2020年12月23日

ノッティングヒルの洋菓子店/LOVE SARAH

 <ノッティングヒル>で<洋菓子店>、色鮮やかなお菓子が映ったポスター、これは狙われてるな!、とまんまとつられてやってきました。 つくづく、イギリスは食べるものがおいしくなってるんだねぇ。

  ノッティングヒルの洋菓子店P.jpg 悲しみはスパイス、喜びは隠し味。あなたの思い出、お菓子にします。

 舞台はロンドンのノッティングヒル。 確かな腕を持つパティシエのサラと親友のイザベラ(シェリー・コン)は夢だったベーカリーをノッティングヒルにオープンするため、様々な努力を重ねて開店直前までこぎつける。 しかし、不慮の事故でサラを失い、店の存在は暗礁に乗り上げる。 出資者は手を引き、物件を他の人に譲らなければお金が返せないと決意するイザベラだが、サラの娘クラリッサ(シャノン・タルベット)は納得せず、祖母ミミ(セリア・イムリー)も経営に引っ張り込んで店をオープンしようという。 そこへ昔、サラと因縁があったマシュー(ルパート・ペンリー=ジョーンズ)がパティシエを志願してくる。 彼は星つきのレストランで働くシェフなのに、何故? イザベラはマシューへの悪感情を隠そうとしないが、クラリッサは「彼がもしかして私の父親かも」と思い、まずは試食用のお菓子を作らせてみる・・・。
 ヨーロッパでは、ベーカリーはパンだけでなくスイーツを置くのが普通なんだけど、映像的にパンはあまり映らず、だから邦題が<洋菓子店>になってしまったのかな。 原題“LOVE SARAH”は彼らが開くこのお店の名前、サラへの想いで集まった人たちが働くお店。

  ノッティングヒルの洋菓子店6.jpg はじめの頃、並ぶのはフランス菓子ばかり。
 そもそも、腕を見せるためにとマシューがつくった一品目が、<イスパハン>(ローズとフランボワーズのマカロンケーキ)。 それってピエール・エルメの専売特許では? マシューって腕はいいけどオリジナリティがない? お菓子は専門外?、それでもこのお店にこだわる理由あり?、とマシューの目論見につい注目。
 ロンドンのナンバーワン有名デリ<オットレンギ>がお菓子を監修!、というのがこの映画の大きなウリですが、最近スイーツのトレンドを追いかけていないのでどれくらいすごいことなのかよくわからない・・・。 マシューとサラとイザベラは20年前、パリの製菓学校に通った同期という設定なので、並ぶお菓子はフランス式なのだろう。 ポットの紅茶をお供に並んでるケーキを一口ずつ食べてみたい! イギリスの食事、ほんとにおいしくなっているんだなぁ(まぁお菓子なら、種類は少ないがイギリス式もおいしいけど)。

  ノッティングヒルの洋菓子店1.jpg 広くもない厨房で、よく何種類も作れるなぁ。
 遠目にフランスパンが映ってたり、お客さんがパンオショコラやクロワッサンを買い求めているので普通のパンも作っているらしい・・・すごいな。
 が、お菓子は添え物にすぎない。 主題は、大切な人を思いがけず突然失った者たちの落胆と再生。 ミミはかつてブランコ乗りとしての栄光に包まれたのに、今は何もすることがなく(多分十分な稼ぎはあるのだろう)、一人娘のサラと関係も良好ではなかったところの事故。 クラリッサはバレエダンサーとしての道を歩んでいたけれど、悲しみのあまりバレエができず、“喪の仕事”としてベーカリーの仕事にのめり込む。 イザベラは自分も作る側だったが、サラの才能に感服して彼女を支える側・店舗経営の実務面に回っていた。
 悲しみに向き合うことで自分の人生にも向かい合う。 ありがち話かもしれないけれどぐっときた。 感情を表に出すのが苦手な人たちが多いイギリス映画だからかもしれない。 「言葉にしなきゃダメなのかよ!」と開き直るのではなく、素直に言葉に出さない・出せないことにうしろまたさを感じてるっぽいのがいい。
 またオープンしてからすぐ店がうまくいかないのも王道だけどいい。 作りたいものより、お客さんが食べたいものを作るという姿勢への転換に、多文化都市・ロンドンの今の姿が。

  ノッティングヒルの洋菓子店3.jpg 意外にもカギとなる抹茶ミルクレープ。
 えっ、日本を思い出す洋菓子って抹茶ミルクレープなの? でもそのビジュアル、あたしが思う抹茶ミルクレープとはちょっと違うんだけど・・・(おまけにイザベラには「日本人は時間が余っているのね」と言われてしまう。 作るのに手間がかかるからですかね。 もっと手間のかかるお菓子は他にもあると思うけど)。
 これまた店内は自然光で撮っているようで、説明的なセリフもないし、特に山場もないのでメリハリを求める観客には不評かも。 でも今のあたしには省略具合もはっきりしない感じもほどよく、このお店にくるお客さんとの関係も含めてじんわりと心にしみた。
 ただ・・・こんな大して広くないお店でお皿に載せたお菓子を直接並べ、多くのお客がイートインする環境・・・ヨーロッパではこれが普通なら、COVID-19で大打撃を受けちゃうよなぁ・・・と別の意味でもしんみりしちゃった。

posted by かしこん at 04:09| 兵庫 ☀| Comment(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。