2019年07月22日

それから、大物以外 (その1)

 今月は大物以外にもいろいろ出て・・・うおー、お金と相談、が多い。 噂の『三体』も読みたいけれど、三部作の一作目だというし(残りの二作はまだ未訳)、ハードカバーだと本棚に並べにくい・・・ハヤカワ銀背だったら買おうかと思ってたんだけど。

  アサイラム・ピース.jpg アサイラム・ピース/アンナ・カヴァン
 『氷』のアンナ・カヴァンによる短編集。 こっちのほうによりアンナ・カヴァンらしさが詰まっているという噂は聞いていたけど、読んだことなくて。 再評価の流れからの文庫化、うれしい。 書かれたのは1940年ぐらいらしく・・・あたしは近頃、このあたりの時代に惹かれがちということもあらためて感じる。

  疾走!千マイル急行1.jpg疾走!千マイル急行2.jpg 疾走! 千マイル急行/小川一水
 「えっ、もう新作書いたんですか?」と思ったら、ラノベ時代(?)の復刊らしい。 2004年ソノラマ文庫刊・・・その頃ってまだソノラマ文庫、あったんだ!(あたしが読んでいた頃は、背表紙が緑の朝日ソノラマ文庫でした)。
 鉄道モチーフ、好きですが、その影響はあたしはもっぱら辻真先から受けてるな・・・としみじみするよ。

  星から来た船3.jpg 星から来た船 下/新井素子
 <星へ行く船>シリーズ復刊、番外編もついに最終巻。 もはやノスタルジーのみで買っている? 自分の記憶を確かめたいがために買っている? 夏の文庫フェアを見て・・・『チグリスとユーフラテス』もちょっと読みたくなってしまったんだけど、困ったな。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 01:44| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。