2016年06月29日

今日は3冊!

 いつのまにやらもう6月もほぼ終わり。
 なんでこんなに時間が過ぎるのは早いのか・・・。

  クリフトン5−1.jpgクリフトン5−2.jpg 剣より強し<クリフトン年代記第5部>/ジェフリー・アーチャー
 ぎゃー!、<クリフトン年代記>もう第5部が出るとは!
 確かはじめは「全5部構想」とか言っていて、そのあと「7部構想に拡大」となったはずだけど・・・ほんとに7部で終わるのかも心配になるくらうの勢いなんですけど。
 訳者の戸田さんはケン・フォレットの歴史シリーズも訳しているから、時代がかぶるこのシリーズへの調べが少なくて済む、というのもハイペ―ス刊行の理由かもしれないが・・・そもそもジェフリー・アーチャーが書くのが早い人だったんだった。

  それでも日本人は.jpg それでも日本人は「戦争」を選んだ/加藤陽子
 単行本刊行当時、相当話題になりましたが・・・結局読んでいなかった。
 自虐史観と反自虐史観、という立場が明確になったいまならば、どちらにも寄りすぎない「自分の意見」で読めるのではないか、と思ったりして。 それに、あくまで<史観>は個人の考えに過ぎない(同じような考えの人がどれだけ多く集まるかが問題)。
 ・・・単行本と表紙の印象が同じだなぁ。 これは手抜きなのかイメージを壊したくないのかどっちだろう。 題名自体が結構煽情的だから、そっちで十分いけると思うんだけどな(聞いたらなかなか忘れないタイトルでしょ)。 もっと抽象的な表紙のほうがよかったんじゃないかな。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック