2019年07月26日

今シーズン初、セミの抜け殻

 最近までセミは静かだったのだが・・・ちょっと前、いきなり鳴き出して(そう、ネコがちょっかい出していた日の翌朝であった)、「あぁ、やばい、ついに30℃越えの日が来たか・・・」と観念しかけたところ、また鳴かなくなった。
 しかしついにというか、満を持して「誰かがホースで水を撒いている」音で目が覚めた。
 セミの鳴き声、全開。
 朝の空気が少しさわやかな感じがしたので、「あぁ、梅雨が明けたのかな」と思った。
 あぁ、容赦なく気温が上がる・・・でもこの湿気が多少減ってくれればそれでいいんだけどさ。

  201907セミの抜け殻.JPG 通りすがりのおうちの塀・・・多分アブラゼミ?
 今シーズン初、セミの抜け殻を発見!
 でもなんとなく・・・セミの鳴き声が何種類か混ざってる気もするんだよね・・・それともドップラー効果?(いや、あたし徒歩だから、そんな高速に移動できない)。
 あたしを朝集団で起こすのはクマゼミだ。 でも最近、ニイニイゼミの声も聞こえるような・・・。
 北東北ではセミといえばほぼミンミンゼミでした、あとツクツクホウシね(今はどうなっているかよくわからない)。 神戸市内では全然ミンミンゼミの鳴き声、聴いてないなぁ。 ミンミンゼミは暑さを引き立たせる象徴のような存在だったけど、こっちのクマゼミの大群に比べたらかわいいものでした・・・(場所によってはクマゼミに体当たりを仕掛けられるしね)。
 不安定な気候の中、短い地上生活に踏み出した彼らに敬礼!

ラベル:季節もの
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。