2015年12月30日

SAINT LAURENT サンローラン/Saint Laurent

 シネリーブルでタイムスケジュールを見て愕然とした(自分の計算間違いかと思った)。
 確認したところ、本編上映時間151分って、マジか!
 去年、『イヴ・サンローラン』というサンローラン財団公認の伝記映画を観ているので予習・復習はいらないよなー、と思いつつ、こう短期間に企画がかぶるのはどうしてなのだろうな、とつい考える。 しかもこっちの映画はサンローランの終生のパートナー、ピエール・ベルジェが協力を拒否したそうなので、もっともひどい時期を中心に描いているのかな、と予想する。

  サンローランP.jpg 時代が創った、美しき怪物

 1967年のパリ。 ディオールから独立したイヴ・サンローラン(ギャスパー・ウリエル)は次々とセンセーショナルなコレクションを発表し、時代のカルチャーアイコンとしてその名をとどろかせていた。 が、同時に多忙な毎日と新作へのプレッシャーから、片腕のピエール・ベルジェ(ジェレミー・レニエ)の忠告も聞かずサンローランは次第にアルコールやクスリに自ら身をゆだねるように依存していく・・・という話。
 独立後、プレタポルテ・ラインを開始した翌年の1967年以降の10年間に主に焦点を絞って描かれた本作は、イヴ・サンローランの伝記という線をはじめから放棄し、説明もしないし時間軸もバラバラ。 予備知識がなければ「一体何のことやら」となってしまうが、描きたいのは物語ではなくサンローランが見た栄光と悪夢の螺旋階段なのかも・・・、と考えれば納得がいく。 素晴らしきかな退廃!

  サンローラン1.jpg 数少ないアトリエシーンはとても静謐。

 アトリエでは白衣に身を包み、お針子さんとともに美しい服をミリ単位の正確さでつくりあげるのに、そこを一歩出ればカール・ラガーフェルドの愛人ジャックにのめりこみ、ピエールのことはないがしろ。 創作の苦悩は勿論常にあるが、サンローランはもともと精神的に病んだ過去があり、彼の幻覚と妄想と現実がまじりあう退廃美的映像!
 70年代ってそういう時代だったのか・・・と思わされる。
 レア・セドゥら若手スターを脇に配しながらも、どこかとってつけたよう。 ジェレミー・レニエもがっかりなほど出番が少ない。
 ただひたすらサンローランを体現するギャスパー・ウリエルのあやうさを焼きつけたい、とでもいうような執念がそこにあるような(イヴ・サンローランのヌード写真の撮影風景も押さえてあるし)。 だから晩年のサンローランとしてヘルムート・バーガーが登場したときには「うぉお、退廃美ここに極まれり!」みたいな気持ちに。

  サンローラン4.jpg <神々の黄昏>ですか!

 イヴ・サンローランというブランドは今も存在する。
 しかし、デザイナー、アーティストとしてのサンローランの輝きは鮮烈であるが故にあまりにも短かった。 そのことに、自分が耐えられなくなるほどに。
 天才の域まで達する才能は、まるで呪いだ。
 きらびやかに見えてとてもしんどい151分だった。

ラベル:映画館 外国映画
posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック