2020年05月04日

戦う者の歌が聞こえるか?

 ミュージカルいまいち苦手なあたしですが、WOWOWで『GREEN&BLACKS』を見るようになって、ミュージカルソングが、それも日本語で歌うミュージカルソングが好きになってきた。 昔はミュージカルソングって直球過ぎて物足りなかったというか、複雑なほうがカッコいいと思っていたところもあって。 でも最近はミュージカルっぽさを減らしたミュージカル映画(『ジャージーボーイズ』や『グレイテスト・ショーマン』など)も出てきて、それにあたしがハマるということもあり。
 何が言いたいかというと、ミュージカルソングはいい!、ということです。
 で、先日来話題の【Shows at Home】の『民衆の歌』も、毎日繰り返し聴いて(観て)しまいます。
 一緒につい歌ったり、ときどき泣きそうになったりする。

  

♪ 戦う者の歌が聞こえるか? 鼓動があのドラムと響き合えば 新たに熱い命が始まる 明日が来たとき そうさ明日が ♪
♪ 列に入れよ 我らの味方に 砦の向こうに世界がある 戦え それが自由への道 ♪
♪ 戦う者の歌が聞こえるか? 鼓動があのドラムと響き合えば 新たに熱い命が始まる 明日が来たとき そうさ明日が ♪
♪ 悔いはしないな、たとえ倒れても 流す血潮が潤す祖国を 屍越えて拓け 明日のフランス ♪
♪ 戦う者の歌が聞こえるか? 鼓動があのドラムと響き合えば 新たに熱い命が始まる 明日が来たとき そうさ明日が ♪
♪ 列に入れよ 我らの味方に 砦の向こうに憧れの世界 みな聞こえるか、ドラムの響きが? 彼ら夢見た明日が来るよ ♪
♪ 列に入れよ 我らの味方に 砦の向こうに憧れの世界 みな聞こえるか、ドラムの響きが? 彼ら夢見た明日が来るよ ♪
♪ AH 明日は ♪

 歌詞が出てなくても歌えてしまう自分がいるよ・・・(漢字変換には自信がない)。
 やはりこの歌は、大勢で歌うほうがいい!

 上山竜治さんが後半ずっと赤い旗を振っているのがいい!
 平原綾香、宝塚の男役のような凛々しさにびっくり! ラミン・カリムルーさんはどちらから? 城田くんいつの間に金髪に。 あ、浦井くん、めぐさん、カズッキー!、きゃー(・・・すみません、加藤和樹好きです)。 中川アッキーだけ画面の解像度がちょっと低く見えるのは何故?、でもアッキーも好きよ。 田代万里生さん、セルフ撮影がなんかいろいろ完璧。
 知っている度合いに差がありますが、この中では20人以上わかりました。 あぁ、日本のミュージカル俳優さんをこんなにも知っている自分に驚くよ(それもすべてグリブラのおかげです)。 しかしこのメンバーになんでジャンポケ斉藤さんがいるのかよくわからない。
 日本語を使う人が日本語で歌う。 日本語を普段話している聞き手は、だからこそ胸打たれる。 言葉に乗せられた意味の深さが母国語だからより伝わる。 そのことに、あたしはやっと気づいたわけです。
 でもミュージカル全編を抵抗なく観られるかどうかはいまいち自信がなく・・・だからミュージカルソングを聴き続けてしまうのです。

ラベル:ミュージカル
posted by かしこん at 03:38| Comment(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。