2021年02月24日

今日は6冊(2021年2月23日時点で)。

 まだ先かなぁ、と思っていましたが、あっさり時間はたってしまうものですね。
 『十日間の不思議』が来ちゃったよ!

  エラリイ・クイーン十日間の不思議【新訳版】.jpg 十日間の不思議【新訳版】/エラリイ・クイーン
 クイーンの<ライツヴィルもの>の白眉。 後期クイーン問題の、とかありますが、あたしはかつてラストにガツンと頭を殴られたような衝撃を受けたことだけ覚えていて、いつか再読したいと思いつつ20年以上。 機会を作ってくれてありがとう、新訳版!

  わたしは贋作0218.jpg わたしは贋作/バーバラ・ボーランド
 アート業界で起きる事件ということで・・・興味を惹かれます。 ミステリというより文芸寄りの内容らしいけど、ジャンルの細分化はあまり意味がないかなぁと感じるようになってきてます。

  バックシャッツ3もう耳は貸さない.jpg もう耳は貸さない/ダニエル・フリードマン
 元警官、バック・シャッツシリーズ第3作。 老いぼれを自覚する彼も、89歳に。 でもまだ息子の死の謎は明らかにならないらしい・・・まだ続いてくれますね、このシリーズ。

  連城三紀彦 敗北への凱旋.jpg 敗北への凱旋/連城三紀彦
 帯によると、<ミステリ史上最高難度の、そして最も美しい暗号>だそうですよ!
 連城三紀彦作品、どんどん読めるようになってるなぁ。

  老いた殺し屋の祈り マルコ・マルターニ.jpg 老いた殺し屋の祈り/マルコ・マルターニ
 イタリア映画界で脚本家として活躍する人物による作家デビュー作とのこと。 イタリアミステリ、最近熱いよ。

  宇宙兄弟39.jpg 宇宙兄弟 39/小山宙哉
 宇宙兄弟も39巻目・・・もう少しで終わるかなぁ、と電子書籍には切り替えず紙の本で買い続けているが、タイミングがわからない。 今回も前半ムッタ・後半ヒビトであっという間。 ディテールが面白いので、まだ終わらなさそう・・・。

 あと気になっているのは『父を撃った12の銃弾』、『消失の惑星』、『白が5なら、黒は3』だけど、単行本だから・・・とりあえず文庫待ちかな〜。 図書館で借りられたらラッキー、な気持ち。

ラベル:新刊 マンガ
posted by かしこん at 03:34| 兵庫 ☔| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。