2020年06月15日

今日は9冊。

 あれ、今月に入って本を買うのはこれが初めて?

  第五の季節 破壊された地球1.jpg 第五の季節/N・K・ジェミシン
 “世界の破滅”を描く三部作の一回目。 作者はよしながふみの『大奥』の影響を公言しているそうで・・・すごいな、よしながふみ。 ということはフェミニズム姿勢で書かれた作品ということ。 それもすごく楽しみです。

  呪われた町1新版.jpg呪われた町2新版.jpg 呪われた町【新装版】/スティーヴン・キング
 『呪われた町』、文春文庫の新装版だと思っていましたが、もともとは集英社文庫だったという・・・そうか、いまは文藝春秋社が独占状態だが、かつてはキング作品はいろんな出版社から出ていた。 あたしが最初に読んだキング『デッド・ゾーン』は新潮文庫だった。
 この時期はあたしはキングが苦手で・・・だから『呪われた町』を読んでいなかったと気づく。

  その手を離すのは、私 クレア・マッキントッシュ.jpg その手を離すのは、私/クレア・マッキントッシュ
 タイトル買い。 これまたサイコサスペンス調。

  博士を殺した数式 ノヴァ・ジェイコブス.jpg 博士を殺した数式/ノヴァ・ジェイコブス
 これは日本ならではの邦題? 『博士が愛した数式』のパロディ?(タイトルだけ)
 数式や数学者は殺人事件にちょっと似つかわしい気がするのは様々なイメージの積み重ねでしょうか。

  鹿の王 水底の橋.jpg 鹿の王 水底の橋/上橋菜穂子
 『鹿の王』の続編というか、スピンオフ。 ヒトヒト感染はしない疫病の話、という結果的にタイムリーなものになっていることに作者あとがきも解説もCOVID-19に触れずにはいられない。

  ゆりあ先生の赤い糸06.jpg ゆりあ先生の赤い糸 6/入江喜和
 まぁ、なんて百合っぽい表紙。 しかし中身は、バレエに再びのめりこむゆりあさんと、バレエをやってみたいまにさんとの“女の友情”がメイン・・・といいつつ、盛りだくさんだぜ。

  七つ屋11.jpg 七つ屋志のぶの宝石匣 11/二ノ宮知子
 11巻になってやっと人間関係のつながりが・・・キャラの濃い人たちに囲まれて、志のぶの普通さ(特殊な能力を持っているというのに)ががんがん際立つ。 主人公なのに。 のだめと違って良識派だからかな?

  だめっこどうぶつ11.jpg だめっこどうぶつ 11/桑田乃梨子
 大団円!、の最終巻。 といっても大袈裟でドラマティックなラストということは決してなく、いつもの感じでするすると、でもちょっと華々しい何かがあったりしつつも、基本的に登場人物たちは変わらない。 それが、いい。

ラベル:マンガ 新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。