2020年05月27日

今日は6冊。

 今回はタイムラグがあまりなしに届きました!
 もうピッキング・梱包体制は元通りに回復したのかしら。 ありがとう!

  ホット・ゾーン ハヤカワNF.jpg ホット・ゾーン エボラ・ウイルス制圧に命を懸けた人々/リチャード・プレストン
 出ました、『ホット・ゾーン』。 第一章の続きも怖いですが、あたしが真に背筋が凍ったのは第二章(だった記憶)。 今の視点で是非読み直さなければ。

  寄宿学校の天才探偵 モーリー・ジョンソン.jpg 寄宿学校の天才探偵/モーリーン・ジョンソン
 YAノベルらしいけど・・・「少女探偵、天才学校の殺人に挑む」と帯にあったら期待しちゃうじゃない。

  バルタザールの遍歴 角川文庫版.jpg バルタザールの遍歴/佐藤亜紀
 角川は佐藤亜紀の版権を一気に引き受ける気? あたしは新潮文庫の新刊として買ってすぐ読んだので、初読は1994年12月だそうです。 一気読み、その世界にどっぷりつかった。 でも日本ファンタジーノベル大賞に投稿されたものだから、佐藤作品の中でも随一のわかりやすさなんだよね・・・その後、『1809』や『鏡の影』にはてこずりました・・・。

  王朝モザイク 木原敏江.jpg 王朝モザイク/木原敏江
 完全新作! でも一巻で終わりなのね・・・。

  岩を枕に星を抱き 豪華版 木原敏江.jpg 岩を枕に星を抱き/木原敏江
 豪華本として復刊。 これ、ファンタジーとロマンティックとコメディの混ざり具合が絶妙。 おまけにちょっと泣いちゃう。 連作三本できれいにまとまっている(勿論、語られない「余地」も十分残っている)。 何度も読んでるけど、改めて読むとまた没頭して読んじゃう。

  花の名の姫君 豪華版 木原敏江.jpg 花の名の姫君/木原敏江
 古典ものを木原節で解き直す。 元ネタは歌舞伎、四世鶴屋南北の『桜姫東文章』。 こういう風に描かれると、歌舞伎の話の大衆性がよくわかる。 こういうノリなんでしょうね。

ラベル:新刊 マンガ
posted by かしこん at 03:26| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。