2018年04月18日

恵子とパパと洋子の海/和田慎二

 3冊目の和田慎二傑作選(書籍扱いコミックス)が刊行!
 なんと<『パパ!』シリーズ>メインである感じ・・・この調子ではノンシリーズのミステリ作品もまとめられる日が近い!、か?!

  和田慎二傑作選3恵子とパパと洋子の海.jpg 表紙には<門外不出!>とありますけど・・・。
 収録作品は、順に、

  リョーシャとミオ (雑誌未掲載)
  洋子の海 (雑誌未掲載)
  冬の祭
  ケンタッキーのクマ母さん
  お嬢さん社長奮戦中!!
  姉貴は年した!?
  パパ!
  パパとパイプ
  バニラ・エッセンスの午後
  ホットケーキ物語
  パパ! ネーム

 『冬の祭』以降は読んだことがあり・・・多分『超少女明日香』などのマーガレットコミックスに併録されていたもの、かなぁ。 <恵子とパパ>シリーズはもっと他にもあったと思うんだけど・・・ライダーたちがもっと騒いでた作品あったような。 『キャベツ畑でつまづいて』もそうじゃなかったかなぁ? ページ数の都合? 版権問題?
 ただ『ホットケーキ物語』が最初の単独作品で、そこから着想が広がってシリーズ化したものと思っていたので、実は2作目だと知ってびっくり。 そりゃ「パパを死なせるな!」という苦情(?)が殺到したのは当然でしょう。
 門外不出とされた『洋子の海』は別冊マーガレットのマンガスクール金賞受賞作とか。 実質デビュー作なのに、何故雑誌に載せられなかったんだろ? 主人公がOLさんで読者層より年上だからとか?
 『お嬢さん社長奮戦中!!』なんかは超懐かしい。 まだこの頃は信楽老は普通の悪役です。
 『ケンタッキーのクマ母さん』を出されると、『クマさんの四季』を読みたくなるじゃないか!
 若干目玉に乏しく、<恵子とパパ>もコンプリートではないが、「今、読めない作品」ばかりなのは事実。 それにしてもあの時代は少ないページで濃密な作品、多いよなぁ。 『冬の祭』のミステリ加減は『呪われた孤島』やのちの『スケバン刑事』へ通じるものを感じますし。
 お値段はマンガと考えるとお高いのですが、続刊を出していただくためにはやはり買うしかないわけで。
 4冊目の傑作選、待ちます!

ラベル:マンガ 新刊
posted by かしこん at 22:59| Comment(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。