2021年02月18日

翻訳ミステリシリーズ物の罠

 全国に読書会があるらしい。 神戸にもあるみたい。 読書会を扱った本や映画を観て、「いいなぁ」とほんのり憧れているわけですが、全然知らない人たちの中に入っていくのはどうなの? 来ている人たちは読書会の歴史が古ければ古いほど顔見知りよ! と、「人見知りなあたし」が顔を出して行動するタイミングが・・・。
 でも、翻訳ミステリー大賞シンジゲートが組織化している全国読書会の過去の記録をときどき読んでみたり。

 で、これが面白かったのです。 もう、読んでて声が出るほど笑っちゃった。


 お題の 『愛しき者はすべて去りゆく』/デニス・レヘイン は読んだことがあったので余計に読書会レポートが面白かった。 いいなぁ、こういう感じだったら参加したいなぁ。 今はこのご時世なので読書会はオンライン開催なので全国どこからでも参加できるというメリットがあるんだけど、出遅れるとあっという間に定員・満席になります(ZOOMを使うとはいえ人数が多すぎたら話し合うのはむずかしい)。

 で、『愛しき者はすべて去りゆく』は<私立探偵パトリック&アンジー>シリーズの第4作で、代表作と言われている。 そしてあたしはこれ以外読んでいない(シリーズは全6作)。 じゃあ、最初から読むか、と思ったのですが・・・もうどれもこれも絶版だよ!
 ということで、困ったときの図書館頼り。 集めてもらいました。

  20210217パトリック&アンジーを図書館から借りたが.JPG 5冊しかないんだけど・・・。
 写真向かって左側が第1作、右が最終の6作。 2作目が蔵書になかった!
 困るじゃないか・・・2作目はしかもシリアルキラー題材らしいし。
 あぁ、古本屋さんを調べるか、ネットで・・・。

ラベル:海外ミステリ
posted by かしこん at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。