2019年03月30日

今日のkindleの日替わりセール、すごく悩む。

 アマゾンの<kindle日替わりセール>を覗くのがなんとなくの日課になっている。
 <月替わりセール>も見ますが、一か月に1・2回ですね(一回見て、どうしようかな、と思ったやつを二回目で見てどうするか決める)。 キンドル本体を買い始めた時期、年末年始・夏休みなどに特定の出版社がいきなり始めるセールに出くわしたりすると「うおぉ!」とすごく買ってしまうこともあったけど、最近はすっかり落ち着いてきました。 セールとして出てくる本も、何回も前に出てますよね、と見覚えあるものも増えてきたし。
 しかし本日の<日替わりセール>には、あの『クリスマスに少女は還る』が!
 しかも、電子版の表紙が紙書籍のものと違う!

  クリスマスに少女は還る 電子版表紙.jpg なんか、復刻後の<キャシー・マロリーシリーズ>と雰囲気を合わせてきた!
 これはこれでいいじゃないですか・・・。
 しかし、あたしは紙書籍を持っている。

  クリスマスに少女は還る.jpg 紙書籍の表紙はこっち、今も変わっていないと思う。
 勿論、内容は同じなのだが・・・心を鷲掴みにされた物語なので、バックアップとして電子版を持っているのもいいかもしれない。
 基本、最近のあたしはkindleを寝る前か旅行に出る時しか使っていないので、いつでも読める懐かしくも重要な物語をkindleに入れておくのは、本体一個だけで動くときに読み物のバリエーションを増やすためである。
 でもあたしが持っているのはkindle Paperwhiteの第2世代と第8世代。 せっかくの新しい表紙もカラーでは見れないのだが・・・。
 ¥599。 紙の半額以下である・・・厚さと出版社の事情を考えれば今のところ最安値なんだろうなぁ。
 どうしよう。 今日の23時59分まで悩むか。

ラベル:海外ミステリ
posted by かしこん at 04:03| Comment(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。