2020年11月24日

今日は8冊(2020年11月23日時点)、翻訳もの。

 通販で予約していた本がドカンと届きました。 全部文庫で、13冊。
 しばらく本を買っていない気がしたけど、11月中旬あたりまでのものがまとめてきたわけで、本来ならば2回ぐらいに分けて買っていたはず・・・予約して配達してもらうのは便利だが、何を選んだかちょっと実感が薄れるね・・・。

  マイクル・コナリー 素晴らしき世界1.jpgマイクル・コナリー 素晴らしき世界2.jpg 素晴らしき世界/マイクル・コナリー
 コナリー新作、出てました。 前作『汚名』のすぐ続き、ハリー・ボッシュとレネイ・バラード初共演。
 『汚名』に訳者あとがきがなかったのは上下巻が同じページ数になったから訳者あとがきを入れたら下巻のページが増える・下巻の値段が上がるため、載せなかったとのこと。 その旨、帯にでも書いてほしかったわ・・・古沢さんが体調不良なのかと心配したじゃないか!

  ジョー・ネスボ ファントム亡霊の罠1.jpgジョー・ネスボ ファントム亡霊の罠2.jpg ファントム 亡霊の罠/ジョー・ネスボ
 ノルウェーのハリーことハリー・ホーレシリーズ最新刊。 そういえば去年? 一昨年? 同じ時期にコナリーとネスボの新作が出たような(まぁそういうこともあるよね、訳書が多ければ)。 ハリー・ホーレも『スノーマン』でなんとなく一段落した感があったから、その先読むのが止まってました・・・また読もう!、と思います。

  ジプシーと呼ばれた少年.jpg ジプシーと呼ばれた少年/マイキー・ウォルシュ
 ハーパーBOOKSからノンフィクション。 ロマ族として生まれ、トレーラー暮らしをした筆者が受けた虐待、自分をゲイだと気づいて・・・と波乱万丈な人生らしい。

  マシュー・クワーク ナイトエージェント.jpg ナイト・エージェント/マシュー・クワーク
 マシュー・クワークって名前に記憶あり・・・あ、『THE 500』の人か! 帯でマイクル・コナリー、リー・チャイルド、マーク・グリーニーがコメントを書いてます・・・ちょっと大味アクション系ですか?

  ローンガール・ハードボイルド コートニー・サマーズ.jpg ローンガール・ハードボイルド/コートニー・サマーズ
 エドガー賞(YA部門)受賞作。 ドメスティックヴァイオレンスに戦う少女たちの物語の一翼、と言われたら気になります。

  寄宿学校の天才探偵2 モーリーン・ジョンソン.jpg 寄宿学校の天才探偵2エリンガム最後のメッセージ/モーリーン・ジョンソン
 『寄宿学校の天才探偵』続編(とはいえ三部作の二作目)。 全然終わってないということなので、三部作揃ってから読みます。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 03:55| 兵庫 ☔| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。