齢的にいい大人だが、そういう人をあたしは目指そう、と思ったのでした。

  201906アジサイ1.JPG ついに梅雨に突入ですね・・・。
 アジサイがきれいなのはうれしいけど、蒸し暑いのはつらいんですけど・・・。
 でもまだ、最高気温が30℃を超えていないだけましなのか。 この先、秋まで長いなぁ。 もう冬がなつかしい。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

ねんざ? 時間差の

 先日、ぼーっと歩いていて、左足をくじいてしまった。
 舗装された道がでこぼこだったのと、ちょっと傾斜があったため、着地のイメージと実際にずれがあり、ぐきっといってしまったのだ。
 でもまぁ、特に痛みはなかったし、普通に歩けたし、大丈夫かしら、と思っていたのだが(ちょっと足や手をくじくのは、あたしにはわりとよくあることである)・・・何日かしてから、家の中でまた「ぐぎっ」っとやってしまい。 いや、最大の痛みが来た、というべきか。
 えっ、どういうこと!、とその日は冷凍庫にある保冷剤をタオルで巻いて冷やしてみたのだが・・・翌朝も力のかけ具合によって痛みがあり。 ものすごく痛いとかではないのだが、「あとから痛みが来る」というのはあたしの捻挫パターンとしては初めてだったので。
 で、その日は仕事に向かう途中で開いているドラッグストアに寄って冷湿布薬を買った。 途中で痛みが来ないように、更に足首に負荷をかけまいと膝までのサポートタイツをはいたら歩いても痛くなかった。 仕事場についてから、シップを貼ると・・・すっごくじわじわと薬成分が浸透しているのがわかるくらい足がジンジンする。
 あぁ、こんなことなら最初からシップを貼っておけばよかったよ・・・でもそのときは痛くなかったからなぁ。
 その段階でサポートタイツは当然脱いでいたが、じんじんしている間は机仕事なので特に歩かなくてよく、まぁちょっとした移動くらいなら問題なくできて痛みもないのである。 おぉ、シップは偉大だ! 普通に歩いて帰れるよ!
 そんなこんなで帰宅。 シャワーを浴びるため湿布薬をはがしたら・・・一部の皮膚が茶色がかった紫色に!
 ・・・なるほど、最初に足をくじいたときの内出血がうまいこと組織に吸収されず、残ってしまった部分があったのか。 それが痛みを生んでいたのね。 それがシップのおかげで拡散され、浮かび上がってきたと。 だからもう大丈夫、でもこの週末は念のためシップを貼っておきましょう。 どうせ一袋買っちゃったから。
 最近暑くなってきたから水を飲む量も増えたから足がむくみ気味だなぁと思っていたけど、流れが悪くなってたから内出血もうまく処理できてなかったのかも。 季節のせい? 年齢のせい?
 ちょっと足をひねっただけでも油断してはいけないのね、と感じた今日此頃でした。

posted by かしこん at 00:01| Comment(2) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

平成から令和へ

 新たな時代の幕開け、ですが、個人的にはあまり実感がなく・・・。
 いろいろと行事というか儀式というか、それにまつわるものを見てしまったら泣いてしまいそうな気がするので、あえてさけていたりして。
 何も考えていないわけではないのですが、あまり考えるといろいろ大変なので。
 とりあえず新しい元号「令和」は、使っていかないとなじまないし、平成が終わったことの実感もそのころ得られるのかな、と思います。
 なのでまだ、よくわかりません。
 年越しそば的なものを食べるのも、どうなのか?、という感じだし。 今回はお祭り気分にうまく乗れなかったのかな・・・よく考えたら、次の時代は自分が生きているかどうかわからないのですよね。 まぁ、それもまたよし、です。

 そんなわけで、諸事情により、平成から令和にかけて、あたしはQueen漬けになっておりました。
 それはそれで、たのしくてしあわせ。

ラベル:洋楽
posted by かしこん at 04:10| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

今日はクイーンの日、そして最後の神戸ウェンブリー

 今日、4月17日は<クイーンの日>だそうである。
 クイーンが初来日したのが4月17日なので、というのが由来らしい。
 そしてその<クイーンの日>に『ボヘミアン・ラプソディ』のBlu-ray&DVDを発売しますよ、と今月に入ってから知らされたあたし、あわててタワレコに予約するじゃないですか。 そしたらアマゾンがオリジナルTシャツ付きでちょっと安かったりしてむっとしたり。
 まぁ、タワレコオンラインに予約した段階で、「発売日以降の到着になります」と但し書きがついていたので、「あぁ、予約する人が多いのね・・・」と思っていたのですが、なんと前日の16日の昼間に届けられたらしく、不在票が入っていた!
 ほんとはポストインされるタイプのはずなのだが、郵便受けには入りきらなかったようだ。 でも平日なんだよ、何時に帰れるかわからないよ!、ということで受取希望は土曜日さ・・・早く届いてくれても意味がないのさ・・・。
 そして、仕事場への途中の小さな店にすらもこんなものが置いてあるのだ。

  ボヘミアンラプソディDVD看板.JPG いったい、日本中にいくつのこれが置かれているのだろうか・・・。
 毎日、残り日数がカウントダウンしていってたのもなんか涙ぐましいのだ。

 そしてOSシネマズハーバーランドがまたもや前言を翻し、<クイーンの日>記念の応援上演を復活!
 しかも今回は「ラスト21分」ではなく、「ライブシーンオールスタンディングOK」という最後にして初めての形態である。
 どうする・・・行きますか? でももうこの時期に来るような人たちはきっとガチの人たちだよね、盛り上がるよねきっと、ということで2週間くらい前からネットで予約しました(気合入りすぎ?)。 20時スタート、レイトショー枠だったからさ。
 すると、もぎりのお嬢さん方が「ライブシーンオールスタンディングOKの応援上映回です」がすんなり言えなくで絶対噛む、と言っていた。 チケット切るたびに言ってたら、そりゃ舌ももつれますよね。

  ボヘミアンラプソディ 最後の神戸ウェンブリー20190417.JPG 「皆様の記憶に残る応援上映になりますように。」とお祈りされているよ。
 そんなわけで、平日しかも週の半ばの水曜日ということで満席ではなかったですが、それでも8割近くは埋まったのではないかしら。 結構ガチの人たち、多かったです(クイーン+アダム・ランバートの日本公演行こう、チケットの取れるところは全部、と話している人たちも)。
 だから、大変盛り上がったのです。
 前説の映画館の方も、言いたいことが多すぎたのか感極まったのか結局話の途中で会場が暗くなってしまったり、それに拍手する客たちは勢いで『NoMore映画泥棒』の音楽に合わせて手拍子が起こっちゃうぐらいで。
 結構な割合で英語でツッコミ?、掛け声がかかって、「アメリカの映画館ってこんな感じなのかな?」と思わされて楽しかったし。
 何回観ても、あたしがいちばん好きなシーンは、“ボヘミアン・ラプソディ”のレコーディング中にフレディが「失うものは?」と訊き、それにブライアンが「なにもないよ」と答えるところだなぁ、としみじみ。 彼らは音楽を前にしてすべてを捧げる決意をした人たちなのだと感じるから。 そんな<クイーンの本質・神髄>が描かれているんだから、事実と違うところがあったって別にいくない?
 今日は立ったり座ったり、腕を頭上にまっすぐ伸ばしたり、息を吸うのを忘れるくらい歌ったり。
 やっぱり泣いちゃったんだけど、なんかすごく気分はすっきり。
 今月に入ってずっと仕事がバタバタで、「なんか疲れが取れないままそのまま出勤だぁ」という日が続いていたのだが・・・ちょっとさっぱりしているのですよ。 もしかして、肩、こってたとか?(あたしは肩こりがわからないタイプで、たまに「肩がちょっと重いかも」と思っても腕をぐるぐると何回かまわせばそれでおさまる)。 曲によって腕の動きが違うから、しかも隣に人がいなくてあたしはすごくいい姿勢で手足を動かすことができた・・・ちょっとしたヨガをやったぐらいの効果があったのかも?
 実はちょっとくたびれ気味だったのですが・・・ものすごくリフレッシュした感じ。 帰り道、暑くて(自分が発汗しているので)、上着を羽織らないで手にもって家まで戻った。
 ありがとう、応援上映。 すごく楽しかった!

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

こんなことがあってはならない

 パソコンを開け、ついでにネットニュースを見る。
 ・・・これは、なに? どういうこと?
 クリックすると・・・見たくない、信じられない一文が。

> 声優の有本欽隆さん 食道がんで死去。

 えっ、そうだったの?! あなたも食道がんだったの?
 全然知らなかった・・・アニメのほうでは休業中で代役の方と交代してたようだが、最近あたしの観てた海外ドラマではレギュラーがなく、単発のゲスト出演ばかりだったので、全然知らなかった・・・。
 ただただ、あぜんとしている。 こんなことはあってはならない。
 『クリミナルマインド』のジェイソン・ギデオン役が外画系では代表作ってことになるのだろうか・・・マンディ・パティンキン(ギデオン役の人)が字幕でドラマや映画に出てると、「欽隆さんの声ならどうなるかな」と考えてしまっていたし。
 最近アニメをあまり見ないあたしだが、『宇宙兄弟』の兄・ジェイは欽隆さんですごくよかった。
 はた、と気づく。 渋いおじさま系というか、一言のセリフでその人の背景などを表現できてしまう人がどんどん少なくなってる! 欽隆さんなしで外画吹替は成り立たないよ。 もう小川真司も運昇さんもいないのに!
 ジェレミー・アイアンズやクリストファー・ウォーケンの吹替はどうなるの!?
 日々楽しんでいる海外ドラマの吹替版、かなりすれすれのところに来ているのでは・・・中堅〜若手の方々が頑張っているのはわかるんだけど、声の質の違いはいかんともしがたい。 菅生さんのお仕事がどんどん増えるのでは・・・。

posted by かしこん at 05:16| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

レコーダーのリモコンを買う。

 しばらく前から、今の録画機のリモコンの調子が悪くなっていた。
 <クイックメニュー>というボタンが反応悪く・・・回数的にいちばん使うやつなので経年劣化は仕方ないのだけれど、このボタンを押さないとその作業ができないという・・・長押ししたりなどで対応していたのだが、ついに早送りや停止ボタンなども反応があやしくなってきた。
 リモコンだけ買い直せないかな?
 もっと早く気づけよ、なのだが、やっと気づいたのだから仕方がない。
 だが使っているレコーダー、ブルーレイも観れるがそんなに新しい機種ではないので、リモコン自体あるかどうか!
 焦ってネットで調べると・・・いくつかの機種共通で使える代替リモコンがあるらしい! まだ新品がある! 今のうちに買っておこう!

  レコーダー新旧リモコン.JPG 右がオリジナル、左が代替機。
 ボタンの場所が全然違うけど・・・それぞれ対応するものはちゃんとある。 ボタンがちっちゃいけど、リモコンとしては小型化。 あぁ、新しい配置を覚えるのは大変だけど、一安心! これでまだしばらくレコーダーが使えます!
 しかしこれまた大変よくあることに・・・新しいリモコンがきた途端に前のリモコンの調子がちょっと戻るという・・・。
 完全にダメになるまで使い倒してやりますよ! ということで二つを並行使用中。

ラベル:趣味・小物
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする