2017年03月06日

よくなってきたと思っていたのに!

 昨夜のうちから微妙な感じはしていたのだ、今思えば。
 でも気付かない振りをして、翌日の準備(着る服とかも全部決めて。 いきなり気温が上がるというから上着も薄いものに変えた)もした。
 なのに、翌朝、貧血で起き上がれなかった・・・。
 というわけで、今日は仕事を休みました。

 実はあたし、人より赤血球のサイズが小さいらしい。 単位当たりの個数は基準値範囲内なので「赤血球由来の貧血」という病名はつかないが、それでも油断すると貧血になりやすい。 通常の健康診断では個数は数えてもサイズまでは見てくれなのか、あたしは結構長い間その事実を知らなかった(以前、たまたま腰の間接付近に風邪系の菌が入り込み、歩いたり動いたりできなくなったことがあり、病院で検査を受けたらそのときのドクターが血液の専門医であったために発覚。 ちなみに腰があまりにも痛すぎたあたしは自分に熱があることに気づかず、病院で指摘され。 風邪薬をのんだら普通に動けるようになったのだった。 痛くて姿勢もかえられなかった一日の苦しみはなんだったのか・・・)。
 ま、そんなこんなで自分の中にもともとある不調の正体を不意に知らされることはままあります。
 鉄剤をのんじゃうと身体がしんどいので、できるだけ日常の食品で補おうと意識してはいるのですが・・・(ほうれん草・小松菜・ひじきはあたしの常備菜)、調子によってはそれだけではまかないきれないときが。 それに、意識はしていてもタイミングで食べられないときも。
 いろいろな要素が絡み、「あ、今日ダメ、動けない」というときがある。 ま、数時間したら起きれるようにはなるのですが。
 やっぱり、勤務先が変わってから倒れる頻度が高くなったな・・・明らかにストレスと疲労だ、通勤と、仕事の。
 うまく折り合いをつけていくしかないのだが・・・なかなか、難しい。
 ほんとは転職するつもりだったのだけれど、今の仕事場の人手不足を見ると、辞めると言い出せない(そして強制はされないけど、辞めさせてくれなそう)。 必要とされていることはありがたいのだが・・・お人よしはつらい。 とりあえずあと半年、様子をみよう。
 そして明日からまた気温が下がりそうである。 上着をもとに戻さなければ・・・。
 この時期にあまり気温が上下されると身体に負担なのよね。 なにしろ北東北暮らしが長かったもんで、冬場は一日の気温が低くてもあまり変化しない方が楽。 逆に夏場は、昼と夜の温度差がほしい(ただ単に、暑いのが苦手なだけですが)。 あと湿度ね。 今の時期でもあたしはちょっと雨の気配があると「蒸し暑い!」と感じてしまいます。
 あぁ、ほんとに冬は去ってしまうのだな。
 着るもののこと、考えないと〜。 オフィス内は暑くなってきたし、でも会議室は寒いし、体温調節を身体に任せているとまた負担になるので、着脱できる服装にシフトしていかないと大変です。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 体調 好不調の波 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック