2020年08月13日

今年の夏は、電車から海を見るだけ

 夏休みに入っておりますが・・・夏休みという実感がまったくなく、困惑。
 どこへ出かけるわけでもなく(いつも、特に出かけているわけではないが・・・)、誰かと会うこともなく、盛り上がらない。 9連休も家から一歩も出なかったら社会復帰できないわ! また、休みが終わってもすぐに仕事がいそがしくなるわけでもなく・・・なので一日2・3時間程度仕事をしております。 でもそうするとすごく一日が長い! 自分に使える時間がいっぱいある! 24時間を有意義に使ってる感じがする。 働き方改革って、きっと本来こっち方向だったんだよね、としみじみする。

  20200810電車から見た海.JPG 海のそばを電車で通りまして、電車の窓越しに写真を撮りました。 ちょうど時間も早めでいい天気、実物は写真よりももっと輝いて見えましたよ。
 青い空、きらきらと波立つ海。 神戸に来てから海に行ったことはないのですが(北東北においてのあたしの海は太平洋か日本海、青森湾、津軽海峡なので)、瀬戸内海はちょっとあたしのイメージの海と違う。 それでも、海を見たらちょっとテンションが上がってしまうのは致し方ないのです。
 海開きしてないのに、海で泳いだりパラソル立てている人たちはいます。 自分の命は自分で守ってください。
 わざわざ電車の窓から海の写真を撮る必要性なんてないんだけど、今年は「それだけでなんかありがたい」という気持ちになります。

posted by かしこん at 01:04| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。