2020年09月10日

今日は11冊(2020年9月10日時点)。 その1

 ついにアンソニー・ホロヴィッツの新作が発売!
 ミステリ豊作の秋がやってきた!
 自分の体感的には全然秋ではないけど・・・最低気温は20℃を切ってくれないと。

  その裁きは死 アンソニー・ホロヴィッツ.jpg その裁きは死/アンソニー・ホロヴィッツ
 『メインテーマは殺人』の続編。 “わたし”(アンソニー・ホロヴィッツ)が語る探偵ホーソーンとの日々と次の事件。 今年の翻訳ミステリの本命、登場!
 『カササギ殺人事件』の続編は来年刊行予定だそうな、またしばらくホロヴィッツブームは続きそう!

  娘を呑んだ道 ガラスの鍵賞2019.jpg 娘を呑んだ道/スティーナ・ジャクソン
 小学館文庫から新たな北欧ミステリ。 2019年ガラスの鍵賞、2018年スウェーデン最優秀犯罪小説賞、2019年スウェーデンブック・オブ・ザ・イヤーの三冠をとっているそうで・・・賞がすべてではないですが、期待できそうな感じ。 でも訳が田口さんということは、英語版からの翻訳だな。

  ストーンサークルの殺人.jpg ストーンサークルの殺人/M・W・クレイヴン
 2019年英国推理作家協会賞最優秀長編賞(ゴールド・ダガー)受賞作。 勿論賞がすべてではないですが、ゴールド・ダガーは当たりじゃないとまずいし、今の時代も反映されてるはずだし、期待しちゃうよ。 連続殺人犯モノだ!

  時間旅行者のキャンディボックス.jpg 時間旅行者のキャンディボックス/ケイト・マスカレナス
 帯に「過度の時間旅行はあなたの精神を損なう恐れがあります。」とあるのにぐっと来てしまう。 時間SF+ミステリの感じ。

  それまでの明日 原りょう.jpg それまでの明日/原ォ
 <私立探偵・沢崎>シリーズ最新作、待望の文庫化。 『そして夜は甦る』や『私が殺した少女』って読んだの90年代ではなかったか・・・すごいな、時間って振り返ると15年前も25年前もあまり変わらない気がする。

  レベル4致死性ウイルス.jpg レベル4 致死性ウイルス/ジョーゼフ・B・マコーミック&スーザン・フィッシャー=ホウク
 CDC特殊病原体部の部長となった公衆衛生の専門家が、アフリカでエボラ出血熱やラッサ熱の感染経路を調査した30年間の記録、ハヤカワノンフィクション文庫。 COVID-19のおかげで90年代後半のエボラ以後のノンフィクションが復刊されているのはうれしいのだがうれしくない。 結局、ヒトは学べないのか・・・。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 23:59| 兵庫 ☔| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。