2018年01月07日

今日は3冊。

 1月5日は仕事はじめであった。
 多少体調もよくなってきたから、せめて4日は外へ出て、お気楽カフェでミルクティーと読書でも、と思っていたのだが・・・何故か、4日は全然起きれず。 えっ、熱がまた上がったか?! 実は風邪は快方に向かっていたのだが、貧血になっていたのだった(なんか動くとよろよろするなぁとは思っていたが・・・ずっと寝込んでいたせいかと)。
 結局、年末年始休暇は家から一歩も出ずに、ほぼ寝込んで終わりであった。
 で、仕事はじめであるが・・・声が出ないので朝、病院に行ってから出勤することに。 病院もまた5日から診療スタートのため、とても混んでいた。 ネフライザー(薬剤をのどと鼻から直接吸引する療法)をしてもらうと声が出た(かなり鼻声だが、とりあえず相手には言いたいことが伝わる)。
 そんなわけで結構遅刻の仕事はじめ。 翌日からはまた三連休なのでまだ気楽なのだが、9日には大きなイベントがある。 その準備をできる限り今日中にしておかなければ・・・ということで、帰宅が思ったよりも遅くなった。 もうどこのお店もあいていない。
 おのれ、本屋に寄りたかったのに! そして実物を見て決めたかったのに!
 だがどうせ来週火曜日も寄ることはできない。
 なので、金曜の深夜(土曜日の早朝)、ネットでぽちり。
 そしたら日曜に届いちゃうんだもんな。

  ドクタースリープ1.jpgドクタースリープ2.jpg ドクター・スリープ/スティーヴン・キング
 これのハードカバーが出たときは、<あの『シャイニング』の続編!>ということで大変話題になりましたが・・・結構賛否両論だった印象が。 でもあらすじを読むと、「特殊な能力を持ってしまったが故に苦しむ子供と、それを守ろうとする同じ能力を持った大人の話」という、ファンタジー・SF・ホラー路線における鉄板の設定なんですよね。 『シャイニング』の続編だから、と同じテイストのものを求めるとがっかりするのでは? 『シャイニング』はあれで、もう独立した物語ですからね。
 ただ、ダニーのその後、を描いているというだけのことなので・・・続編、という紹介の仕方がまずかったのかも。

  人外魔境文庫.jpg 人外魔境/小栗虫太郎
 小栗虫太郎といえば『黒死館殺人事件』だが、その後は冒険小説系統に向かっているのよね。
 『人外魔境』は一部青空文庫でも読めるが、全部ではないし・・・。
 とりあえずなんかすごそうな気配は感じるので、いいや、買っちゃえ!、である(だからこれも本屋で手に取って考えたかったのだ)。
 休みに何もできなかった分の、ストレス解消かな。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。