2019年12月22日

今日は4冊。

 兵庫県立美術館の『富野由悠季展』、年末休みに入ったら行こうと思っていたら、22日までだった! うっかり、やっちまったぜ・・・というか世の中は、もうすっかり年末モードなのか・・・実感がない。

  贖いのリミット カリン・スローター.jpg 贖いのリミット/カリン・スローター
 そういえば12月か1月に来るカリン・スローター新刊、いきなり出たことに気づく。 しかも<ウィル・トレントシリーズ>新作だ!
 持った瞬間、「重い!、厚い!」となった。 このシリーズ、新作が出るたびに厚さが更新されていく(今回、ついに700ページ越え)。 このまま二分冊とかしないで、今後とも一冊で出してほしいわ。
 そして今回ついにアンジー中心! シリーズの中核というか、何らかの分岐点化到達点になるんだろう、これは。

  銀の仮面.jpg 銀の仮面/ヒュー・ウォルポール
 個人的に「古典を読もう」キャンペーン中のため。 これも長らく品切れ重版未定で、初めて実物を手にした。
 江戸川乱歩が愛した<奇妙な味>の短編集、13編収録。

  四つの凶器【新訳版】カー.jpg 四つの凶器【新訳版】/ジョン・ディクスン・カー
 <アンリ・バンコランシリーズ>、予審判事引退後の“最後の事件”。 これも実物は初めて。

  55ジェイムズ・デラーギー.jpg 55/ジェイムズ・デラーギー
 ハヤカワミステリ文庫新刊。 編集部・営業部の社員読んだ全員が「衝撃的なラスト」について話し合わずにはいられなかった、と帯裏に書いてあるのを読んで、「これは!」と感じて。
 タイトルは「55番目にある」という意味、らしい。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。