2020年05月22日

今日は5冊。

 わーい、予約していた本がやっと届いた〜。
 STAYHOMEだからすぐ受け取れたし(これまでであれば土曜か日曜にもってきてもらってた)。
 ピッキング担当の方、配送の方、ありがとう!

  知りすぎた男 創元推理文庫版新版.jpg 知りすぎた男【新訳版】/G・K・チェスタトン
 あれ、これ、あたし、読んでる? パラパラめくると・・・十年ぐらい前に図書館からハードカバー借りて読んだかも。 そうだそうだ、坂田靖子のイギリスを舞台にした短編に雰囲気が似てる、と思って、面白かった記憶。
 新訳で、あたしの記憶もかなり抜けてて、また新しい気持ちで楽しめそう。

  鉄の時代.jpg 鉄の時代/J・M・クンツェー
 これはハードカバー発売時に「面白そう」と思っていたまま忘れてました。 文庫になっていただけてありがたい(池澤夏樹個人編集の世界文学全集の一冊だった)。 「暴力で分断された<鉄の時代>に、ノーベル賞作家が愛と恥と真実を問う傑作長編」と帯にあります。 まさに「いま」的な感じが。

  ボンベイ、マラバー・ヒルの未亡人たち.jpg ボンベイ、マラバー・ヒルの未亡人たち/スジャータ・マッシー
 これは少々厚め、640ページ。 ムンバイよりもボンベイのほうに親しみを感じてしまうかつての受験生。
 1921年のインドが舞台、「#MeeToo時代の歴史ミステリ―」とのこと。 当時、インドで唯一の女性弁護士の話、でも密室殺人事件も出てきますというアガサ賞受賞作。 インドにおける女性のつらさ、わざわざ確認しようとするのは・・・。

  アルスラーン戦記13コミック版.jpg アルスラーン戦記 13/荒川弘
 いつの間にやら13巻。 実は結構前から読んでなくて・・・なんでしょうね、読む気になんかなれず。 普通のマンガはもう電子版に切り替えるか・・・。

  ちはやふる44.jpg ちはやふる 44/末次由紀
 もう44巻か! でも話がなかなか進まないよな、と思っていたけど・・・今回はちはやとしのぶちゃんがっぷり。 百人一首の札に顔やイメージがある、というしのぶちゃんの世界が展開し、「あぁ、ここまで来てこれまでの積み重ねが一気に!」と盛り上がる。 ここのところ最近は惰性で読んでる感があったのですが、持ち直してきた。

ラベル:マンガ 新刊
posted by かしこん at 04:33| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。