2015年11月08日

虫の知らせは恐ろしい

 おかげさまでのどの痛みはかなり緩和しました。
 ただ抗生物質や抗菌剤をのむと、なんだか呼吸が浅くなってふわふわくらくらする。
 あぁ、まだクスリと菌が戦っている・・・完治まで、もう少しかかりそうです。
 それとは関係なく、何故か妙に、東京創元社のホームページにアクセスしたい気持ちに。
 そんなにマメに見に行っているわけではないのだが(特に『桜庭一樹読書日記』が終了してからは尚更)、メルマガは読んでいるが気になる記事があっても「うーん、読むと時間がかかりそうだからまた今度まとめて!」となってしまってより後回し(過去記事は全部読めるので、タイムリミットがないのも大きいかと)。
 なのに、そのときは何故か切羽詰まったものを感じたのだ。
 そして<トピックス>欄に恐ろしい文字を見つけた。

    2015.10.05 作家ヘニング・マンケル逝去

 ・・・頭が、一瞬真っ白。
 変に呼吸したらしく、咳が止まらなくなる。
 ええっ、病気だとか聞いてないし、67歳だよ!
 なんで、なんで、なんで?!
 ・・・あぁ、これって虫の知らせだったの?
 急性副鼻腔炎の症状が、悪化しそう。

 BBCの記事を読んだら、2014年の早い時期にがんが見つかっていたらしく、そのときの経験を本にしているらしい。 年末あたり、ヴァランダーシリーズの新しい邦訳が出るはずなので、そのときの訳者あとがきにくわしいことを柳沢由実子さんが書いてくれるのを待とう。
 それしかあたしにできることはない。
 ――あぁ、明日(もう今日だが)、仕事行きたくない・・・。

posted by かしこん at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック