2017年01月09日

去年最後の10冊(その1)。

 去年のうちに買っていたのですが、映画の記事優先と自分の体調不良のせいで記事が書けていませんでした・・・。
 まずはマンガから。

  レベレーション2.jpg レベレーション―啓示― 2/山岸涼子
 <山岸涼子、ジャンヌ・ダルクを描く>、第2弾。
 しかしこの表紙からは1巻の力強さは感じられず、一瞬バレエマンガかと・・・。
 でも読んだらまた印象が変わるんだろうな(実はまだ読めておりません・・・)。

  やじきたF02.jpg やじきた学園道中記F 2/市東亮子
 津軽の謎を引っ張ってくれるのはありがたいが、登場人物が多くなりすぎてちょっと交通整理の必要性も感じてきちゃった。 肝心の主役お二人の出番が少ないよぉ。

  駅から5分1.jpg駅から5分2.jpg 駅から5分/くらもちふさこ
 これはコミックス1巻が出たときから微妙に気になっていたのだけれど、刊行時期が謎(『海街diary』みたいに長く続くのか、そして次の巻が出るのに一年以上かかってしまうのか、など)だったので躊躇しているうちに忘れてしまった。 そしたら今回、文庫版全2巻同時発売ということで・・・なんだ、そんなに長く続いたわけじゃなかったのか、と肩すかし。
 しかしこれもまたまだ読めておりません・・・文庫は厚いし字もコマも小さくなるから、もうちょっと健康体になってから。

  嘘解きレトリック07.jpg 嘘解きレトリック 7/都戸利津
 6巻から少し時間があいての刊行故、6巻を読み返そうかなぁと思って探しているうちに何故か和田慎二『少女鮫』を全巻読んでしまったという不思議。
 だからマンガはおそろしい。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック