2020年12月21日

今日は8冊(2020年12月18日時点)。

 ヤマトさんに<19時〜21時>で時間指定すると、だいたい19時過ぎには届けてくれるのだが、今日に限ってなかなか来ない。 はっ、もう年末が近づいているから配送量が多くなってる? なんか申し訳ない! 来週にももう一回届く予定なんだけど・・・ほんとすみません。 お疲れ気味の配達員の方がいらしたのは20時半を越えてました・・・それでもまだ他の荷物をお抱えでした。 ありがとうございます。

  ざわめく傷痕 グラント郡シリーズ カリン・スローター.jpg ざわめく傷痕/カリン・スローター
 『開かれた瞳孔』に次ぐ<グラント郡シリーズ>第二弾、日本初訳。 時間的には<ウィル・トレントシリーズ>よりも何年も前、サラが監察医として元夫の警察署長ジェフリーと事件にかかわっていた時期のこと。

  フォックス家の殺人【新訳版】.jpg フォックス家の殺人〔新訳版〕/エラリー・クイーン
 ハヤカワのエラリー・クイーンの新訳、止まってるなぁ(何か事情があるのかしら?)と思ってたら・・・2月には『十日間の不思議』の新訳版も出るそうです。 ライツヴィルものも新訳が!

  危険な友情 スーザン・リンデル.jpg 危険な友情/スーザン・リンデル
 単行本時『もうひとりのタイピスト』を改題して文庫化。 シスターフッドがヤバいほうへ行くのか・・・好きか苦手かどっちかになりそうな予感。

  ランナウェイ ハーラン・コーベン.jpg ランナウェイ RUN AWAY/ハーラン・コーベン
 ハーラン・コーベンって本国では東野圭吾みたいな感じ?、と思っておりますが・・・。

  炎と血1 氷と炎の歌ビフォア ジョージ・R・R・マーティン.jpg 炎と血 1<氷と炎の歌>/ジョージ・R・R・マーティン
 <氷と炎の歌>シリーズ、『七王国の玉座』へ至るまでの前日譚というか、ターガリエン家の年代記150年分。 それも興味深いのですが、本編の続きを早く書いてくださいよ・・・第6部も途中、第7部にいたっては手もつけてないそうなので。 ご自身の年齢も考えて!

  あなたの隣にいる孤独 樋口有介.jpg あなたの隣にいる孤独/樋口有介
 樋口有介、最近若い女子を主役にしてるよね、ってことで。

  江戸川乱歩と横溝正史文庫版.jpg 江戸川乱歩と横溝正史/中川右介
 江戸川乱歩と横溝正史、と言われたら手に取らずにいることができようか! あたしの子供時代を彩っている両巨頭。 この二人の関係に焦点を当てた評伝は今までなかったそうなので・・・楽しみです。

  連合赤軍50年目の真相 別冊宝島文庫.jpg 連合赤軍事件 50年目の真相
 生まれる前の出来事ですが・・・いろいろ読めば読むほど、関連する映画を観れば観るほど、わからない。 所詮、住む時代が違うからか・・・でもオウム真理教事件は同時代だがやはり理解できない。 わからないことを確認するために読むのだろうか。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 03:30| 兵庫 🌁| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。