2020年05月17日

祝・『ホット・ゾーン』、復刊!

 早川書房からリチャード・プレストンの『ホット・ゾーン』が復刻されます! しかも文庫で!
 めでたい! 名著復活!
 というか・・・これが絶版になっているとは知らなかったですよ。 COVID-19が騒ぎ始めたとき、ウイルスパニック小説を読んでれば感染拡大の過程から収束までシミュレートできるから過度に恐れなくなるよ、と仕事場の人やらに伝えていたのですが、そのときは「ウイルスのノンフィクションといえば『ホット・ゾーン』でしょ、逆に本命過ぎて薦める必要もないわ」と思っていたのです。 でも念のため、と思って調べたら結構前に絶版になってんのよね! 2014年にエボラ出血熱がまた流行して緊急出版されたみたいだけどそれも絶版になってんのよ。
 これは現代の古典だよ! いつでも読めるようにしておかないでどうする!
 早川書房もそう思ってたんでしょうね。 COVID-19きっかけで準備始めてたのなら5月22日発売なんて間に合わないもん(当初は5月1日発売だったが、休業要請・自粛のあおりでちょっと延期)。 ハヤカワノンフィクション文庫に収録し、長く残していこうという意志を示してくれて、ありがとうございます!

 で、発売前のプロモーションとして、第一章を全文公開!
 興味のある方は、是非!
↓↓  第一章全文公開はこちら

 読んだ人の感想がツイッターで出まくっている・・・みなさん「怖い」・「怖くて眠れない」・「眠ったらヤバイ夢見そう」的な。
 そうそう、あたしは最初の単行本を比較的リアルタイムで読んだんです。 第一章、マジコワいんです。 コワかったです。 スティーヴン・キングが「本書の第一章は、私が生まれてこのかた読んだ最も恐ろしいものの一つである」という当時の帯の言葉に、声を出せずにただ小刻みに頷くだけで精一杯。 この体験により、「キングが推薦してるから」とその後あたしがいろいろな本を買うことになるきっかけ(結構騙される確率が高くなってきたので信用度は急降下だが)。
 コワいよね、ふふ、と「すでに読んだことのある者」として余裕をかましてアクセスし、目を通しました。 途中から、「ぐおっ」っとなりました。 余裕などなかった、“新鮮な動脈血”という単語に一気にフラッシュバック。 コロナ禍の視点で見て更にヤバい。
 あぁ、これきっかけで若い人たちにちゃんと読んでもらえればいいなぁ。

posted by かしこん at 03:55| Comment(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。