2016年02月24日

気圧の変化に敏感です。

 このところ、どうも調子が悪い。
 気圧の変化が著しいためと思われる。
 「なんか頭が痛いから、明日雨降るかも」的な役立つ天気予報的役割ならばまだかわいい(と言えるかもの)範囲だが、頭痛だけではなくて普段からの低体温がよりひどくなったり、貧血気味の更に加速したり、薬をのんでも効き目がいつもより悪い、というすべてがよろしくない方向へ繋がっております。
 お風呂に入ると、身体のいろんなところに細かい青あざがいくつも見つかるので、多分気付かないうちにいろんなところにぶつけているのであろう。 そして、普段はそんなことないのにやたらとモノを落とす(落としてなくすという意味ではなく、持っていたコップを落とすとか、手に持っている書類が何故か床に滑り落ちるとか)。
 だから大事な仕事はあまりしたくない時期でもある。
 「気圧の変化に敏感で」というと繊細そうなイメージかもしれないが、単に住んでいる地域・季節に適応できていないだけ、ということで・・・結構情けない。
 早いとこ気圧には安定していただきたいところですが、そうなると花粉が絶好調の季節になるし・・・(もう気配は感じてるけど)。
 結局あたしは適応できる時期が少ない、ということになるのだ。
 ・・・あぁ、家から出たくない。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック