2017年07月13日

巣立ちの時期

 朝、駅のホームをスズメがちょこまかと歩きまわり、ホームのいろんなところをつんつんしていた。
 いや、そんなところにはエサっぽいものはないと思うよ・・・(係員の方、掃除してるし)。
 しかしあたしのそばを通過していったそのスズメは意に介することなくちょこまか動き続ける。 「あれ、スズメってこんなに小さかったか?」、とそうなってからあたしはようやく気付く(いや、意外と野生のスズメってこちらの思い込みよりは小さいものなのですが)。

  朝の小雀.JPG 巣立ったばかりか、一人歩きはじめの子供。 点字ブロックの上にいます。
 向かい側のホームの屋根と柱の隙間に、巣のようなものがある。 そこから来たのかな? 確かにここならば電車にさえ気をつければ、そんなに天敵はいないだろうし(だから人間のすぐそばも気にせずうろうろできちゃうんだろう)。

 そういえば、家の近所の道で夜に遭遇するネコたちも、やたらちいさいのが多い。
 何故か一人歩きと、三人揃ってのパターンが多い(三人の場合、うち二人が同じ柄、一人だけ全然違う柄の組み合わせばかり。 きょうだいなのか、親の姿がわかる感じ)。 夜にうろうろするあたり、ひとり立ちの練習なんだろうな、とは思うものの、さすがに生後半年未満では?、の一人歩きは心配になるので、「早く家に帰るか、人に見つからないところを歩きなさい」と真剣に忠告してしまった。 車も通ったりするからさ。 通じたのかどうかわからんが、人目のつかないところに向かっていってくれました。
 それとも、そういういとけない姿を見せて拾ってもらおうという作戦だったとか?!
 ひとり立ちは、いろいろ大変です。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック