2015年11月25日

マンガ三昧

 で、先日大量買いしたマンガの続きですが・・・。

  ツーリングユーロ07.jpg ツーリングEXP.EURO 7/河惣益巳
 ツーリング新作。 まるでフランスでテロが起こることが予測されたような内容。
 でも、きっとしっかり国際情勢に網を張っていれば、わかることなんだろうなぁ。

  せいれい01.jpg 蜻蛉<せいれい> 1/河惣益巳
 作者お好きなオリエンタル時代劇(仮想歴史物)。 とはいえ、主人公の国は日本だなぁというのがまるわかり。 古代(仮想)アジアを舞台にしながら、<現在を描く>タイプの、なかなかのハード展開を一巻から予想させます。
 しかもすごくいいところで終わった! 続きが気になる!

  やじきた2−12.jpg やじきた学園道中記U 12/市東亮子
 遠野編完結、かつ『やじきた学園道中記U』としても完結巻。
 しかしなんか中途半端感は否めない・・・<やじきた>って、こんな闘ってばっかりだったっけ? 昔はもっと面白かったような気が・・・自分が年をとっただけなのかもしれない。
 だが、いちばんの大物はこれだ!

  リン14.jpg 傀儡師リン 1〜14/和田慎二
 14冊一気買い! もう、紙袋が重たくて重たくて。
 実は先日、ATAOのお店の方と小説やマンガの話をしていて(かばん屋の店員さんと何故そういう話をするのかというのは追求しないでください。 あたしが仕事のお邪魔をしているだけである)、和田慎二がなくなったのはショックだった、『超少女明日香』の本当のハッピーエンドが読みたかったという話題になって、帰り道「うわーっ!、また読みたい!」という気持ちになってしまったのであった。 実家には古いマーガレットコミックスから全部あるけど、手元にはない! そして確か白泉社文庫版もメディアファクトリー復刻版も今は品切れ!(妹はタイミングよく『ピグマリオ』をそのとき買い直し、明日香『聖痕編』などは揃えているが)。
 あたしも『神恭一郎の事件簿』あたりは買ったんですけどね。
 でもジュンク堂漫画館には絶版ものももしかしたらあるかも、と行ってみたけどなかった・・・。 こうなったらついにアマゾンマーケットプレイスに手を出すしかないのか・・・と思いつつ、でもなんか手ぶらで帰れない!(いや、その段階で手ぶらではないのだが)、とついに買ってしまったのがこれ。
 絶筆で、完結していないからこそ読むのが怖くて(悲しくて)。
 でも、多分読んでないのこれだけなんだよね!
 そして完結していないからこそあたしの熱は冷めず、結局明日香シリーズ『スケバン刑事』すらも古本屋まわりをして探してしまうのではないだろうか・・・そんな気がする。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 21:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かしこんさま、おはようございます<img src="/image/emoji/19.gif" border="0"><br>
<br>
お忙しい中、お返事ありがとうございます。<br>
旧マドマド、オルガンに寄る際には連絡致します<img src="/image/emoji/10.gif" border="0"><br>
年明けの落ち着いたころにでも、ゆっくりお出い<br>
出来たら嬉しいですね。私の方こそ口べたすぎて<br>
がっかりされるかもしれません<img src="/image/emoji/07.gif" border="0"><img src="/image/emoji/113.gif" border="0"><br>
<br>
<br>
Posted by ヤマちゃん at 2016年12月04日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック