2021年02月27日

2021年2月26日(金)のこと

 やっぱり雨が降るみたいだなぁ、と前日の夜、あたしはカバンの中身を入れ換えた。 それまでのカバンが、雨濡れ厳禁のスムースレザー(牛革)製だったので、濡れても平気のナイロン製のものにチェンジ。 しかしそうなるとカバンの容量が少なくなるので、中身の取捨選択をする。 折り畳み傘も忘れてはならぬ。 久し振りの朝から出勤なのに、雨かぁ。
 そう、このところあたしは朝から出勤するのはほぼ週に一回である。
 それなのにこの日、通勤に使うJR西日本が元町駅での人身事故のため運転見合わせ。 振替輸送で阪急電車につながる駅へ向かうが、同じような人が多くてホームまで辿り着けない(その手前の階段で足止め)。 一本電車が到着するたびに少しずつ人が減り(すでに電車にも人がいっぱいなので、降りた人の分しか乗れない)、ようやくホームに到着。 予定よりも30分遅れで仕事場に着く。 なんだかもうそれだけで疲れた。
 三時間半後、スマホに来たヘッドラインニュースで、朝の人身事故が全国ニュースになるほどの惨事であったと知る。 あぁ、やりきれない。
 帰るときJRは動いていたが、ダイヤの乱れは多少残っていたようだ。

 家に帰って即シャワーを浴び、ごはんよりも先にマンガを読む。

  大奥19 よしながふみ.jpg 大奥 19【完結】/よしながふみ
 ついに出ました、最終巻。 徳川の、江戸時代の終わりが。
 生き残っている人たちの言葉はそれぞれに重く、「うおぉ」と読みながらうなり、じわっと涙がにじむ。 髪を乾かしてたタオルで目を抑えること多数。 将軍が女であったことは世界的に見て国の恥であると語る西郷隆盛の言葉にギリギリとこぶしを握り締めていると、それにばしっと叩きつける和宮の言葉にスッキリするけどやっぱり泣くよ・・・。
 勝海舟、どの作品よりも人間力がある! 天璋院さんも人としての厚みが増しているよね〜。 瀧山ったら!
 でもいちばん好きな言葉は、和宮さんの「何言うてはるの 私はいつだって私です」。
 「ジェンダーのことが意味わからん」な人たち(年齢性別関係なく)はもうこれを読んでくれ!、と心底思うわけよ。

posted by かしこん at 05:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。