2017年06月18日

今日は7冊

 最近、大阪市と神戸市の温度差に耐えられなくなってきました(当然、大阪のほうが暑い)。
 神戸に引っ越してきたばかりの頃、「暑い〜」を連発していたあたしは「関西では神戸、ましな方だから」と何度もいさめられたのですが、まだ北東北基準のあたしには意味がわからず。 今頃やっと、その言葉の意味をかみしめています。

  鹿の王1.jpg鹿の王2.jpeg 鹿の王 1・2/上橋菜穂子
 あれ、単行本のときとイラストの人が変わっているぞ! なんかイメージ違う!
 しかも一冊が薄い。 2巻で終わるわけがない、4巻以上出す気ね!
 どうせなら一気に出しやがれ! ← ちょっとやけになってますか、あたし。

  ダークタワー4−1.jpgダークタワー4−2.jpeg 魔術師と水晶球<ダークタワー4>/スティーヴン・キング
 新潮文庫版では上・中・下巻の三冊だったものを、今回2冊にしちゃいましたよ!
 だから分厚い、値段も高い! おまけに表紙には重要なモチーフである亀の存在がわかりにくい!
 副題もわかりにくい配置だよね・・・それだけイラスト重視ですか。 角川の意図がよくわからない。

  ダークタワー4−05.jpg 鍵穴を吹き抜ける風<ダークタワー4‐1/2>/スティーヴン・キング
 本邦初訳。 4と1/2部となってはいるが、第4部と第5部を繋ぐわけではなく、入れるとしたらここかな、という位置づけらしい。 これを第5部にして後の順番をずらす、という紛らわしい手法はとらなかった模様。
 で、これだけ表紙イラストの方が違うんですが・・・より、特別感を出してます?

  ケルン市警オド02.jpeg ケルン市警オド 2/青池保子
 オドくんの市警時代の物語、2冊目。 これはこれでうれしいのですが、そうなると『修道士ファルコ』『アルカサル 外伝』も、更には『エロイカより愛をこめて』も止まってしまうという切なさ。 まぁ、刻々と変わる現在の国際情勢では少佐を動かすのは大変だと思うので少しお休みいただいた方がいいとは思うのですが・・・(いや、少佐たちは休みもなく働いていることはわかっています)。
 そしたらば、6月24日にグランフロント大阪の紀伊國屋で青池保子先生サイン会とな!
 何事にも気付くのが遅いあたしは、「定員に達しましたので締め切らせていただきます」の表記を無常に眺めるのみ・・・こんなことなら知らなければよかった!

  槐.jpeg 槐<エンジュ>/月村了衛
 あたしがこれをさらっと「えんじゅ」と読めてしまうのは『ぼくの地球を守って』のおかげです。
 『機龍警察』の作者による別作品。 なんだかすかっとするほどの暴力と報復の物語だそうで・・・最近、バイオレンス描写に対する抵抗が薄らいできてるか、あたし。 ま、明らかに相手の方が悪い、と思えば気になりません(気にしてたら和田慎二作品を読んでいられるか)。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック