2017年09月06日

CDが届きました

 最近、発売日にお店に寄れるかどうか全然わからないし、そもそも発売日を忘れがち、ということもあってネットで予約をしてしまっています(ときには、予約したことを忘れることも・・・)。
 そんなわけで、本日ポストに入っていたのはこちら。

  オザケンフクロウの声が聞こえる.jpg フクロウの声が聞こえる/小沢健二
 オザケン、音楽活動再開後の第2弾シングル。
 えっ、オザケンがセカオワとコラボ・・・?!
 なんか、ちょっと、意外。 以前からのオザケンファンはセカオワを聴かないんじゃないか(勿論、逆もあり)、という気がしていたから。 あたしもセカオワの存在は知っていましたが、アルバムを買うほどでもない感じだったから。 その意外性も承知の上で、あえて選んだコラボ相手なんだろうなぁ(かつての『今夜はブギー・バック』だって意外といえば意外な組み合わせだったわけだし)。
 またサイズが大きいな・・・どうやってしまおう。

  さだまさしたくさんのしあわせ.jpg 惠百福−たくさんのしあわせ/さだまさし
 通算41枚目のオリジナルアルバム。 「たくさんのしあわせ」と読むそうです。
 全10曲入りで「少なっ!」と思ってしまったあたしは洋楽かぶれしています。
 久し振りのおぐらひろかず画伯によるジャケットデザインは、パンドラの箱の逆バージョンって感じかな。

  テイクザット ワンダーランド.jpg WONDERLAND/TAKE THAT
 3人になったアルバム『V』から、約2年ぶりに発表されたニューアルバム。
 実は2017年3月24日に発売されていたんですよ! 全然気づいてなかった・・・。
 やけに時代がかったゴージャスなジャケットからは、80年代のUKポップの空気感が漂う(いろんな人がインドにかぶれてた時代というか・・・)。 でもそれが、3人になってもこのグループを続けていくという彼らの覚悟のような気がして。
 おじさんになっても彼らはアイドルである宿命を受け入れた、そんな感じ。

ラベル:洋楽 邦楽
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。