2015年10月24日

今日は4冊。

 今回は、「わー、『黄色い部屋』、『黄色い部屋』!」と盛り上がっておりました。

  黄色い部屋の秘密.jpg 黄色い部屋の秘密【新訳版】/ガストン・ルルー
 言わずと知れた、古典ミステリ界に燦然と輝く密室トリックの名作が新訳で登場!
 あたしが初めてこれを読んだのは小学生の時だと思いますが(勿論、古本屋にて入手)、探偵役を務めるルールタヴィーユは<青年>というイメージで読んでいたんですよね・・・でも今回この新訳で、<少年探偵>と紹介されていて、なんかギャップにびっくりなのです。
 でも、この事件当時ルールタヴィーユは18歳・・・少年、か?

  迷宮回廊03.jpg 迷宮回廊 3/神谷悠
 同じく18歳で探偵デビュー(?)した<京&一平>シリーズも新フォーマットで3冊目。
 こちらは現実時間より遅いけど、作中でも時間は流れています。 大学生だった2人が、それぞれ心臓外科の勤務医と新聞記者になり(一平くんに至っては結婚して子持ちだ!)、もしかしたらこの2人、30歳近いか越えた?
 京ちゃんが若すぎるから年齢わからん・・・(でも性格は確実に丸くなってきているので、そこで成長は感じるんだけど)。

  獣の記憶.jpg 獣の記憶/ニーナ・ブラジョーン
 18世紀フランスの伝説的な“ジェヴォーダンの獣”事件に材をとったゴシック・ミステリということで・・・フランスからまた来たか!、とわくわくしたところ・・・役者が遠山明子さん・・・『時間旅行者の系譜』を訳した人だ! てことは作者はドイツ人か!
 いや、ドイツ人の方が丹念に資料集めとか調査してそう(イメージとして)。 “ジェヴォーダンの獣”事件自体にも興味はありますし。
 フランスが舞台だからって作者がフランス人とは限らないのだわ〜、自分の偏見を自戒。

  いちえふ3.jpg いちえふ 3/竜田一人
 若干タイムラグが気になりはじめましたが(著者がえふいち作業中はマンガが進まないから)、それだけ「福島第一原発の実情はどうなっているんだろう」とあたしが気になっているからだと思います。 ニュース的マスコミはほとんど報道しなくなっちゃってるしね。

ラベル:新刊 マンガ
posted by かしこん at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かしこんさん、こんにちは。<br>
わー、黄色い部屋! 表紙雰囲気あっていいですねえ。<br>
昔読んだけど内容あんまり覚えてないんですよー。<br>
そのあとに読んだ「赤い館の秘密」の方が印象に残ってて。<br>
(そのころ、「グリーン家」「赤毛の〜」など色シリーズで読んでました。)<br>
読み返そうかな。<br>
<br>
今日は地元石川の地酒や美味しいお店のブースが立ち並ぶ「酒マルシェ」なるものに行ってきまして、<br>
地酒飲み比べやお寿司・パエリアなど楽しんできました。<br>
周りの芝生でゆったり座りながら。<br>
お酒はお好きですか?<br>
お客さんは多いけどみんなのんびりムードなのでそんなに列も多くなく、楽でした。<br>
もし秋に金沢旅行なんて機会がありましたら、是非オススメいたします〜(宣伝)
Posted by みこ at 2016年12月04日 13:16
みこさま<br>
<br>
こんばんは!<br>
実は私も『黄色い部屋の秘密』、後半になればなるほど覚えていないんです・・・<img src="/image/emoji/113.gif" border="0"><br>
当時、色とか“部屋”とか“館”がついたタイトル多かったですよね・・・だから私も<br>
ごっちゃになってます。読み返したらきっと思い出すんじゃないかな〜と。<br>
装丁のかっこよさにも惹かれました(古典であることを踏まえつつ、モダンですよね)。<br>
<br>
いいですね〜、食のイベント。<br>
大阪でもやってるみたいですけど、人が多そうで・・・。<br>
いろんなものをちょっとずつとか、好きなものを選べるとか、メニュー選びにいつも<br>
悩む私としてはありがたい限りです。<br>
お酒は飲めないんですが(アルコールが体質に合わないので、飲むと後頭部に心臓が<br>
できたみたいになって、むしろ無口になってしまいます)、素面でその場の雰囲気に<br>
馴染めますので大丈夫です。<br>
<br>
金沢、冬は雪が降りますよね、いいなぁ〜。<br>
是非行ってみたいです♪<br>
問題は仕事だ・・・(汗)。
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:16
かしこんさん、こんにちは。<br>
そうでしたか、失礼しました。<br>
うちのダンナも呑まないけど、運転手兼ねて誘ってみたら、<br>
お祭り的な雰囲気と炭火焼のいい匂いと、<br>
行きたくても行けない名店のノドグロ握りなど、<br>
(2貫で900円! 回転寿司の倍!!←あたりまえ)<br>
芝生にのんびり日向ぼっこしながら<br>
楽しんでおりました☆<br>
金沢の和食フレンチイタリアンスパニッシュ、<br>
有名人気店がちょっとずつの量でおいしいもの出してるので、<br>
お酒も含めて見て試して歩けるのがとても楽しいです♪<br>
コーヒーやパン、ジェラートなどもあり。<br>
チケット製なので3000円で20枚綴り。<br>
(10枚綴りもあったそう。)<br>
そばのデパ地下で少し惣菜を買ってきてから、<br>
ここで名店の味とお酒を加えてピクニック気分で<br>
楽しむのも良いなあと思いながら参加してました。<br>
<br>
もしお酒好きなご友人と旅行なんて機会がありましたら<br>
是非お試し下さい。<br>
関東や関西のイベントよりは規模が小さいけれど<br>
その分人も多すぎないから楽チンですよ〜☆<br>
(場所も兼六園・城址公園・21世紀美術館・尾山神社など有名観光地に<br>
ぐるっと囲まれた位置にあります。)<br>
Posted by みこ at 2016年12月04日 13:16
みこさま<br>
<br>
いえいえ、お気遣いありがとうございます。<br>
おぉ、人気店・名店が勢ぞろい、って壮観ですねぇ。<br>
そういえば『ミスター味っ子』にもお祭りに出店するから特別メニューを<br>
考えるエピソードありました。<br>
そんな感じなんでしょうねぇ。<br>
それこそ、食べ物の好みの傾向が似た人と一緒に行くのがいちばん楽しそう<br>
ですね。<br>
うーん、・・・付き合ってくれる人、いるかな(汗)。
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック