2017年03月04日

また忘れちゃった!(魔の金曜日か・・・)

 あぁ、オザケンを見そびれ、「地上波テレビの番組表もチェックしないと!」と思っていたはずなのに、また忘れた。
 しかも、日本アカデミー賞を・・・。
 アメリカのアカデミー賞授賞式を見たとき、「あ、日本アカデミー賞もそろそろじゃなかったっけ」と思ったはずなのに!
 でも、今年はなんだかあたしの中で盛り上がりに欠けていたような気がする。 ノミネーションで<『怒り』が最多ノミネート>と聞いて「それは違うだろ」と思ったからなのか、去年の二宮くんの受賞スピーチ聞いて「気持ち悪い」と思ってしまったからなのか。
 もっとも、家に帰ったときはもう23時を過ぎていたので完全に間に合っていないわけですが(だからチェックをしていないから録画すらしていなかったという)。 ネット記事で詳細を知るあたし。

<最優秀作品賞>
『シン・ゴジラ』
 特撮映画としては初の作品賞受賞とのことですが・・・遅すぎた感もなきにしもあり?
 今年は東宝の番なんだっけ? まぁ、映画ファンだけのみならずブームになるくらい世の中を動かしたわけだし、311後の世界を正面から娯楽大作映画で描いたのも初めてかもしれないわけで、「去年を代表する映画」であることは間違いない。
 保守的な日本アカデミー賞会員が納得したのは興行成績は勿論だけど、エンドロールで読み切れないほどのキャスト・スタッフがいたからそれぞれ関係している人が多かったからでは(そして、過去の名作映画へのオマージュが功を奏したとか)。

<最優秀アニメーション作品賞>
『この世界の片隅に』
 まぁ、これも順当でしょう。 これで『君の名は。』がとったらネット荒れまくるだろうし、ご高齢な方が多いらしい会員さんたちにとってはアクロバティックな『君の名は。』よりは『この世界の片隅に』のほうがわかりやすかったでしょう。
 でもアニメの技術的にはどちらもハイレベルですからね。 制作により苦労した方に賞をあげたい、という気持ちもわかる。
 あたしはどっちにも心を動かされたのでどちらの受賞でもよかったですが、新海監督はまだ先が長いから。

<最優秀監督賞>
庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督) (『シン・ゴジラ』)
 どっちか一人じゃないんだ〜。 庵野さんは所用のため当日受賞式を欠席だったらしいですが、多分、さぼったんだと思う。

<最優秀主演男優賞>
佐藤浩市 (『64−ロクヨン−前編』)
 なんか毎年登壇しているイメージがあるんだけど、最優秀は22年振りと聞いて驚く。 しかも2回目とか! もっともらってると思ってた!
 まぁ、『64』は佐藤浩市あっての作品なので、当然といえば当然かと。
 でも対象が前編ってのが微妙。 確かに前編のほうが出来はよかったけどさ、個々人の演技としては後編の方に光るものが多かったような印象が。

<最優秀主演女優賞>
宮沢りえ (『湯を沸かすほどの熱い愛』)
 今回、女優賞は層が薄かったんですかね、と思ってしまうノミネートでしたね(会員の人、ほんとに全部の映画観てるのか? 独立系作品は話題になったやつしか観ていないのでは。 年によってはあたしの方が観ているのでは?、と思うときがある)。
 これは最初からもう、宮沢りえ一択って感じ。
 不思議なことに、インディペンデント系作品で女優賞をとることは結構あるのだけれど、男優賞って傾向として難しいんだよね(そして男優はメジャー作品であっても舞台やモデル出身の方々はなかなか最優秀は獲れない)。 会員は男社会なのか。

<最優秀助演男優賞>
妻夫木聡 (『怒り』)
 とりあえず『怒り』にもなにかとらせておかねば、と思った結果、突出したのが妻夫木くんだった、という感じがしなくもない。
 というか『怒り』自体は群像劇なので、主演と助演の区別はできないと思うんだけど・・・全員助演か全員主演かだと思います。 パート的に妻夫木くんが助演で宮崎あおいが主演なのはおかしい。

<最優秀助演女優賞>
杉咲花 (『湯を沸かすほどの熱い愛』)
 これまた男社会のせいなのか若い女優がさくっと賞をとってしまうのも日本アカデミー賞ならでは。 杉咲花さんが素晴らしい演技力の持ち主だとわかっているので結果は順当ですが、微妙にもやもやしてしまうのは何故なのか(他に誰がよかったとかではなく、このノミネートの中ではここも彼女しかいなかったけど)。 ノミネート選考に問題あり、だな、こりゃ。

<最優秀脚本賞>
新海誠 (『君の名は。』)
 本家のアカデミー賞は脚本賞・脚色賞にすごく重きを置いているんだけれど、どうも日本アカデミー賞においては<残念賞>扱いのような気がするのよね・・・。 ほかの主要賞はあげられないからこれもらっといて、みたいな。

<最優秀撮影賞>
山田康介 (『シン・ゴジラ』)

<最優秀照明賞>
川邉隆之 (『シン・ゴジラ』)

<最優秀音楽賞>
RADWIMPS (『君の名は。』)
 最優秀音楽賞というか・・・日本アカデミー賞には主題歌賞がないからな。
 音楽は『シン・ゴジラ』もよかったけど、過去作品の音楽を使い回してるから?(でもそこがよいところなのに)
 まぁ、『君の名は。』は音楽と一緒に作った、みたいなことを新海監督も言っていたし、「映像と音楽の融合」という意味ではいちばん深かった?

<最優秀美術賞>
林田裕至/佐久嶋依里 (『シン・ゴジラ』)

<最優秀録音賞>
中村淳(録音)/山田陽(整音) (『シン・ゴジラ』)

<最優秀編集賞>
庵野秀明/佐藤敦紀 (『シン・ゴジラ』)
 と、技術系はひたすら『シン・ゴジラ』なわけですが・・・実はこれに限らず、作品賞に集中することが多いのですよね。 ほんとにそれぞれのプロが選んでいるの? すごさとかわかった上で選んでいるの?、という疑惑が毎年浮上するのはいたしかたないかと。 でも今回は、技術系総なめなのも納得できるのは、特撮作品だからじゃない?
 というか、技術部門をテレビ放送時間外に発表しちゃっているところがさ・・・軽視している感じがするよね(もしくは、「一般視聴者は役者以外に興味ないだろ」と思われているのかと思うとそれも腹が立つのだけれど)。

<最優秀外国作品賞>
『ハドソン川の奇跡』
 やはり日本アカデミー賞の会員は保守的というか、イーストウッドの映画が好きだよねぇ。 そのわりに前の『ヒアアフター』は無視しちゃってる感じとか、その保守性に一貫性とか主義主張を感じられないのが困ったもんだ。

<新人俳優賞>
杉咲花 (『湯を沸かすほどの熱い愛』)
高畑充希 (『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』)
橋本環奈 (『セーラー服と機関銃 −卒業−』)
岩田剛典 (『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』)
坂口健太郎 (『64−ロクヨン−前編』・『64−ロクヨン−後編』)
佐久本宝 (『怒り』)
千葉雄大 (『殿、利息でござる!』)
真剣佑 (『ちはやふる −上の句−』・『ちはやふる −下の句−』)
 この「新人賞」ってくくりもなんだか曖昧なんだよね・・・。
 あれ、高畑充希って『怒り』にも出てなかったっけ? あぁ、『怒り』で助演にノミネートされるべきもう一人は佐久本宝くんではなかったか。

<話題賞>
作品部門:『君の名は。』
俳優部門:岩田剛典 (『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』)
 ま、ここは一般人気投票だから・・・ジャニーズじゃなくてエグザイルなところが、時代の変化を感じますね。

 あぁ、来年は忘れなうようにしなきゃ。
 でも、ショウとしていまいちだから観客としていまいち盛り上がれないということも大きな事実なので。
 日本人は式典をエンタテイメント化できないという根本的な何かを抱えているのかもな・・・。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック