2017年01月31日

いつの間にやら15冊(その1)。

 最近は本屋さんに行っている時間がない! というか予定がわからん!
 ということで通販を利用。 ほぼ予約扱いのため、入荷してからバラバラに送られる・・・でも届く日は一緒だったりそうじゃなかったり、みたいな。
 そういうときはまとめて送ってくれてもいいのになぁ、と思うけど、発売日があまりに離れているとつい「分割発送」を選んでしまうあたしが問題か。 できるかぎり「一括発送」にしたいと思いつつ、そうすると受け取るのが土曜か日曜の夜ということになり・・・分割でポスト投函してもらった方が楽なのかと思えたり。 あぁ、やっぱり本屋に買いに行くのがいちばんいいなぁ・・・。
 ではとりあえずマンガから。

  王妃マルゴ05.jpg 王妃マルゴ 5/萩尾望都
 待ってました! ついに5巻、表紙の人物も一巡ということでしょうか。
 とはいえ、いま人に1〜4巻まで貸し出し中なので振り返れない・・・。
 勿論、読んだら思い出すんだろうけれど、こういう作品は集中してしっかり読みたいのです(それでなくともこの作品、1ページに含まれる情報量が半端じゃないので)。
 ということで、自分の体力回復を待つ所存。 ま、一冊出るまで一年前後かかるから、「読むのなんだかもったいない!」という気持ちがあるのも事実。

  ランド04.jpg ランド 4/山下和美
 気づけば『ランド』もあっという間に4巻。 ペースが速い気がするけど、1巻の分厚さを思うと巻を重ねるごとに薄くなってきているのでそう錯覚しているだけかも。 しかし物語は加速度的に進んでいるっぽい。 これまたあたしに余裕がないので開く心の準備ができていない。

  宇宙兄弟30.jpg 宇宙兄弟 30/小山宙哉
 エディに唐突に訪れた危機で終わった前巻を受けて、ドキドキしながら読み始めたものの・・・意外と月活動部分に割かれているスペースは小さい(なんとなく映画『オデッセイ』の影響を感じるのは、読者の側かもしれない)。 むしろ、再起動し出した日々人の生活のほうに重点が置かれているような気がして、31巻以降しばらくはそっちになるのかな、なんて思ったり。

  ベルサイユのばら13.jpg ベルサイユのばら 13/池田理代子
 復活して3冊目になる番外編・エピソード集(正確には10巻も番外編でしたが、描かれた時期が違うので)。
 満を持して登場!、といった感じのオスカル編とマリー・アントワネット編収録!、とのことでしたが・・・オスカル編は残念なダイジェスト版。 つまりは本編で、オスカルの人生についてはある程度語り尽くされてしまったということか・・・。 それこそ『グイン・サーガ』の外伝における<アルド・ナリスの事件簿>のようなまったく違う話にすればよかったのにな。
 その点、マリー・アントワネット編はまだよかった。

  明日も未解決.jpg 明日も未解決/桑田乃梨子
 『おそろしくて言えない』再び!、みたいな紹介のされ方をしていましたが、幽霊が出てくるだけで中身は<へっぽこ男子高校生物語・抒情編>といった趣。 いつもの桑田節炸裂ですが、あえて静かなトーンで来た感じ。
 実際に男子高校生にこんなキャラがどれくらいいるかはわかりませんが、ある一定数はいてほしいな、その方がなんか平和だし、と思わせてくれる。 女子から見たら「男子ってそんなことに今頃気づいてんの?!」とつっこみたくなること必至ですが、そこもまた男子のおバカで愛すべきところなのです。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック