2019年10月06日

サラブレッド/THOROUGHBREDS

 「あ、これは!」とポスターを見ておののく。
 「これって、アントン・イェルチンの遺作になったやつでは?!」
 本国で完成したという話は聞いていたのだが、日本公開の見通しが立ってなくて・・・やっと公開になったのか、しかもこんなひっそりと。

  サラブレッドP2.png 凶暴な友情
  三つの秘密、二つの裏切り、一つの事件が絡み合うスタイリッシュ・サスペンス

 何らかの問題を抱えているらしいアマンダ(オリヴィア・クック)は、母親から言われてリリー(アニャ・テイラー=ジョイ)の家を訪れる。 彼女とともに勉強するーリリーに家庭教師役を依頼したということらしい。 見た目から優等生なリリーに対し、アマンダは個性的すぎて誰ともうまくやれないらしい。 しかし、アマンダはリリーが押し殺しながら抱えている義父への憎しみに気づき、二人は次第に心を許し合っていく・・・という話。
 わかりやすい説明ゼロ、音楽も心理的効果音っぽい現代音楽系、限られた場所中心とかなり演劇的で・・・これが映画長編デビューとなるコリー・フィンリー監督はもともと舞台の演出で活躍している人らしいと聞いてとても納得。

  サラブレッド3.jpg リリーの家は大邸宅。
 アメリカにおける上流社会の富豪ってこんな感じなのかな・・・とどこかで見たことあるビジュアル強し。 何故か日本刀が飾ってあるのが微妙なところだが・・・アメリカはスタートが一緒だから同じように見えるのであろうか。
 まぁそういうことよりも、見どころは若手実力派女優二人のガチのやり取りである。

  サラブレッド2.jpg 片方がブルネットならもう片方はブロンド、とかわけないところが今っぽい。
 特に大きな動きがあるわけではないので、ほぼ二人の会話劇。 一歩間違えれば退屈になってしまいそうなところをきちんと最後まで引っ張るところがよい。 いささか強引なまでの省略法も好みだ。 ギリギリ悪趣味な不愉快さのようなものはあるけれど、『ゴーストランドの惨劇』に比べると全然許容範囲だし。

  サラブレッド4.jpg 少女の不安定さ加減も美しい。
 独善的な潔癖さとか、大人を受け入れないところとか、その時期独特のものが映ってる。
 ミア・ワシコウスカの『イノセント・ガーデン』に通じるところもあるけど、ザック・スナイダー監督の『エンジェル・ウォーズ』なんかも思い出すし・・・でもミヒャエル・ハネケ的な居心地の悪さもあるのだ。
 オリヴィア・クックとアニャ・テイラー=ジョイ、二人の若き才能ある女優をこんなにも堪能できるうれしさ!

  サラブレッド1.jpg そしてアントン・イェルチン!
 子供相手のドラッグの売人というやさぐれた役、しかも出番も多くはないが、彼がいることで物語がきっちり締まるんだよなぁ。
 あぁ、なんでこんなにいい役者がもういないんだろう。 悲しいより先に、唖然となる。
 この映画も彼が出ていなかったら観ていなかったかもしれないし・・・そういう出会いもありますよね。

posted by かしこん at 18:22| Comment(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。