2016年09月09日

『メンタリスト』が終わっていたなんて!

 録画している量に見る量が追い付かず、HDDをじわじわ圧迫している日々でございます(おかげで8話あたりで止まっている『真田丸』をどんどんDVDに移し替え。 ちゃんと最終回までに追い付けるのか、あたし)。
 でも毎週録画登録をしているので、CATVチャンネルチューナーも予約設定するわけで・・・今回、『メンタリスト』ファイナルシーズンは水曜22時で設定しておりましたが、先日「ん? エピソードの話数がおかしくない?」と気づき・・・いつものシーズンはだいたい22話ぐらいだから意識していなかったのですが、もう二順目に入っていた!
 なんとファイナルシーズンは13話だったのでございます。
 7話ぐらいまでは見ていたので、あわてて『メンタリスト』集中視聴。
 う、うーむ・・・こんな都合のいい終わり方でいいのか!?、と思ってしまったのはあたしだけでしょうか。 ハッピーエンドで終わるのは気持ちがいいし、中途半端に謎が残されて「はい?」となるよりはずっといいのですが・・・。
 というか、前シーズンの後半の展開もあたしはあまり気に入ってなかったのですよね・・・そのせいもある、絶対。 パトリック・ジェーンがレッド・ジョンの影を振り払い、過去の痛手から立ち直って新しい一歩を踏み出すためにはこういう流れになるしかないのはわかるのだけれども・・・でも信頼と愛情は別のものだぞ!、という気持ちも拭えなかったりするから。
 ・・・なんだかこの<ファイナルシーズン>自体が「ファン向けのおまけ」のように思えてきた(勿論ファンサービスは大事だし、ジェーンに幸せになってほしいという視聴者が多くいたことは事実でしょう。 あたしもそれは否定する気はない。 ジェーンには立ち直ってほしかったし)。
 あぁ、やっぱりレッド・ジョンを巨大なものにしすぎたよね。 だから謎解きされてもなんだか納得がいかない。 問題はそこなのかも・・・。
 思い返せば、シーズン3のラスト2話『ストロベリークリーム』(前後編)がいちばん盛り上がったなぁ。
 ・・・まぁ、ジェーンが幸せならそれでいいよ、と思うくらい、あたしはジェーンに愛情を持っていたらしい。

ラベル:ドラマ
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | WOWOW・CATV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック