2018年07月09日

メイズ・ランナー:最期の迷宮/MAZE RUNNER:THE DEATH CURE

 三部作の完結編、ようやく。 2作目から間が空いたので微妙に記憶が曖昧・・・でも気になる若手俳優が出ているのよ! それに2作目まで観てるんだからついでに完結編まで観ちゃったほうがよくない? 1作目で挫折してしまった場合はともかく。
 でもなんで間が空いちゃったんだろうな、と思うと、主役の彼が撮影中に大怪我をしたためにいろいろ延期になってしまったとのこと。 そんなに身体を張ったアクションだったのか、と別の意味でハラハラした。

  メイズ・ランナー最期の迷宮P.jpg 最期の迷路を攻略せよ!

 前作ラストで仲間のミンホ(キー・ホン・リー)を秘密組織<WCKD(ウィケッドと発音)>に連れ去られてしまったトーマス(ディラン・オブライエン)とニュート(トーマス・ブロディ=サングスター)ら仲間たち(迷路脱出組+レジスタンス組)は、ミンホ奪還のため移送中の列車を襲うことに。
 そして全世界に蔓延しているウィルス“フレア”の勢いは更に増しており、ワクチンの発見・開発が急がれていた。 戦いはついに残された最後の都市へ!、てな話。
 冒頭の列車襲撃のシーンはアクションとしても物語導入としてもなかなかで、「あぁ、そういう話だったな。 この人、いたな」などといろいろ思い出す。 でもそのあたりが終わると、「むむ、あれって結局何だったんだ・・・」と自分の記憶の隙間に落ち込む。

  メイズ・ランナー最期の迷宮2.jpg あたしはニュートくん(銃構えてる人)が好きだったんだよ!
 出演者に若者多い映画にありがちな、「あぁ、なんか成長したなぁ」という感慨もあるんだけど、まとめて撮影してしまった弊害か、他の作品で見ていないのでより具体的な成長具合が感じられないのもちょっと残念。 あたしは主役のトーマスくんは結構どうでもよくて、むしろ脇を固めるポジションの若者たちの方にシンパシー(?)感じてたので、そっち優先で見てしまいました。
 でも主役だからトーマスの出番が多いんですよね・・・いろんな意味で、「トーマス、変わらないな」と。 こういう話の主人公は<変わらないこと>がむしろアイデンティティなのか? どんなに状況が切羽詰まっても青臭い理想を貫き通そうとするのが主役の役割なのか?、などと考えてしまいました。 だって、やることが見切り発車というか後先考えない感じなんだもの。

  メイズ・ランナー最期の迷宮3.jpg だからだんだん眠くなってきちゃったよ・・・。
 そもそもの世界観ってなんだったっけ?、と疑問が生まれ・・・もはや迷路や迷宮は関係ないのにタイトルに『メイズ』がつくのは日本のマーケティングの問題ではあるが、『ランナー』の部分は若者がひたすら走る、という意味では合致しているわけで、そっちを推すべきだったのか?
 フレアの発症者ってこんなゾンビみたいだったっけ? キャリア(感染しているが発症までは至らず)の人の耐性は個人差なんですかね?
 復習しなかったツケが一気に回り・・・意識不明寸前に。
 しかしそこで、退場したと思っていた(そしてそれが個人的にとても残念だった)、ギャリー(ウィル・ポーター)が再登場!
 一気に目が覚めました。 そこからはノンストップで最後まで。 こんなに力があるキャラクターがいて、よかったよ・・・。
 特にウィル・ポーターくんは『デトロイト』など他の作品でも観てきているだけに、他のどのキャラクターよりもギャリーは成長して見えて、描写されない部分での彼が潜り抜けてきたであろう苦難とかに思いをついはせてしまったり。

  メイズ・ランナー最期の迷宮1.jpg やっと、ミンホとも再会。
 つくづくこの話は、「男の子の友情物語」だったんだな、と実感。 女の子は入れない、そういう特殊な絆の物語。 それをBLと呼んでしまうのはちょっと違うのだけれども、<特別な仲間>という意識の強さは<家族>以上の<運命の相手>。
 そう考えればパトリシア・クラークソンが演じた科学者の存在も、母親のように意味ありげでありながら結局何の役にも立たなかったという立ち位置で理解できる気がする。 そして変われない、下手すれば自分からトラブルを引き起こすトーマスのストッパーであったニュートとミンホは、ラストではその役割を終えている。 どうする気だ、トーマス!、とまったく心休まらないラストシーン。 三部作もかけて辿り着いたのは、まだまだ終わらない物語なのか。
 世界観はツッコミどころ満載ですが・・・ディストピア映画ブームがいったん落ち着いてからの完結編公開はよかったのか悪かったのか。
 個人的には、ニュートくんとギャリーの二人の活躍&見せ場ありに満足ですけど。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。