2017年11月29日

人生はシネマティック!/THEIR FINEST

 ジェマ・アタートン、好きだなぁ。 お色気系の役よりも、ちょっとお堅くて賢い系(でも賢いことに自分では気づいていない感じ、ちょっと天然ということか?)の役をやっている彼女が好き! なんかこれ、そういう役っぽいし、ビル・ナイも出てる! そんなよこしま気味の動機で鑑賞。

  人生はシネマティックP.jpg みんなで作る「最高の結末」

 1940年、ロンドン。 進攻中の第二次世界大戦においてイギリス軍は劣勢にあり、国内の士気を持続し、更に高めるためにプロパガンダ映画が続々製作されている。 コピーライターの秘書として働いていたカトリン(ジェマ・アータートン)は同僚が出征したため臨時でコピーを書くことになったが、その作品が脚本家のトム・バックリー(サム・クラフリン)の目に留まり、情報省映画局に職を得る。 カトリンは秘書として雇われたのだと思ったが、実は脚本の女性のダイアローグを書かせるためであった。 女性の視点で映画を作ることで、国に残る女性に戦争の意義を伝えるために。
 カトリンにとっては初めての仕事だったが、画家だが収入の安定しない夫エリス(ジャック・ヒューストン)との生活のためにはお金がいる。 それに映画に対するトムの熱意にも打たれて脚本づくりに熱中していく。
 かつて刑事ドラマで一世を風靡したベテラン俳優ヒリアード(ビル・ナイ)には「女の書くものなんて」と邪険にされたりもするが、<ダンケルクの戦いでナチスドイツ軍から兵士を救った双子の姉妹の感動的な実話>をテーマとすることが決まり、その姉妹に取材・・・どんどん仕事が面白くなってきたカトリンは「どうすれば映画製作がスムーズにいくか」を会得していくが、時代はやはり戦争中であり・・・という話。
 原題は“最も素晴らしい・最優秀”的な意味。 原作の原題はより詳しく、“Their Finest Hour and a Half:最も素晴らしい一時間半”。 つくられる映画の上演時間のことですかね。

  人生はシネマティック4.jpg 姉妹に取材中。 現実はそこまでドラマティックではない例。
 とりあえずジェマ・アタートン、すごくかわいいです! ちょっとドンくさいところとか、手足は細くて長いのに胴体はダイナマイトバディなところとか(そんなアンバランスさが天然を引き立てるのか)、仕事に夢中になりすぎていろいろお構いなしになっちゃうところとか、でもやっぱりデキる女だったりとか。 顔は似てないけど・・・雰囲気でいうなら綾瀬はるかっぽいのか?、ということに今頃気づいた。 彼女はアクションやってないですけど。

  人生はシネマティック2.jpg 夜の地下鉄ホームは防空壕代わり。
 コニー・ウィリス『ブラックアウト』にも共通する描写なれど、灯火管制がそこまで厳密に守られている感じがしなかった。 まだ戦争はそこまで切羽詰まっていなかったのだろうか。 ドイツのV1ロケットについての説明もなかった(しかし百貨店が吹き飛ばされ、散乱したマネキンが死体のように見える、という描写はあったし、それなりにロンドン市内は空襲されているようだったが・・・)。
 この映画のテイストがどちらかといえばコメディ寄りなので、そこらへんはあえてゆるくしたのかもしれない。 「空襲されてもくじけない、へこたれないロンドン市民」の姿は確かにそこにあったから。

  人生はシネマティック3.jpg 最初はどうなるかと思われた、トムとの相性もばっちり。
 一度脚本を完成させても、そこはやはり国威高揚映画。 軍部から要望という名の命令があればその通り書き直し(ジェレミー・アイアンズがちょこっと出てきたことにニヤリ)、撮影現場で問題が発生すればそれを回避できるプランに書き直し、ベテラン俳優が機嫌を損ねれば相手が納得する以上の内容に書き直す。 現代においては脚本は完成すればそこで終了、現場で変えられることは多少あっても脚本家の出番はもうないのとは対照的に、このプランにおいては脚本担当は常に撮影スタッフ・キャストとともにある。 その感じがすごくファミリーっぽいというか、仲間になる連帯感が強くなっていく流れが素敵。 ちょっとファンタジックなラブコメ要素もあり、これまたコニー・ウィリスのスクリューボール・コメディを思い出させるものがあり、でもやりすぎに感じられないのはイギリス映画的な地味さ加減がきいているからであろう(作中でも、イギリス映画はアメリカ映画に比べて“慎み深い”と表現されるが、つまりは地味と言われている)。

  人生はシネマティック5.jpg 情報省のスパイと噂される女性プロデューサー。 男装の麗人風でかっこいい、と思ったらレズビアン設定。
 強い女性がレズビアンというのも・・・ありがち展開なんだけど、でもそれ故に「普通の女性なら口にしないことをあえて口にする」というお得な役回りになっているという部分もあり・・・当時レズビアンということで迫害されなかったのかな? ちょっとそこは現代視点。

  人生はシネマティック1.jpg ビル・ナイ、今回もキュート!
 カトリンに最初は厳しかったヒリヤードだが、彼女のアイディアで自分の役がどんどんいいように膨らんでいくので、すっかり彼女がお気に入りに。 いつしか<人生の先輩>のような立ち位置になっちゃう。
 その彼が言う、「若い男たちが戦場に行っているから、老人と女性にチャンスがめぐってきてるんだ」。
 カトリンの成長に合わせてダンケルクへ船を向かわせる姉妹たちの活躍場面も増えた。 ある種のサクセスストーリーにも見えてきたこの映画の本質はそうではないのだと、ヒリヤードが教えてくれる。
 ・・・なんかつらかった。
 女性の社会進出っていったらかっこよく聞こえるけど、結局は人手不足の穴埋めでしかないという状況(それはそのまま現代にも通じるわけだが)を物語る。 でもそれを自分のチャンスとして生かすかどうかは、個人次第ってことなんだね。
 でもこの映画、なんか好きだなぁ。 何があっても仕事をすることで自分を保っていられるとか、働くよろこびとか、そういうことも詰まってるから。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。