2020年01月11日

昨日は9冊。

 さて、昨日たんまり買ってきたのはこれである。

  ハンナ20バナナクリームパイが覚えていた.jpg バナナクリーム・パイが覚えていた/ジョアン・フルーク
 <お菓子探偵ハンナ>シリーズなんと第20弾! 表紙と想定はいつも通りだが、手に取ったら背表紙が全然違う! なんとヴィレッジブックスからミラブックス(ハーパーコリンズ傘下)へ移動! だから今回、いつもより発売が遅くなったのか・・・。
 ヴィレッジブックスなくなったの? それとも版権移動? これまでと比べて背表紙がそっけなくなったんですけど・・・。

  白と黒のはざま.jpg 黒と白のはざま/ロバート・ベイリー
 『ザ・プロフェッサー』続編。 出版不況、翻訳物は更に売れないと言われて久しく、それでも大きい賞も獲っていない・映像化されていない作品のシリーズ翻訳が小学館というそこそこ大手から出るのは本当に珍しい。

  突破口 弁護士アイゼンベルク.jpg 突破口 弁護士アイゼンベルク/アンドレアス・フェーア
 『弁護士アイゼンベルク』続編。 ドイツ物もすっかり定番化したなぁ。

  砂男1 扶桑社ミステリー.jpg砂男2 扶桑社ミステリー.jpg 砂男/ラーシュ・ケプレル
 これはノーマークだったが、装丁で「おおっ!」と思い。
 しかも<スウェーデンで年間最も売れたクライム・ノベル>と帯に。 北欧だ!、と盛り上がってしまった。

  水底の女 村上春樹訳.jpg 水底の女/レイモンド・チャンドラー
 村上春樹訳のチャンドラー最終巻、ということで。 作家としての村上春樹はあまりあたしには刺さらないのであるが、翻訳家としては結構読んでいるのよねぇ、そういえば。

  初恋の世界07.jpg 初恋の世界 7/西炯子
 アラフォーおさななじみ4人へのフォーカスがやっと均等になってきて、よかった。

  ゆりあ先生の赤い糸05.jpg ゆりあ先生の赤い糸 5/入江喜和
 急展開!、だそうだけど、ゆりあ先生の心情描写が丁寧だからそんなに急展開とは感じない。 そこが『このマンガがすごい!』オンナ編の8位になった理由だろうか。

ラベル:マンガ 新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。