2015年09月25日

苦手なもの:健康診断

 会社の健康診断で、提携する病院(というかほぼ検査専門のクリニック)に行ってまいりました。 時間が決められているからそれまでに仕事を終わらせねばと焦る・・・。
 検査時の10時間以上前から絶食、検査2時間前までなら無味無臭の水(スポーツドリンク等、レモン水なども含め、余計な成分やカロリーを感じさせるものは一切不可)コップ一杯程度なら飲んでもよい、というこれまで受けた中で前日準備としてはいちばん厳しい条件を課され・・・、食べなくてもいいから飲み物ください!、と切に思ったのでした。
 貧血気味なのに血を採られ(といっても細い試験管に3本分だから50mlも採られたかどうか)、苦手な心電図検査に気持ちをへこまされ(力を抜いてください、と言われても抜き加減がよくわからないのです)、挙句にバリウム・・・もう、ぐったりでございます。
 病院に行くことは抵抗はないのですが、検査ってのはどうも・・・しかも年々機械は進化するので(進化してほしいところはなかなか進化しないけど)こっちも戸惑いが。 血圧測定器にうまくはまらなかったのか、データを見た技師さんに「おかしい」と手動で測ってもらったり(それでもいつものあたしに比べれば空腹時だしちょっと高め−正常の範囲内ですが。 緊張してるからか?!)。
 慣れないことにはいつになっても緊張する。 この性格どうにかならんか、と若干落ち込み、検査疲れと空腹とのどの渇きによるひもじさによれよれとなってしまいました。
 まっすぐ帰るつもりだったけど・・・病院途中にあったカフェに空席があったので半ば無意識で跳び込む。 オーダー前にお水を飲んでしまったので、店員さんがすごくまめにその後、お水を注いでくれるようになってしまった・・・なんかすみませんでした。

posted by かしこん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 体調 好不調の波 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは <img src="/image/emoji/00.gif" border="0"><br>
<br>
違う検査ですが<br>
「力を抜いてください」って僕もよく言われます。<br>
そんなこと言われても難しいですよね。<br>
逆に変な力が入っちゃったりして… <img src="/image/emoji/00.gif" border="0"><img src="/image/emoji/113.gif" border="0"><br>
<br>
血圧も心拍数も苦手(?)です。<br>
機械で測るとものすごく高くて<br>
中で先生に測り直されるということが<br>
しばしばあります(笑)<br>
<br>
最近、健康診断受けてないけど<br>
受けないとダメかなぁ…。<br>
絶対再検査って言われる検査があるんですよね。<br>
その検査が苦手で… <img src="/image/emoji/113.gif" border="0"><br>
結果が毎回異常なしとくるから<br>
余計に受けたくなくて。<br>
<br>
苦手意識を持っちゃうと<br>
なかなか厄介ですねぇ。<br>
<br>
<br>
Posted by たかし at 2016年12月04日 13:16
たかしさま<br>
<br>
こんばんは。<br>
そうなんです、「力を抜いてください」って言われても・・・<br>
難しいですよね。<br>
同僚Eさんにも事前に相談したんですが、「力を抜く加減が<br>
わからない」というこちらの意図の意味がわからなかった<br>
そうです・・・「え、深呼吸するとか。寝るときと一緒<br>
じゃない?」と、心電図の技師さんと同じようなことを<br>
言われました。<br>
この感覚、普通にできる人の方が多数派なんですね<img src="/image/emoji/03.gif" border="0"><br>
<br>
人間ドッグや細分化された検査には是非があるようですが<br>
(細胞採取などの検査をしたせいでがん因子が目覚める<br>
きっかけになるとか言う人もいますし)、一般検診ぐらいは<br>
受けといた方がいいのかもしれないですね。<br>
主婦をしているある友人は健康診断するタイミングがないから、<br>
自覚症状が出るまで大きな病気を見逃していました。<br>
<br>
検査ですべてがわかるわけではないですけど、「もしあのとき<br>
受けていたら・・・」と後悔するようになっても切ないものです。<br>
しんどいのは一時だけで、あとはそれを笑い話にできるのが<br>
しあわせなのかもしれないです。<br>
そんなふうに、考えるようになってきました。
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック