2019年07月27日

ホームドア、設置工事中。

 JR神戸線では、あたしの知っている限り六甲道駅にしかない<ホームドア>。
 東京の地下鉄などにあるものとは違って、六甲道駅ではすだれ状のものが上がったり下がったりしてから列車のドアが開閉する。 六甲道は小学生が昇降するのが多い、ということから早めの採用になったらしい(試験運用中、というで)。
 しばらく前から、「JR三ノ宮駅でもホームドアを設置します」という告知は出ていたのだけれど・・・「乗客のみなさんの安全のため」というより(勿論それもあるでしょうが)、三ノ宮駅で人身事故とか起こったら他への影響が尋常じゃないことは利用者はみんなわかっている。
 いつからなんだろうなぁ、と思っていたら、先日途中下車したときに、もう器具の設置が始まっていることを知る。 実際の運用開始は19年秋からの予定とか。

  201907JR三ノ宮駅ホーム工事.JPG こういうのが等間隔で。
 ホームドア(正確には「昇降式ホーム柵」というらしい)が並び始めましたが・・・ホーム自体が広くなったわけではないので、昇降客が多い時間帯だと、「うっ、これ、邪魔!」と思ってしまう現状。 まだみなさんが慣れていないので動線がばらばらだから余計に。
 改札へとつながる階段と、そこからホーム側に出るところは今でも細い。 そこにホームドアの機械がかぶると更に狭くなるし、待っている人と降りる人たちがすんなりとすれ違えないのは明白。 停車時間に余裕をとっていただけるんでしょうね!
 ホームに人があふれる時間帯にはあまり近づきたくない、と思ってしまいましたよ。 でもきっとそのうち、慣れるんでしょうけど。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。