2020年05月01日

言葉はむずかしい、考え方もまた。

 なんだかやたらと話題になっていたので、そのオールナイトニッポンをラジコで追っかけ再生、聴いてみた。 いや、最初聴くつもりはなかったんだけど、トレンドワードでやべっちが乱入して説教していると知ったから。
 冒頭、岡村さんの「謝罪」はかたくなで、予想以上の炎を前に身をこわばらせている人の姿が目に浮かぶ。 これが二時間続くなら怖いな、と次にやべっちが出てくることを知っているから聴けた感じ(リアルタイムで聴いていた人の不安はいかばかりか)。
 そして登場したやべっち、「わー、すごく言葉を選んでいる」という印象。 でも言ってることは「わかるわかる」。 しかし聞いている岡村さんはどうもピンと来ていないようだというのも伝わってきて、「わー、ここの断絶ってどうしたらいいの〜」と頭を抱える。
 なんというか・・・気がついてしまう人はそれがしんどくなるけど、気づかない人は気づかないから何も感じない。 やべっちは気づく人になってしまったから、気づかない岡村さんと一緒にいるのがつらいので距離を取った、でもこういうことが起こってしまったからいい機会だと思って(今なら聞く耳を持っている状態かもしれないから)話した、というのが・・・子供の頃からの付き合いだけど、ライフステージが変わってから考え方が合わなくなった大人みたい・・・コンビを組んでいるから「絶交します」とかできないもんねぇ。
 男尊女卑だ、ミソジニーだ、強者による弱者搾取だとかいろいろ言えますが、どう考えるかはその人の自由(ただ公に発言したのは間違い)。
 やべっちは「もうその考え方じゃやっていかれへんぞ」と引導を渡したけど、それを受け取るかどうかも岡村さん次第。 「変わらなくていい」と彼を支えるファンがいてもいいし、「あの人はそういう人なんだ」と興味をなくす人がいてもいい。 ただ、その間には深くて長い川がある。
 そこは決してわかりあえないのだろうな。 わかりあいたくない気もするし(だから弾劾したくなってしまうのだろう)。
 ただ、「一方的に相手を叩く」という図式ではなんにもならないよね、というのがコロナ禍以後のあるべき姿勢ではないかと感じたりもして。
 あぁ、むずかしい。
 自分以外の相手(特に異性)に敬意を払えない人はろくな人生を送れない、とあたしは思うけど、それで50年近く来てしまった人に今更変われというのも酷かなぁという気もするし。 でも変わらないと近くにいる人がしんどいから、お金や権力を持っている人こそ気を遣える人間であらねばならないとはそういうことだったんだなと感じるわけです。
 それにしても・・・あたしは「やべっち、すごく言葉を選んでる(もっと直球で言わないと伝わらないよ!)」と思ったんだけど、「言い過ぎ(何もそこまで言わなくても)」と感じてた人たちもいたみたいで・・・えぇっ、あんな感じで? ほんとむずかしい。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。